咲「はあ……」

京太郎「よっ、咲」

咲「あっ、京ちゃん……」

京太郎「どうしたんだよ、ため息なんかついて」

咲「……えっと」

京太郎「話せないなら無理には聞かないぞ?」

咲「ううん、私も誰かに吐き出したかったし……実は昨日なんだけど隣のクラスの男の子に告白されたの」

京太郎「マジか!?昨日部活来るの遅いと思ったらいつの間に……それでどうするんだ?」

咲「よく知らないしお断りしようと思ったんだけど……」

京太郎「けど?」

咲「……私、罰ゲームで告白されたみたい」

京太郎「……は?」

咲「さっき隣の教室覗いたらそう話して笑ってたから……あんなおっかない麻雀打つ奴なんか願い下げだって」

京太郎「……あ?」

咲「お断りするつもりでもそれなりにショックだなあって……」

京太郎「……忘れちまえ」

咲「えっ?」

京太郎「そんな連中の事なんかさっさと忘れちまえよ。咲なら良さをわかってくれる奴が現れるだろうからさ。俺が保証してやる!」

咲「京ちゃんに保証されてもなあ……」

京太郎「どういう意味だよそれ!?」

咲「ふふっ、ありがとう京ちゃん。そうだね、さっさと忘れちゃうよ」

京太郎「おう、それが一番だ」

咲「じゃあ部活行こっか?」

京太郎「あー、悪い。俺ちょっとやらなきゃいけない事あるから先行ってくれ」

咲「また雑用?私も手伝おうか?」

京太郎「個人的な用事だから大丈夫だ。それじゃまた後でなー」

咲「あっ、行っちゃった……」

――翌日

「えー、隣のクラスの○○が昨日不審者に襲われて入院する事になった」

咲「……!」

咲(昨日の今日でそんな事になるなんて……)

京太郎「……ざまあみろ」

咲「えっ」

京太郎「ん?どうした咲?」

咲「う、ううん、なんでもない……」

咲(まさかそんなわけないよね……?)

京太郎「……」

カン