イチャイチャキャッキャッウフフ

京太郎「……久しぶりに二人で遊ぼうと、誘ってきた場所がここか」

咲「こんなにカップルがいると思わなかったよー……」

京太郎「そうだなー……ってなんで公園なんだ?俺の家でもいいんだぞ?」

咲「だ……だって、男の子の家に、女の子一人で行くって……///」カァッ

京太郎「なんだそれ……咲に欲情なんてしねーよ」

咲「ふーんだ、京ちゃんは見る目がないねーっ」プイッ

京太郎「隣にいるのが和みたいな娘だったらなぁ」

咲「むっ……私だって、負けてないよ!」

京太郎「……どの辺が」ジーッ

咲「私の方が和ちゃんより1センチ背が高いもん!」

京太郎「誤差の範囲だな!だが胸囲の差はデカいだろう?」

咲「わ……私、着やせするタイプなんだー」

京太郎「ダウト」サワッ

咲「うひゃあ!?なっ、何触ってるの!?///」ビクッ

京太郎「…………咲……立て板に水ということわざがある」

咲「すっごく失礼だと思う!使い方間違ってるし!///」プンスコ

京太郎「事実だろ貧乳娘!」

咲「……もうっ、京ちゃん嫌い!」ムスッ

京太郎「あっ、怒った?」

咲「話しかけても無視するもーん」

京太郎「……俺が悪かったって、咲」

咲「つーん」プイッ

京太郎「ほら、バドミントンでもやろうぜ?」

咲「つんつーんっ!」

京太郎(無視してねーな……とりあえず、機嫌を直してもらわないと)

京太郎「……大丈夫だ咲、1km離れたら貧乳も巨乳も見分けがつかない」

咲「………………うん?」

京太郎「それに、俺にも胸はない」キリッ

咲「京ちゃん男じゃん、さっきから全然フォローになってないよ?」

京太郎「ごめんなさい!許して下さい咲さん!」ペッコリン

咲「……はぁ、今回だけだからねー?」

京太郎(こういうやり取り何回目だろうか)

咲「京ちゃんはいっつも一言多いよねー……」

京太郎「ありがとう咲!やっぱ、揉めない巨乳よりいつでも触れる貧乳だな!」

咲「そういうのが一言多いって言ってるの!///」

――――――

咲「ふぎゃっ!?」ドテッ

京太郎「あ、またコケた」

咲「うー……」ムクッ

京太郎「大丈夫か?風うっとうしいなー」

咲「全然続かないね、バドミントン……」

京太郎「……せめて十回は続けたいな」

咲「うん……つッ!」ピクッ

京太郎「どうした?」

咲「膝、すりむいてる……」

京太郎「よし待ってろ……げっ、絆創膏切らしてた」

京太郎(咲が転んだ時の為に常備していたのに!)

京太郎「いや、ハンカチがある」キュッ

咲「そ、そんなに血出てないよ?」

京太郎「備えあればなんとやらだ、立てるか?」スッ

咲「あ……ありがと、京ちゃん」ギュッ

京太郎「ああ、別にハンカチは返さなくてもいいぞ」

咲「……うんっ、大事にするよ!」

――――――

咲「……♪」スタスタ

京太郎「ハンカチがそんなに気に入ったのか?」

咲「ふぇっ!?べ、別に、気に入ってなんかないよっ?」アセアセ

京太郎「ふーん……ま、帰ったらちゃんと洗うんだぞ」

咲「はーい」

京太郎「……また、遊ぼうな」

咲「うんっ!次は十回いこうね!」

京太郎「次は人の少ない場所でな」

咲「そうだね、えへへ……」

京太郎「やっぱ楽しいなぁ咲といると……麻雀部の部員といても楽しいけどさ」

咲「っ………………きょ、京ちゃん!」

京太郎「んー?」

咲「わ、私っ……京ちゃんのこと、好き……///」ボソッ

京太郎「はぁ、今更かよ?俺も、いい友達だと思ってるぞ?」

咲「…………そういう意味じゃないのに」プクー


京太郎「……ただ、バドミントンしてても全く揺れないおもちがなぁ」

咲「ぶり返さないでよー!?」

カンッ!