淡「ねぇねぇ、キョータロー!”あれ”やってよ~」

京太郎「またかよ…教室で散々やっただろ」

淡「いいじゃん、京太郎上手いんだし、何より折角部室に来たのに誰もいないからつまんないの!」

京太郎「はぁ、ったく…んで?今回はどこやればいいんだよ?」

淡「やっぱあそこでしょ!セル第2形態への!」

京太郎「え~っと、確か…」ワシャワシャ

京太郎「”ちがうな…オレは…スーパーベジータだ!!”」ビシッ

淡「おぉ~っ!さっすがキョータロー!髪まで完璧だ~♪」

淡「次はね~…ブロリーにやられた時!」

京太郎「一応言っとくが、黒髪のウィッグなんて無いからな?えっと…」

京太郎「”もうダメだぁ…おしまいだぁ…”」ガクッ…

淡「絶望感がひしひしと伝わってくるね!伊達に毎日私やテルーに飛ばされてないね!」

京太郎「うるせぇよ!」

淡「後はね~…あっ、トランクスに遺す言葉!」

京太郎「はいはい…あ~、台詞どうだっけ?確か…」

尭&誠「こんにち…」ガララッ

京太郎「”ブルマを…大切にしろよ”」

尭&誠「…え?」

淡「あ…」

京太郎「」

尭&誠「え、え~っと……ご、ごゆっくり~」ピシャッタタタタ

京太郎「ちょ!ちょっと待ってください!誤解だ~~~~~!!」

淡「し、知~らない、っと…」


カン