京太郎「のびたなー」

泉「ど、どうやろ?」

京太郎「シュシュで結んだ緩めのポニーテール、アリだと思います」

「セーラ!あんたまた床屋で切りよったな!」「あそこまけてくれるんやもん!」
「なんで教えた美容室いかんねん!」「カットだけで3000円は高いわ」

京太郎「あっちは頑なに変化を拒んでるな」

泉「何が嫌なんでしょうね」

京太郎「そうだ泉、一つリクエストしていいか?」

泉「なんです?」

京太郎「ツインテールを頼む」

泉「つ、ツインテールですか……」

京太郎「頼む」

泉「こ、こんな感じですかね?」

京太郎「か、かわええ……」

泉「ど、どうも」

「カツラはいややー!」「おばちゃん、カメラええか?」「いつでもええで!」「ギャー!」

京太郎「……」

泉「須賀くん、あっちの方が気になります?」

京太郎「え?あ、いや……」

泉「ほ、他にリクエスト下さい!」

京太郎「え、その、じゃあ……」

泉「さあ!」

泉(須賀くんの気をひいてええのはウチだけや……!)

カンッ