衣「きょーたろーのわからずや!

京太郎「そっちこそどうしてわかってくれないんですか!」

衣「衣はきょーたろーのことを思って言ってるんだ!」

京太郎「じゃあ、俺のことはほっといて下さいよ!」

衣「むううううう!!!!」

巴「珍しいですね、あの二人が喧嘩なんて」

霞「そうね、いつも仲良しさんだからね」

春「……クックック。今の内に京を寝取るチャンス」

小蒔「はるるちゃん、駄目ですよ!そういうことは!」

初美「しかし、どうしましょうかねー」

春「そんなの簡単。私は京を慰める。そして、京は私にメロメロ」

巴「……ここまでいくと、清々しいですよ」

春「チャンスは逃さない。それに、このまま見ているだけじゃあ何も解決しない」ダッ

京太郎「衣さんにはわからないんだよ……おもちの素晴らしさは!」

春「おもちの素晴らしさ?」ヒョイッ

京太郎「うわあ!いきなり出てくるなよ!」

春「そんなことよりおもちって?」

京太郎「はるるには関係ねーよ……あっち言ってろ」シッシッ

春「カチーン。そういう態度はよくない。矯正が必要」

京太郎「うわっ!ひっつくなよ、もう」

イチャイチャコラコラ

衣「……」プクー

衣(ふんだ!きょーたろーはそんなにおもちがいいのか!)

衣(衣だってまだまだ成長期なんだぞ!いつかはおっきくなるんだぞ!)

衣(むー……!あの黒糖の巫女にデレデレして!)

衣(屋敷にいる時も智紀にばっかり目がいってた!)

衣(衣も……きょーたろーにもっと可愛がられたいのに)

衣「……はやくおっきくなりたいな」







ナー!