照壊れ 過去色々捏造

全国大会会場 通路

照「」ボーゼン

京太郎「あれ・・・もしかして・・・照姉ちゃん・・・?」

照「う・・・うん・・・久しぶりだね京ちゃん」

照(京ちゃんに久しぶりに会っちゃった!やっぱりかっこいいなあ・・・)

京太郎「俺、照姉ちゃんの試合、全部テレビで見てたんだよ!俺もああいうふうに打ちたいなって!」

照「そ・・・そうなんだ・・・見ててくれたんだ・・・嬉しいな」

照(京ちゃんが見ててくれたんだ!しかも全部!わ、私今までの試合で変なことしてないよね!?)

京太郎「照姉ちゃん昔から麻雀強かったけど全国一位なんてほんとすごいよな!俺なんてあれから全然腕あがらなくて!」

照「い、いや・・・それほどでも・・・ないよ・・・」

照(すごいって言ってくれた!京ちゃんがすごいって言ってくれた!よし!もっと頑張ろっと!それに京ちゃんにも麻雀アドバイスしてあげよう!それで京ちゃんが男子で一位になったらマスコミに麻雀全国男子女子一位同士が恋仲になんて記事が出ちゃったり!きゃー!)

京太郎「あ、ごめん。俺ばっか話しちゃってて。照姉ちゃんに久しぶりに会ったもんだからつい」

照「い、いいんだよ・・・別に・・・」

照(私も嬉しいよ京ちゃん!)

京太郎「あ、照姉ちゃんこの後時間ある?」

照「う、うん・・・今日試合ないから・・・」

京太郎「よし!じゃああっち側に落ち着いて話せる場所があるんだけどそっちに行かない?」

照「行く!行こう!」

京太郎「よし!・・・ってあれ?あの人も白糸台の制服着てるな」

照「えっ誰だ・・・ろ・・・」

誠子「・・・」

照「・・・」

照(な、なんで誠子が!?それより今の姿見られた!?ヤバい!後で口止めしないと・・・)

京太郎「もしかして・・・誠子姉ちゃん・・・?」

照「!?」

誠子「なんか見たことあると思ったけど・・・やっぱり京太郎?」

京太郎「うんうん!やっぱり誠子姉ちゃんか!」

誠子「ほんと久しぶりだなあ・・・まさかこんなところで会うなんてねえ」

照「ちょ、ちょっと待って」

京太郎「ん?」

照「ふ、二人は知り合い?」

誠子「宮永先輩も知り合いだったんですか?」

照「そうだけど私のことはいいから二人のことを」

京太郎「えっ~と俺の親戚の家が別の県にあって、そこの隣がたまたま誠子姉ちゃんの親戚の家で」

誠子「子供が少なかったから二人で遊ぶようになったんですよ」

照「ああ、成る程」

誠子「にしても京太郎も変わったなあ、昔はひ弱だったのに」

京太郎「そりゃ昔あんだけ誠子姉ちゃんに野球だのサッカーだのテニスだのに付き合わされたからなー」

誠子「あはは、悪かったって」

照「・・・二人はよく遊んでいたの・・・?」

誠子「そうですね、暗くなるまで遊んでその後あたしが京太郎を風呂に入れて家まで送ってって感じで」

照「誠子ちょっとこっち来て」

誠子「は、はい!」

照「控え室行ってて、話があるから」

誠子「は、はい!失礼します!」

照(後で潰す・・・)

京太郎「あれ誠子姉ちゃんはどこに行ったんだろ」

照「用事出来たってさ、それより行こ!京ちゃん!」

京太郎「あれ、また白糸台の人が・・・」

照「えっ」

尭深「・・・」

照(クソッ今度は尭深か・・・取り敢えず適当な用事を頼んで・・・)

