洋榎「なぁ京太郎、今日はヘアカットの日らしいで」

京太郎「へ~そんな日があるんだ、初めて知ったよ…」

洋榎「まぁだからなんかあるって訳やないんやけど…」

京太郎「やけど?」

洋榎「京太郎は好きな髪型とかあるんか?」

京太郎「あぁ…う~ん別に特に好きってのはないかなぁ」

洋榎「ふむ…じゃあストレートとかどうや」シュル

京太郎「おぉ!…って言いたい所だけど、お前のストレート結構見てるしなぁ」

洋榎「まっ幼馴染やしな…知ってた」

京太郎「じゃあサイドポニーとかどうだ?肩に流す感じで」

洋榎「やってみる」シュルシュル

~~~

洋榎「どうや京太郎」バッ

京太郎「う~ん…」

洋榎「なんや?似合わんか?」

京太郎「いや悪くはないんだけど、やっぱ普通のポニーの方が洋榎には似合っているかな」

洋榎「なんやねん全く…お世辞でも可愛い!って言う所やで」

京太郎「ははごめんって、でも洋榎の髪って本当に長くて綺麗だよな」

洋榎「…なんやいきなり」

京太郎「いやさ、子供の頃ってそんなには長く無かっただろ?」

洋榎「あぁそれな…子供の時京太郎が長い方が良いって言ったやん、それでや」

京太郎「…そういえばそんなこと言った覚えが…」

洋榎「つ~ことで、責任とってウチになんか奢ってや!」

京太郎「なにが、つ~ことで!だ…まぁ今日は財布が暖かいからいいけど」

洋榎「よっ!太っ腹!」

京太郎「はいはい、ほら、たこやきでも食いに行こうぜ」

洋榎「ほ~い」

京太郎「あ、そういえば…」

洋榎「?」

京太郎「俺が子供の頃あげたヘアゴムまだ使っているんだな」

洋榎「ふふ、ウチの宝物やからな!」

カンッ