洋榎「……ふっ、ふふ」

洋榎「ふへっ、えへへ……///」ニヤニヤ

絹恵「昨日告白されたからって、ニヤニヤしすぎやでお姉ちゃん」

洋榎「ふぉ!?き、絹!?///」

絹恵「京太郎くんイケメンやしなぁ」

洋榎「あ、京太郎はやれへんで!…………あ、あかんで?」

絹恵「取らへんよー……でも、意外やなぁ」

洋榎「な、なにが?」

絹恵「京太郎くんイケメンやけど、麻雀弱いし、おっぱい星人やし」

洋榎「……京太郎は、誰よりも麻雀が好きやからな」

絹恵「あはは、確かに負けてても、目ぇ輝かせて打ってるもんなぁ」

洋榎「うちは京太郎のそういう所、好きやねん」

絹恵「お姉ちゃん……」

洋榎「ただ……」

絹恵「ただ?」

洋榎「巨乳好きは多分変わってない」

絹恵「あー……」

洋榎「ぅあー告白されたんやなぁー、恋人なんやなー……」ニヤニヤ

絹恵「おめでとう、お姉ちゃん!」

洋榎「……でも、ちょっと、不安やねん」

絹恵「なにがー?」

洋榎「もしかしたら、絹に近づく為にうちに告白したんかも……」

絹恵「え、まっさかぁ……」

洋榎「このおっぱい目当てで!」ムニュ

絹恵「ひゃんっ!///」ピクンッ

洋榎「あー!乳か?そうなんか?そうなんか!うぅ、メゲるわ……」ズーン

絹恵「それ末原先輩のやん……」

洋榎「……」モミモミモミモミ

絹恵「んっ、んぁっ!と、取れへんで!?///」

洋榎「はあぁぁー……」ズーン

絹恵「ほ、本人に電話で聞いてみたら?」

洋榎「そ、そや!そうしよか!ナイス……アイデ、ア……」

絹恵「……ど、どうしたん?」

洋榎「…………電話すんの、恥ずい……///」

絹恵「えー」


prrr……

絹恵「……あ、京太郎くん?」

京太郎『はい、どうしたんですか?絹恵さん』

洋榎「ちょっ、絹!何勝手にかけてんねん!?」

絹恵「お姉ちゃんに代わるでー」

京太郎『え?は、はぁ』

絹恵「はい、お姉ちゃん」

洋榎「ちょ、ちょっ!?まま待って、呼吸整える!///」スーハースーハー

京太郎『洋榎さーん?』

絹恵「お姉ちゃん早くー」

洋榎「ふ……服とか、着替えた方がええんか?制服のままやけど!///」

絹恵「ちょっと待ってな、お姉ちゃんパニックになってるから」

京太郎『電話なんですけど……』

洋榎「……よ、よし、絹!もう、だっ、大丈夫!」

絹恵「あ、はい」スッ

京太郎『あ、洋榎さん』

洋榎「ふゃぁあっ!?あああアカン!///」バッ

京太郎『えー』

絹恵「ごめんなー、ちょっと聞きたいことあって」

京太郎『俺にですか?』

絹恵「……京太郎くんって、お姉ちゃんのどこが好きなん?」

洋榎「なっ、なんか質問変わってないか!?」

京太郎『……そうですねー』

絹恵「う、うん」

洋榎「…………ッ」ドキドキ

京太郎『………………うーん、ごめんなさい、分からないです』

絹恵「分からない?」

洋榎「どっ……どういうことや京太郎!?」バッ

絹恵「あ、取られた」

京太郎『……まぁ。好きな所を挙げたらキリがないんですけど』

京太郎『とにかく好きなんですよ、言葉に出来ないくらい、洋榎さんのことが』

洋榎「っ、あ、きょ、う、たろ……///」カァァッ

京太郎『……ただ』

洋榎「ただ?」

京太郎『おっぱいでは絹恵さんが好きですね』キリッ

洋榎「きょ、京太郎の浮気者ー!!///」ブチッ

カンッ!