4月1日の午後になった頃

洋榎「なぁなぁ京太郎♪」ピトッ

京太郎「なんだよひっついてきて」

洋榎「だ~い好きやで京太郎!」

京太郎「」

洋榎「(ふっふっふ…今日はエイプリルフール…)」

洋榎「(しっかし…嘘が許されるのは午前中のみや!)」

洋榎「(アホで鈍感な京太郎なら知らへんやろう)」

京太郎「…」

洋榎「京太郎はどうなんや?」

洋榎「(こんな風でしか告白できんのはちいっと残念やけどなぁ…)」

京太郎「あぁ俺も…」

京太郎「俺も洋榎のこと大好きだぞ」

洋榎「」

京太郎「洋榎?」

洋榎「(アカンあんまりにも普通のトーンで京太郎から大好きって嬉しくて気失いそうやった)」

京太郎「それだけか?んじゃ、後輩の指導いってくるわ」

洋榎「あ…あぁほなまた」




洋榎「えへへ…冗談でもうれしいわ~」ニンマリ


絹恵「なぁお姉ちゃん」

洋榎「なんや絹」ポケー

絹恵「お姉ちゃんなんか今日気が抜けてるで?」

洋榎「んなことないで!?」アッセアッセ

絹恵「はぁ…また京太郎さん関係?」

洋榎「ちゃ、ちゃうんや…その…」モジモジ

絹恵「…そういえば京太郎さんから聞いたんやけど」

洋榎「?」

絹恵「エイプリルフールって嘘が許されんのは午前中だけって知ってんか?」

洋榎「なんや絹知らんかったんか?ウチはもう知って…」

洋榎「……え!?」

絹恵「だから嘘が許されるのは~」

洋榎「それやない…えっと京太郎から聞いたんか!?」

絹恵「うん昨日聞いた」

洋榎「」

絹恵「お姉ちゃん?」

洋榎「(えっと…落ち付け洋榎…京太郎が知っているということは…)」

絹恵「お姉ちゃん?」

洋榎「(つまり…あれは本当のことで…つまり京太郎は///)」

絹恵「どないしたんや?」

洋榎「絹、ちょっと今から京太郎に会いにいってくる!」ダッ

絹恵「行き成りなんやお姉ちゃん?…あぁ行ってもうた」

絹恵「まぁええかお姉ちゃん嬉しそうやったし」


洋榎「待ってるんやで~京太郎♪」


この後京太郎に行きなり抱きつく愛宕洋榎がいたとか…


カン