巴「私達!」

京太郎「結婚しました!」

デデーン

京太郎「ということで、一緒に暮らすことになりました」

巴「長かったですね……苦節、数年。今ではこうしてラブラブです」

霞「へ、へぇ……」カタカタ

春「それは、いいことで」ガリッガリッ

巴「ということで自慢しに来ました」

京太郎「おいおい、巴。俺達の幸せオーラに当てられて二人共きょとんとしているじゃないですか」

巴「ごめんごめん。ただ、京太郎と結婚して幸せだってことをどうしても伝えたくて」ポッ

京太郎「巴……」

巴「京太郎……」

霞春「「帰れえええええええええええええええええ!!!」」



京太郎「ということで追い出されちゃいましたね」

巴「残念。幸せな気分を分けようかなと思っていたのに」

京太郎「大丈夫です。俺らのオーラで霞山達も幸せになりましたよ!」ガッツポ

巴「そ、そうですよねー」

京太郎「さてと、幸せを分けた所で今日の夕飯の材料を買いに行きましょう」

巴「うん。今日はどうするー?」

京太郎「肉じゃがと冷奴で」

巴「オッケー。じゃあいこっか」




霞「……睾丸を捻り潰してやろうかしら」

初美「どうどうどうなのですよー」

春「これは教育だと思う……」

小蒔「私、知ってます!こういうのを寝取りっていうんですよね!」

霞「」ギロッ

春「」カッ

初美「……もうどうにでもなーれーなのですよー」

【愛の巣もとい京太郎家】

京太郎「美味しく出来ましたー」

巴「わーい」

京太郎「じゃあ、食べましょう」

巴「いただきまーす」

パクモグバクリ

巴「やっぱり、美味いね。京太郎の料理は」

京太郎「お褒めに預かりまして光栄でございます、お姫様」

巴「ちょっと、やめて下さいよー。私はそんな大層なものではないんですよ?」

京太郎「あはは、それにしても……お互いに名前を呼び捨てって結構気恥ずかしいですね」

巴「まあ、今までがさん付け、あだ名でしたしー。夫婦になるということで呼び捨てに変えたんだけど」

京太郎「やっぱ恥ずかしいっすね……アーン」

巴「むぐぐ……この冷奴美味しいね!」テーレッテレー

京太郎「そりゃあもう、冷奴はいつ食べても美味しいですし」

巴「それよりも!私もやりますよー。はーい、アーン」

京太郎「もごご……美味い!」テーレッテレー

巴「私と同じことを言ってるー芸がないですよー」

京太郎「食事に芸は関係ないとおもうんですがねぇ……」

巴「そこは、うん。ノリというものですよ」

京太郎「ノリですか」

巴「ノリは大事ですよ、どんなものにも勢いというのは必須です」

京太郎「じゃあ――」

チュッ

巴「……!?」

京太郎「ノリでキスしちゃったりするのもオッケーですよね」ニコッ

巴「はぁ……あのねぇ!そういうことされちゃったら!」

巴「……もっとして欲しいって言いたくなるじゃないですか」ボソッ

京太郎「それならお望みのままに」チュッ

巴「……馬鹿」

【自部屋!】


巴「あのね、京太郎。本当に私で良かったの?」

京太郎「ええ。後悔なんてしてませんよ、俺は」

巴「私はさ、姫様みたいな純粋さもない。はるるみたいな可愛げもない。
はっちゃんみたいなぺったんこなロリ体型でもない。かすみんみたいな大きなおもちもない」

京太郎「一つおかしいのが混じってる気がしますけど……」

巴「ともかく!私はあの五人の中では一番劣ってる。それは確か」

巴「だから信じられないんですよ、君と私がこうして結ばれていることが」

京太郎「巴」

巴「怖いのかもしれません、私は。君に相応しいのか、ね」

京太郎「それ以上は言わなくていいですよ」ダキッ

京太郎「俺にとっては一番は巴であってそれ以外はどうでもいいというか何というか!」

京太郎「ともかく!俺は巴が大好きで!愛しているッ!」

巴「……プッ。なにそれ」

京太郎「ごめんなさい……上手く言えなくて」

京太郎「それでも、俺は――」

巴「はいはい、みなまで言わなくてもいいですよー」チュッ

京太郎「……!?」

巴「さっきのお返し」

京太郎「そういうことされたら……その」

巴「その?ふーんどういうことか巴さんわかりませんー」ニヤッ

京太郎「だああああああ!我慢出来ないってことですよ!!」

巴「よく言えましたっ……きゃっ」

京太郎「一つ、言っておきます。俺、本当に後悔してませんから」

京太郎「霞さん達よりも、長野に残してきた人達よりも」

京太郎「過去なんて関係ない。巴がいれば、俺は幸せだから」

巴「もう……照れるじゃない」

京太郎「ということで、ね。それじゃあ、いきますよ」

巴「上等です。どっちが早くイクか勝負といきましょうか」





続きは巴さんが誰よりもメインヒロインに相応しいですと呟いたら浮き出てきます。


カン!