桃子「須賀さんの腕枕に興味があるっす」

京太郎「・・・なぜ?」

桃子「風越の池田さんが「寝心地がいい」と皆に自慢してたっす」

京太郎「池田ァ!!」

桃子「腕枕って結構寝辛いもんじゃないすか?それが寝心地良いとは・・・」

京太郎「まあ、膝よりは寝にくいだろうな・・・やってる方も疲れるし」

桃子「私も加治木先輩の膝枕・腕枕・尻枕・抱き枕と堪能したっすが腕枕は寝心地は一番下でしたっすね」

京太郎(尻・・・?)

桃子「まあどうせ私は見えないから誰かに見られる心配もないっすよ。ただ須賀君が手広げて寝てるだけのことっすから」

京太郎「こんな広い部屋で一人で大の字は怪しいだろ!」

桃子「男なら細かいことは気にしないっすよ~」


腕枕開始。

京太郎「・・・どうだ?」

桃子「・・・ん、ん?」

京太郎「・・・」

桃子「んん・・・むっ」

京太郎「な、何してんだ」

桃子「頭の位置が定まらないっす」グイグイ

京太郎「くすぐったいんだけど・・・」

桃子「あ、この位置。しっくり来るっす」

京太郎「そりゃ良かった」

桃子「・・・やっぱ固いっす。先輩の足元にも及ばないっすね」

京太郎「当たり前だろ」

桃子「でも悪くはないっすね・・・しばらくこうしてていいすか?」

京太郎「別にいいけど…固いんじゃなかったのか?」

桃子「ふふ、寝心地と居心地は別っすよ?」

京太郎「なんのこっちゃ」


しばらくして・・・


一「須賀君を呼んで来いって言われたけど…どこにいるんだろう?」

京太郎(だ、誰か来た。東横、そろそろ終わ・・・って寝てるし!)

桃子「zzz・・・」

一「ここかな?あっ」

京太郎「・・・どうも」

一「ここにいたんだ。何してんの、一人で寝っ転がって」

京太郎(ちゃっかりステルスモードかよ!これじゃただの変人だ。いや、東横を腕枕してる状態もアレだけども!)

一「衣が君と遊びたがってて。休んでるとこ悪いけど来てくれるかな?」

京太郎「あー、それは無理かなぁ…」

一「どうして?どうみても暇そうにただ寝てるだけだけど」

桃子(ん・・・?ありゃ寝ちゃったっすか・・・あれ、龍門さんの・・・)

京太郎「じ、実は・・・か、金縛りにあってるんだ!」

桃子(は?)

一「・・・何言ってんの君。普通金縛りって喋ることも出来なくなるんじゃないの?」

京太郎「こ、これは体だけに適用される奴だ!きっと!」

一「……ふ~ん、僕をからかう気なんだぁ」

京太郎「いや、そういうわけじゃ・・・ははは。って、ええ!?」

一「よいしょ。ちょっと枕になっててねー」

桃子(んな!この人何を!)

一「重かったら除けてもいいんだよ?金縛りだから無理だろうけどね~」

京太郎(右に東横、左に国広さんを腕枕している・・・嬉しいけどどうしようこれ!)

一「衣を軽々持ち上げられるだけあって、結構ガッチリしてるね腕」

京太郎「雑用で鍛えられてますから・・・はは、ははは・・・」

桃子(私が見えないのをいいことに・・・!今は私と京さ、須賀さんの時間っすよ!)

京太郎(東横が姿を現してくれた方がマシかもしれん・・・)

一(衣には悪いけど須賀君が白状するまでこうしてよっかな!)

京太郎(ん?東横起きてんじゃねえか!おい、ステルス解いて説明を・・・)

桃子(この泥棒猫!えいっ)

一「ひゃん!」

京太郎「」

一「な、何するのさ!急にお腹つつくなんて」※今の一の服装はへそ出しルックです

京太郎「い、いや俺じゃない!」

一「須賀君以外誰がいるんだよ」

京太郎(いるんです!俺のすぐ右隣にぃ!)

桃子(ほら、早く出ていくッすよ!)ぺしっぺしっ

京太郎(そしてこの子は何やってんだもおおお!!)

一「あんっ、ひうっ・・・も~、須賀君懲りないね」

京太郎「だから俺じゃなくて・・・」シクシク

一「そういうことするなら・・・お返しに、僕も須賀君の体触っちゃおうかな~」ギュッ

京太郎&桃子『ちょっ、何してんすか!?』

一「抵抗しちゃダメだよ?君は金縛りなんだから」ペタペタ

京太郎「いや、あの、密着しすぎ、です・・・///」

一「我慢我慢」

桃子「ぐぎぎぎ・・・!」

一「よ、よーし。じゃあし、仕上げにく、くちびるを・・・///」

桃子「こらぁぁーーー!!!!」


京太郎、解放!


桃子「なんなんすかあなた!須賀さんの弱みに付け込んで!」

一「最初からだましてたのは君でしょ!さっさと姿現せばいい話だよ!」

桃子「腕枕に飽き足らず、私の須賀さんにべたべたべたべたと!」

一「君のじゃないよ!君こそ何時から腕枕されてたのさ!」

ギャーギャーワーワー



京太郎「なんか疲れた・・・」

久「あら、須賀君お帰り。なんか疲弊してない?」

衣「おお、やっと来たか京太郎。少し衣と付き合ってはくれまいか!」

京太郎「はい、いいですよ」

衣「・・・?」クンクン

透華「どうしましたの衣」

衣「何故か知らないが、京太郎から一の匂いがするぞ?」

『!!?』ピシッ

京太郎「・・・金縛りって流行ってるんだなー(棒)」


カン