【数年後の話】


京太郎「菫さん」

菫「何だ?」

京太郎「なぜ、俺達はせっかく会えた休日にデートもしないで家にいるんでしょう?」

菫「それはだな……」

京太郎「それは?」

菫「お前のたるみにたるみきった学力を矯正する為だっ!」バンバンッ

菫「いいか、このままだと私が入る大学は愚か、東京の大学にすら入れんぞ!」

京太郎「おっしゃる通りです」

菫「威張ることじゃない、全く予習復習はきちんとしろと言ったじゃないか」

京太郎「大抵は一夜漬けで乗り切ってきたんで」

菫「だから。威張ることじゃないと言っているっ!本当に、お前というやつは」

京太郎「いやあ、何故かだらけちゃうんですよね。菫さんがいないと」

菫「私がいなくてもしっかりとしろっ」

京太郎「そういう問題じゃないんですってば。菫さんの前だとかっこいい俺でいたいといいますか」

菫「……っ」カーッ

京太郎「おおっと!顔が赤くごひゅっ」

菫「ロン(物理)」

京太郎「の、ノリいいですね……」

菫「お前と共に過ごしてきて慣れた。こんな風にしたのは京太郎だ」

京太郎「暴力よりも優しさがほしいです」

菫「これ以上甘やかしたら、お前がダレる」

京太郎「ですよねー」

菫(人の気も知らないで。京太郎が一緒の大学に行けるよう、勉強も教えているのだが……)

京太郎「???」

菫(こいつ、何だかんだでかったるいとか言って逃げてしまう)

京太郎「どうかしました?」

菫「いや、何でもない……それよりも、体調は大丈夫か?」

京太郎「おっけーね!」

菫「何だその返事は……」

京太郎「可愛く言ってみたんですがどうです?」

菫「どうもしない」

京太郎「バッサリ行きますねー。出会った頃の菫さんはもういない!」

菫「お前なぁ」

京太郎「……大丈夫ですって。俺はいなくなりませんよ」ギュッ

菫「……っ」

京太郎「菫さんが俺のこと、いつも心配してくれてる事知ってるんで」

菫「ち、ちがっ!というか、抱きしめるなっ!」

京太郎「いやでしたか?」


菫「嫌じゃない!むしろ、いい……ってそうじゃない!」

京太郎「はいはい」ナデナデ

菫「撫でるな!」

京太郎「菫さんの髪ってサラサラして気持ちいいんですよ」

菫「むぅ……そういうことなら、って」

京太郎「はいはい、とりあえずお茶飲んで落ち着いて下さい」

菫「……」ングング

京太郎「うん、菫さん」

菫「何だ?」

京太郎「やっぱ、菫さん可愛いっすね!」

菫「」ブーッ

京太郎「お茶が滴るいい男になっちゃったじゃないですか」

菫「変なこと言うからだ!」

京太郎「本当のことですし-」

菫「は、恥ずかしいだろ!」

京太郎「ここにいるのは俺達だけなんで遠慮なしかな~って」

菫「…………」ジーッ

京太郎「……?」

菫「っ!」チュッ

京太郎「!?!?!?!?!?!?」

菫「……仕返しだ、馬鹿」

京太郎「ははっ、威力の高い仕返しですね……」マッカッカー

菫「うるさい。中断してた勉強を続けるぞ」

京太郎「了解っす」

菫「……」

京太郎「…………」

菫「なぁ」

京太郎「はい?」

菫「何でもない。大学、一緒に行けるといいな」

京太郎「行きますよ。菫さんと一緒にキャンパスライフ過ごしたいっすから」

菫「ふん、東京で待ってるからな。約束だぞ」

京太郎「はい、約束です」ニコッ




【とりあえず、カン!】