竜華「なぁ京太郎。京太郎はもちろん卒業したらうちのマネージャーになってくれるやろ?」

セーラ「何言っとんねん。俺のマネージャーに決まっとるやろ」

船Q「二人とも待ってください。須賀先輩は近くの大学に進学してうちらの様子を見に来てくれる。そうですよね?」

泉「うんうん!須賀先輩の指導受けたいです!」

京太郎「いや、お前らな…」

竜華「なぁ京太郎…」ムギュ

京太郎「お、おい竜華…!」

竜華「お願いやから……な?」ムギュ-

セーラ「な、何しとんねん竜華!胸はズルいやろ!?」

京太郎「だ、だからお前ら聞けって…」

竜華「むぅ…何なん?」

京太郎「悪いが俺はお前ら二人のマネージャーになることは出来ない」

竜華「ええっ!?」

セーラ「なんでや!?」

船Q「ですよね!?やっぱうちらに教えに来てくれるっちゅうことや!」

泉「やりましたね船Q先輩!」

京太郎「いや、それもな……まぁ一ヶ月に一回くらいなら来れないこともないが……」

船Q「ええっ!?」

泉「そ、そんなぁ……」

竜華「じゃあ京太郎は卒業したらどうするん?」

京太郎「それはーー」



ガチャ



怜「わ~た~し~の~名前呼ぶ~な~か~ま~が~沢山増えた~♪」

京太郎「お、怜」

怜「ん?みんな集まってどないしたん?」

京太郎「あぁ、こいつらに俺が卒業してからのことを話しててな」

怜「おおっ、なるほど。ふふ~ん、ごめんな皆?」

竜華「へ?なんで怜が謝るん…?」

怜「いや~、だってなぁ?」ダキッ

セーラ「んなっ!?」

京太郎「おい怜やめろって」

怜「別にええやん。悪いな。京太郎はうちと大学行って麻雀サークルに入るつもりなんや」

船Q「マジですか!?」

京太郎「あぁ。前から怜と約束しててな」

竜華「そ、そんなぁ…」

京太郎「ま、そういうことだ。だからすまん。マネージャーも、ここのOBとして頻繁に面倒みることも出来ないんだ」

セーラ「怜!抜けがけは禁止って言ったやん!」

竜華「そうやで!」

怜「別に協定には反してないで?うちはただ、京太郎の進路の一巡先を変えただけやもん♪」


カンッ