初美「それにしても京太郎ー」

京太郎「何か御用でしょうか、お嬢様」

初美「うっ……その丁寧口調はやめてくださいよー」

京太郎「まあ、この服装をしてるんで。口調もしっかりしといた方がらしいですし」

初美「別に、学校にはまだ行かないんですよー?普段通りでいいじゃないですかー」プンスカ

京太郎「そういうわけにもいきませんって。もし、外でボロが出たらどうするんです?」

初美「それは……」

京太郎「そういうことです。それよりも」ズズイッ

初美「な、なんですかー」

京太郎「その服装はなんですか!全く、露出が多すぎます!」

初美「い、いいんですよー!これはこれで!」

京太郎「ダメです。淑女たるものきちんとした格好をしないと」

初美「う、うう……」

京太郎「そうやって泣き真似をしても通用しませんよ」

初美「ちっ……というか、京太郎を誘惑するためですよー、これはー!」

京太郎「もっと成長してから出直してください」

初美「ひどいです!?」

京太郎「はいはい、着替えましょうねー」ズルズル

初美「いーやーでーすー」

初美「殺生ですよー……」シクシク

京太郎「制服に着替えただけじゃないですか……」

初美「無理矢理脱がされて着せられたですよー……お嫁にいけません」

京太郎「いつまでも着替えないからです。小さなお姫様のお世話は大変です……」

初美「む、それはどういう」ズルッ

初美「ひゃっ!?」

京太郎「おっと」ポスン

初美「ふぇ、痛く、ないです」

京太郎「お怪我はございませんか、お嬢様?」ニヤッ

初美「~~~~~~!?」カアアアアアッ

京太郎「私、須賀京太郎。お嬢様に仕える執事ですので。
貴方の可愛らしい身体には傷ひとつつけません」ニッコリ

初美「はうっ!は、反則ですよー……」

京太郎「何がですか?特段におかしいことをした覚えはありませんけど?」キョトン

初美「そういうことじゃなくて!その立ち振舞いといい!色々とですねー……!」

京太郎「???」

初美(それに、抱きしめられた感触が暖かくて……気持よくて……)

初美(顔がにやけてしまうじゃないですかー!)

京太郎「ああ、すいません。いつまでも抱きしめてちゃ悪いですね」

初美「……構いません」

京太郎「え?」

初美「その、もうちょっとだけ……ぎゅってしてください」カアアッ

京太郎「畏まりました、お嬢様」ニコッ

初美(えへ、えへへ……)



カン!