京太郎「あれ・・・もしかして・・・尭深姉ちゃん?」

尭深「京太郎・・・君?」

照「!?!?」

京太郎「尭深姉ちゃんも白糸台だったのか!久しぶりだな!」

尭深「京太郎君・・・元気だった?」

京太郎「俺はずっと元気だよ!尭深姉ちゃんはほんと心配性だよなあ!」

尭深「だって・・・久しぶりだし・・・」

照「ちょっと待って」

京太郎「ん?」

照「尭深とも知り合いなの?」

京太郎「えっ~と尭深姉ちゃんとは・・・」

尭深「・・・京太郎君が小学校に上がる前までは東京にいて近所に住んでいたんです・・・」

京太郎「俺両親が忙しい仕事だったから、尭深姉ちゃんによく面倒見てもらってて・・・」

尭深「京太郎君夜が怖い怖いって泣いてたからよく一緒に寝てたよね・・・覚えてて」

照「尭深ちょっとこっち来て」

尭深「は、はい!」

照「控え室行ってて、話があるから」

尭深「は、はい!失礼します!」

照(後で消す・・・)

京太郎「あれ?尭深姉ちゃんどこに行ったんだろ」

照「ちょっと用事出来たってさ。それより京ちゃん早く行こう!」

京太郎「よしじゃあ」

淡「京ちゃん~!」

京太郎「おわっ!?なんだ!?って淡!?」

照「!?!?!?」

淡「えへへ~京ちゃん背中おっきくなったねー!」

京太郎「こら淡!俺にぶら下がるなっての・・・降りろ」

淡「ちょっと昔の気分にひたらせてよー」

照「ちょっと待って淡」

淡「どうしたんですか宮永先輩?」

照「取り敢えずそこから降りて」

淡「えーでも」

照「降りて」

淡「はい・・・ごめんなさい・・・」

照「京ちゃん、淡とはどういう関係?」

京太郎「淡とは小学校で一年間だけ同じクラスメイトで」

淡「私が途中で東京に転校したんです」

淡「よく一緒に遊んでて私も子供だったからやんちゃでして」

淡「おでこにケガしちゃってそしたら京ちゃんが痛いの飛んでけーって言いながら私のおでこにちゅーってしてくれたり・・・えへへ」

照「淡ちょっとこっち来て」

淡「何ですか先輩」

照「控え室に行け、話がある」

淡「は、はい!今すぐ行きます!」

照(後で滅ぼす。骨も残さん)

京太郎「淡の奴あんなに急いでどこ行ったんだ?」

照「それより京ちゃん早く」

菫「おーい照」

照(遅かった・・・)

菫「ん、すまないが君は誰だ?」

京太郎「あ、俺は清澄高校一年麻雀部の須賀京太郎と言います」

菫「私は三年の弘世菫だ、君が須賀京太郎君か、照からよく聞いている」

照(こいつは京ちゃん知らないから安心出来る・・・)

菫「何でも勉強は出来る、スポーツは万能、料理は上手い、人に優しく性格もいい。まさに最高の男性らしいな」

京太郎「へっ!?いやいやそんなことは」

照(しまった!ヤバい!)

菫「そうそう照とも将来を約束してるとか、君のような男なら私も安心し」

照「菫ちょっと来て」

菫「なんだ」

照「控え室で待ってて、大事な話があるんです」

菫「なんで敬語だ」

照「お願いだから」

菫「・・・まあいいが・・・すまんな須賀君。また今度」

京太郎「あ、はいまた今度」

照「・・・行ったか」

京太郎「なんか菫さん色々言ってたけど・・・」

照「菫はちょっと虚言癖があるの、気にしないで」

京太郎「は、はあ・・・そうなんだ・・・」

照「それより京ちゃん、早く行こう」

京太郎「あ、そうだな」

照「京ちゃん、大会終わったら遊びに行かない?」

京太郎「いいな!行こう!」
照(まさかここまでライバルが多いなんて・・・こうなったら)

照(京ちゃんの初めてをもらう!それしかない!)

しかし京太郎が菫にまでフラグを立てたりこの事を聞き付けた三人が京太郎の初めてを奪おうと突撃したりするのはまた別の話

これで終わり
たぶん続かない

名前:
コメント: