巴「ねー、きょーちん」

京太郎「どうしました、巴さん?」

巴「どうしたもこうもないってばー。何で私達は恋人的な感じで喫茶店にいるのさー」

京太郎「そりゃあ巴さんがケーキ食べたいから一緒に行こうって誘ったからじゃないですか」

京太郎「それに、はるるの時に助けてくれたお礼もありますし」

巴「ふむむ……まあ、いいよ。タダでケーキが食べれるなら」モグモグ

京太郎(あー、巴さんの口元にクリームが付いている……)

京太郎(取りたい!ものっすごく取りたい!ああいうのを見ると綺麗にしたくなる!)

巴「ん?どうかした?」モグモグ

京太郎「……巴さん、少しじっとしていて下さい」

巴「えっ。何かあっ……ひゃっ!」

京太郎「口の周りを拭きますから……」

巴(顔が近いって!そういうのはもっと他の人にすべきでしょうが!)

巴(きょーちんって顔立ち悪くないよねとか、目元がクリってしてていいなあとか!)

巴(うわあああああ!調子狂うなあ、もう!)

京太郎「はい、取れましたよ……ってどうしたんですか、顔を赤くして」

巴「……そうきますか。ほんっとうに、天然ジゴロだよね、きょーちんは」

巴(これは仕返ししてやらなきゃ気がすまないなぁ)

巴「ねえねえ、きょーちん」

京太郎「……何ですか、その差し出したスプーンは」

巴「いやー、せっかく二人きりだし?こういうことやってもバチは当たらないかなーって」

巴「はい、アーン」

京太郎「……どこで見られてるかわかんないんですよ?」

巴「アーン」

京太郎「わかりましたよ、食べますって」パクッ

巴「どうかな?」

京太郎「そりゃあ、美味しいですけど……」

京太郎(これって、巴さんの使ってたスプーンだよな?)

巴(ということは、もしかして)

京巴 *1

巴「……ちょっと恥ずかしいね」

京太郎「……ですね」

巴「こういうのは柄じゃないんだけどなあ」

京太郎「そうですかね?巴さんは可愛いんですからもっと押し出してもいいと思いますよ?」

巴「そういうことをサラリと言えるからきょーちんはタラシとか言われるんだよ……」












霞「……」ズズズッ

春「……」ゴゴゴッ




カン!