姫子「おっはよ~」ガラララ


煌「おはようございます、姫子」


美子「おはよう、姫子ちゃん」


仁美「おはよう」


姫子「あれ?部長と京太郎はどげんしたと?」


煌「部長は風邪をひかれてしまったそうです。京太郎くんはその看病ということでお2人とも今日はお休みです」


姫子「そがなことあったんか。部長、お大事に…」


美子「そう。だから今日は1軍は私達4人だけ」


仁美「なんもかんも風邪が悪い」


煌「まあまあ、皆さん揃ったところで早速対局始めましょう!」


~~~~~~
煌「これは…すばらくないですね」タンッ


美子「むぅ…ラス親、頑張りたいのに…」タンッ


仁美「全く進まん」タンッ


姫子「あっ、それロ―――~~~っ!?」ビビクンッ!


煌「?どうかしたんですか、姫子?」


姫子「な、何でもなかよ。えっと、それロンやけん、5200でラストばい///」


仁美「なんもかんも政治が悪い…なんもかんも政治が悪い…」ブツブツ


美子「姫子ちゃん、顔が赤いけど大丈夫?」


煌「おや、本当ですね。体調でも崩しましたか?」


姫子「そ、そうみたいやね。ふぁあっ!?ご、ごめんばってん、今日はかいらしてもらうけん!」バタバタ


煌「あっ、姫子!…行ってしまいました。大丈夫でしょうか?」


美子「まだ結構元気みたいだし、大丈夫じゃないかな?」


煌「そうだと良いのですが…」


~~~~~~
哩「今頃は皆部活中やろね」


京太郎「恐らく、そうでしょうね」


タンタンタンタン


京太郎「おや?」


哩「ん?どげんかしたと?」


京太郎「いえ、どなたかが階段を…」


姫子「ぶ、ぶちょー!なんばしよっと?!」バンッ!


哩「うわっ!何ね、姫子か」


姫子「何ね、じゃなか!さっき対局中にリザベば繋がってたまがったとよ!」


哩「あ…え、えっと、あんな姫子、それは…」


京太郎「!」ピーン


京太郎「おや、どうされたので?お嬢様」ニヤリ


姫子「!?」


哩「ちょっ!?きょ、京太郎!姫子ん前で!」


京太郎「別に良いではありませんか。お嬢様は人に見られて感じる生粋に変態でございますし」


哩「あふぅ♪って、そうやのーて!こ、これは京太郎がじぶんで始めたことやけん!」


京太郎「さすがお嬢様!諌めている途中にも関わらずお感じになられるとは。その卑しいお姿、正視に耐えません」


哩「ふぅうっん♪」


姫子「ぶ、部長ばっかしこすか!京太郎!私にも!」


京太郎「やれやれ、類は友を呼ぶとでも言いますか…変態なお嬢様のご学友はこれまた輪をかけて変態でございますね」


姫子「~~っ!」ビビクンッ


京太郎「表情もまた雄をお誘いかと思われる程。姫子お嬢様はドのつく淫乱お嬢様のようで」


姫子「っふぁ…これ、すごか~♪」モジモジ


京太郎「おや?どうされましたか、姫子お嬢様?」ズズイッ


姫子「あ…な、何でもなかよ?」モジモジ


京太郎「そう仰りつつも、ここは湿らせておいでで…」サワサワ


姫子「んぅっ!」


京太郎「おっと、これは失礼をば。いくらお嬢様が淫乱な方とは言え、一介の執事が過ぎた真似を致しまs…」クイッ


姫子「きょ、京太郎…いじわるせんで…お願い…」


哩「ひ、姫子!?京太郎!わ、私も…」


京太郎「…全く、本当にどうしようもないお嬢様方なことで。まあ、折角ですし…優しくはしませんよ?」ニヤリ


哩&姫「は、はい♪」


•◦◾◾これより先は海藻が覆っていて読むことが出来ない----






次の日から新道寺麻雀部の欠席者が3人に増えたとかなんとか
カン!