菫「……ここはどこだ?」

菫(しまったな……迷子になった照を探しに来た私が迷子になるとは。周りに人影すら見当たらないぞ)

菫「まったくアイツも去年一昨年と来た場所で迷子になるなよ……」

菫(……私は照を探して普段来ないところに来たんだからノーカンだ、うん)

菫「はぁ、仕方ない。いったん外に出る道を探すか。外に出ればわかるはず……ん? あれは」

???「おーい咲ー! どこだー!?」

菫「良かった、こんなところにも人がいたか。そこの君」

京太郎「え? 俺っすか?」

菫「そうだ。すまないがここがどのあたりかわかるか?」

京太郎「……迷子ですか?」

菫「ぐっ……(やむを得ない事情があるとはいえ、人に言われるとこたえるな)ま、まぁ不本意ながらな」

京太郎「ここ広いですからね、迷うのも無理ないですよ。ロビーまででいいですか?」

菫「いや、そこまでしてもらわなくても道を教えてもらえれば……」

京太郎「そんなこと言って余計に迷子になったらどうするんですか?」

菫「ぐぐっ……(完璧に迷子扱い……くぅ、これも全部照のせいだ!)」

京太郎「それに道が複雑だから俺も説明しにくいですからね」

菫「そ、そうか……ではよろしく頼む」

―――

京太郎「……」

菫「……」

京太郎(く、空気が重い……この人全く喋らねぇ! あれか? やっぱりこの歳で迷子になるって相当恥ずかしいもんなのか? 咲がよく迷子になってるからその辺の感覚麻痺してるな……)

京太郎(と、とりあえず何か会話を!)

京太郎「え、え~と、俺須賀京太郎って言います」

菫「え? あ、ああ。私は弘世菫だ。よろしく」

京太郎「その制服って白糸台の制服ですよね?」

菫「ああ。そうだが」

京太郎「っていうことは照さん……宮永さんと知り合いだった李します?」

菫「同じ麻雀部のレギュラーだよ。君は照の知り合いか?」

京太郎「はい。照さんの妹で咲っていうのがいるんですけど、そいつと俺が同級生で。そいつを通じて知り合ったんです」

菫「宮永咲か……ということは君も清澄なのか?」

京太郎「はい、そうですけど……咲のこと知ってるんですか?」

菫「全国に来た高校のデータには一通り目を通しているからな。それに同じ宮永だと目に付きやすいものだ」

京太郎「そういうもんですか?」

菫「そういうもんだよ。時に須賀君、一つ聞きたいことがあるんだが」

京太郎「? なんですか?」

菫「照と宮永咲の間に、昔何かあったのか?」

京太郎「っ!? それは……」

菫「やはり何かあったのか……アイツが『私には妹なんていない』なんて言ってたのが気になってな」

京太郎「そんな……やっぱりまだ」

菫「……どうやら、思ったよりも更に深刻みたいだな」

京太郎「……すいません。これ以上は聞かないでくれると」

菫「いや、いいんだ。本人以外から聞くものではないだろうし、そもそも私のような他人が立ち入るべきではないだろうからな。深入りはしないさ。ただ私はアイツの友人でもあるんでな、アイツが本当に助けを必要とした時は助けてやるさ」

京太郎「……弘世さんって優しんですね」

菫「そうか?」

京太郎「そうですよ、普通そういうのって聞きたくなるもんですよ。それなのに一歩引いて見守ってるのって、凄く大人の女性って感じがします」

菫「そ、そうか。そこまで言われると照れ臭いな……」

京太郎「え~照れることなんてないじゃないですか」ニヤニヤ

菫「こらっ、年上をからかうな!」

京太郎「すいませ~ん」

菫「ったく……っと着いたな。ありがとう、助かったよ」

京太郎「いえいえ。困った時はお互い様ですから」

菫「ああ、そうだ。よければメールアドレスを交換しないか? また今度お礼したいし、照のこともあるからいろいろと便利だと思うんだが」

京太郎「ええ、もちろんいいっすよ!」

菫「……よし。ではまたな、須賀君」

京太郎「はい。照さんによろしく言っておいてください」

菫「わかったよ」


続く予定だけど続編がいつできるか予定が未定状態

名前:
コメント: