ガチャッ

京太郎「美穂子さーん、よっと…おじゃまします」

京太郎「いやぁ、来るって言ってたのに遅くなっちゃってすいません!予約してたもの取りに入ってたら電車が遅れて…」ゴソゴソ

京太郎「しかしその甲斐あってというか…」

美穂子「…」ズズズズ…

京太郎「…あの、みほこさーん?」

京太郎「あー…ええ、遅れて本当にごめんなさい…え、と、出来たら正座とオーラ解いてこっち向いてもらえたらなー…って」

美穂子「…京太郎」

京太郎「はい」ピシッ

美穂子「…1時間半も予定より遅れてきた事は許します。というより、元から怒る気もないわ」

京太郎「…」ゴクリ

美穂子「でも…それなら一言連絡くらいくれてもいいでしょう?道中何かあったんじゃないかって、不安で…私…」

京太郎「ぐ…それはその、携帯の電池が…」

ドンッ

京太郎「うわっ…とぉ…!?」

美穂子「…グスッ」ポロポロ

美穂子「本当に、本当に心配したのよ…?交通事故にでも遭ってたらどうしようって…」

京太郎「…ほんとにもー」ナデナデ

美穂子「あっ…」

京太郎「大げさですよ。大体交通量も何もないような田舎ですし、そんな滅多な事そう起きませんって」

美穂子「で、でもね、もし…」オロオロ

京太郎「…それに、美穂子さん」

美穂子「…?」

京太郎「俺が美穂子さんを置いて、一人でどっか行っちゃう訳ないでしょう?」

美穂子「…は、ぁ」ポッ

京太郎「…美穂子さん…」

美穂子「…京太郎…」





池田「ここ部室だよしゃらくせェッ!」ドムッ!!

京太郎「グハァッ!!!」ドシャーン!

美穂子「!?」バッ

池田「いきなり先輩泣かせた上に安っぽい台詞でドヤ顔して不思議空間作ってんじゃないし!カナちゃん鳥肌立つこと山の如しだし!」グオオオッ

文堂「先輩!気持ちはわかるけど落ち着いて下さい!」ガシィ

池田「うおおおッ!離すしー!何でこんなのに先輩は!?絶対に認めん!認めないしーッ!!」ジタバタ

深堀「た…美穂子先輩の誕生会の席ですから…堪えて堪えて」

池田「…う、うぬ…」

美穂子「華菜、暴力はダメよ…それにわざわざ私なんかの誕生日の為に学校まで来てもらったんだから、もてなさなきゃ」

池田「せ…せんぱいまで~…」

文堂「あーほら!須賀さんが持ってきてくれたケーキおいしそうですよ!」

深堀「隣町まで行かないと売ってない奴だ…これはレアな…」

池田「…ほ、ほう…今日のところはケーキに免じて許してやっても…」

美穂子「ええと、それじゃ早速切り分けるから、華菜はお皿を持ってきてもらえるかしら?」

池田「ガッテン承知だし!」ズダダ



京太郎「―」ビクビク

                おわり

名前:
コメント: