淡「いまから一つだけ嘘つくぞー!」

京太郎「それが嘘?」

淡「いやいや、これは本当。これから会話する中で嘘を一個だけつくから当ててみな!」

京太郎「へいへい。そういやさ、照さんのお菓子がいろいろなくなってんだけど」

淡「あわっ!?」

京太郎「まずは……ポテチ食った?」

淡「むぅ……」

京太郎「なるほど黙秘か。ポッキーは食った?」

淡「……」

京太郎「ぺろぺろキャンディーは?」

淡「あ、それ食べてない!」

京太郎「だろうな、もたからないし」

淡「あわっ!?キョータロー嘘ついたな!」

京太郎「これは釜掛けってんだよ。で、ポテチもポッキーも食ったか?」

淡「た、食べてないもん……」

京太郎「まあ、普通に考えてそれが嘘だろうな」

淡「うぐぅ……」

京太郎「だが最後に聞いておきたいことがある」

淡「な、なにさ?」

京太郎「俺のこと好き?」

淡「!?」

京太郎「どうなんだ?」

淡「あわ、あわわわわ……///」プシュー

京太郎「やべ、オーバーヒートしちまった!ちょっと意地悪しすぎちまったかな?」

カンッ