和「………」

京太郎「――なーんつって」

久「あはははは!し、塩辛じゃあるまいし!」

優希「か、カマキリみたいなジョークだじぇ!ぷくくく」


和「あの、須賀君…」

京太郎「ん?どしたー」

久&優希「アーッハッハッハッハッハ!!げほっげほっ!」

和「(うるせぇ…)と、唐突ですが私のこと…どう思っていますか?/////」

久&優希「」ピタッ…


京太郎「え?友達」


和「あ………そ、そうですか、ありがとうございます」

京太郎「?」

久&優希「ふーっ…」ドキドキ…


和「(おかしいです…変です…不可思議です……入部した頃の須賀君ならもっとハイテンションでどもりながら

『えっ!?いやっ、そのっ、えっと……な、ナハハハ…///////』というウブなリアクションをとっていたはずです

それがここ最近は……)」

……

和『ネット麻雀ですか?よろしければ後ろで見ていても?』

京太郎『おう頼むよ、教えて欲しいからさ』

和『はい!……それではもう少し近くで…///』ピト…

京太郎『…?(近すぎないか、まあいいけど)』

和『(む、無反応ですか!?こ、今度は自然に手を触って…)

………あ、今のはこうしたほうが…///』サワ…

京太郎『あー、そうしたほうがいいのか!さんきゅっ』

和『(~~~~~~~~~ッッッ)

ほ、他に何か気になることがあれば言ってください…何でも教えてあげますから……///』ボソボソ

京太郎『……和』

和『(き、きましたか!?)』

京太郎『そんなに口を近づけなくても聞こえるよ、耳もくすぐったいし』

和『……………………………………』ガーン

……

和「(……私に全く興味がなくなったようで…最初の頃はそれでよかったんですけど、

私彼のことをが気になりだしてからはもうこんな調子です……

寂しいです須賀君……)」


咲「ねぇ京ちゃん!京ちゃんってどういう女の子がタイプなの?やっぱり和ちゃんみたいな子?

それとも前髪がシャキーンってなってて背が低いスレンダーで本好きな子かな?」

まこ「わ、わしも気になるのぅ……」

和「!」

京太郎「タイプか……うーん、最近なんかハッキリしないんだよなー

あ、でも、こう肉食系女子って一度付き合ってみたいなーってのはあるな」

和「(に、にく…しょく…?)」

咲「一度?付き合ってみたい?

ねえそれってなんか京ちゃんに付き合ってた子がいたっていう話に聞こえるんだけど

いたとしたら私が知らないってどういうことなのかな?ねえねえ」ユサユサ…


まこ「今ならまだ間に合うぞ言葉の綾じゃろそうなんじゃろ」ユサユサ…


京太郎「うぐぐ…く、苦しい…!」

和「(肉食系女子……ですか、わかりましたよ須賀君!)」フンス


……


京太郎「おーっす、今日も楽しい麻雀びより……………え?」

和「こ、こんにちは須賀君…///」



京太郎「(部室の戸を開けたら中にライオンがいた……

顔のところが和のライオンが…

なんしか腹に『肉食』ってえらい達筆な字で書いてあるんだけど…)」



和「(や、やった!作戦成功です!須賀君の目が私に釘付け!

この着ぐるみ結構暑いんですが、それに見合ったモノは得られたようですね!)」グッ

京太郎「の、和……?」

和「須賀君…その……」

京太郎「なあ、一体なにが……」




和「た、食べちゃうぞ~……ガオー/////」




京太郎「和が…狂った…」



その後、ドンビキしている京太郎を見て勘違いに気づいた和は
部室のベッドに顔を突っ伏し部活動が始まっても枕から顔を離さなかったという


だが…


久「ほら、和ー部活の時間よー!」グイグイ

和「むー!むー!むー!」ジタバタジタバタ


京太郎「可愛い…」ボソッ



それなりの成果はあったようだ


カンッ