玄「京太郎くーん」

京太郎「どうしたんだいマイスウィーティ」

玄「あのね…そろそろおクスリほしいかなーって」

京太郎「あっはっは、玄が元気になれるおクスリだね?よし、顔上げてごらん」

玄「ん…」


ちゅっ♪


京太郎「ん……もうひとついかがかな?」

玄「んふぅ…お願いします…♪」


ちゅっ♪

チュッ♪

Chu-♪


玄「ぷはぁ…はぁ、はぁ、はぁ……んふふ、一つだけでよかったのにぃ♪」

京太郎「あとの二つは俺からの気持ちさ…さぁ、お昼から旅館は忙しくなるからぞ」

玄「はい!お任せあ…」


クゥ~…


玄「////」

京太郎「ははは、じゃあ何か食べようか…すぐに出来るからね」


……

京太郎「はい、あーん…」

玄「あーん♪」

京太郎「ちょっと薄めにしたんだけどどうかな?」

玄「もぐもぐ……うーん、おいしー!」

京太郎「よかった、玄にそう言ってもらえるのが一番だよ」

玄「はいっ、京太郎くんもあーん♪」

京太郎「あーん……うん、玄に食べさせてもらうとおいしいな」

玄「もうっ、京太郎くんったらー!」

京太郎「あはは」

玄「うふふ」


……

玄「はぁ、疲れちゃった」

京太郎「お疲れ様、玄…」ナデナデ

玄「あ…えへへ、京太郎くんになでなでされたら疲れもとれちゃうよ~」

京太郎「そう?じゃあ、これは?」


ぎゅっ…


玄「あふん…んん……抱きしめられるのも暖かくて大好きぃ…♪体がとけちゃうくらい幸せになっちゃうよぉ…♪」

京太郎「玄が喜ぶならいくらでも抱きしめてあげるよ…」


ぎゅうっ…


玄「むふぅん……♪」

京太郎「それに…夜はもっと強く抱きしめて、あ・げ・る」ボソッ

玄「ふひゃっ///京太郎くぅ~ん/////」スリスリスリスリ

京太郎「よしよし、俺の可愛い玄……」ナデナデ

玄「うぇへへへへ~//////」

……

京太郎「そういえば玄、今日は宴会場に猿回しの人がきているそうだ…もう仕事もないし、ちょっと見にいってみよう」

玄「猿回し?面白そう!」



アコチャー「みなさん今夜はこのお猿のシズモンが皆さんのために頑張りますので、どうぞご期待ください!

ほら、シズ挨拶」

シズモン「ウキー!キキッ」←両手を差し出す

アコチャー「ばかっ!始める前にお駄賃催促しちゃだめだって!」

シズモン「ウキキ」

\ハハハハハハ!/


玄「あはは!あのお猿さんかわいいー!」

京太郎「ああ、しかしジャージを着て芸をする猿なんて珍しいな」


アコチャー「さてみなさん、お猿の芸といえば逆立ちに竹馬、自転車とございますが、
このシズモンはなんと楽器が演奏できるのです!…といってもシンバルぐらいですが」

シズモン「ウキーッ!キャッキャッキャ…」パンパンパン

アコチャー「おおっ!早速手を叩いてやる気をアピールしています!」

シズモン「ウキキ…」

アコチャー「手が痛くなっちゃったの!張り切りすぎよ!」

\ハハハハハハ!/

シズモン「ウッキー」コソコソ

アコチャー「なに?手が痛いから今日は休む?ギャラは7:3でいいから?ちょっと、舞台でそんな生々しい話しないでよ!」

\ハハハハハハ!/


アコチャー「さあ、いじけてないでやりなさい!みなさん御注目」

シズモン「ウキーッ!キキキ!……キャッ?」スルッ

アコチャー「あっ、シンバルが手からすっぽぬけて………そこの旅館の人危ない!」

ヒュールルルルル…


玄「へ?」

京太郎「玄っ!」

…………

玄「うわっ!?」ガバッ


チュンチュン…チュン…


ガラッ


宥「く、玄ちゃんどうしたの…?大きな声が聞こえたけど」

玄「ゆ、夢…?」

宥「怖い夢いみたんだね、よしよし」ナデナデ

玄「怖い…いや~、本当は覚めたくないくらいものすっご~~くいい夢で……はぁ」

宥「?」


……

玄「京太郎くんと久しく会ってないからあんな夢みちゃったんだろうな…

それにしても…はぁ~~いい夢だったな~」


憧「おはよークロ!どうしたの、とろけた顔しちゃって…いい夢でもみた?」

玄「あっ、おはよう憧ちゃん!うん、それがとっても…」

穏乃「おはよう憧!クロさん!」

玄「あ、穏乃ちゃ……………うぅ、ごめんなさ~~い!」

穏乃「ど、どうしたんですか!?」

憧「わからないわ……さっきまで嬉しそうな顔してたのに」


穏乃「嬉しそうな顔?それって京太郎が来るからだよね、でもそれなら何で泣いたんだろ」


憧「そうよね……………って、アイツが来る!?」

玄「………へ?」

穏乃「うん、聞いてなかったの?今朝早くにもう着いたって…」


京太郎「久しぶり!元気だったか!」


玄「あ……あ…!!」

穏乃「おっす!京太郎久しぶりー!!」

憧「わっ!わ、わっ!本当に来てたんだ!もうっ、私聞いてなかったわよ!」

京太郎「あははは!わりぃわりぃ!玄さんもお久しぶりっすね!」


玄「だ……旦那様!!」


京太郎「はい?」

穏乃「ほへ?」

憧「……ルントウ?」

玄「あ……///」


カンッ