小蒔父「チキチキ!」

京太郎「薄墨さんを追い掛け回そう!」

父京「「いえーーい!!!」」

小蒔父「遂にこの時が来たね、京太郎くん!」

京太郎「そうですね!薄墨さんの泣き顔を見るべく考案を考えた結果!」

小蒔父「とりあえず、追い掛け回してみようということになったんだ!」

父京「「いえーーーーい!!!」」ハイタッチ

小蒔父「早速だけど追い掛け回そう!」

京太郎「はい!かといって、本気で追い掛け回すのではなく」

小蒔父「そう、あくまで楽しむことを優先に。ロリコンには品格が求められるからな」

京太郎「ギリギリの境界線で俺らはやるしかない」

小蒔父「覚悟はいいか?私はできている」

京太郎「俺もです。じゃあ、行きましょうか」

京太郎(まあ、色々あってロリが好きになったから仕方ないね!)

小蒔父(ロリイズベスト!その心意気をいつまでも忘れない大人でいたい!)

初美「ふんふふーん、今日の晩御飯はなにかなー」

京太郎「うううすずうううううううみいいいいいいいいいいい!!!」ハンニャッ

初美「ひいっ!な、なんなんですかーーー!!!」ダッ

京太郎「まああああああああああああああてえええええええええええ!」ハンニャッ

初美「待てと言われて待つ人はいませんよー!!!というかその仮面はどうしたんですかーー!!」

小蒔父「いいいいいいいいいいいきいいいいいいいいいどおおおおまああああああありいいいいいい!!」ヤシャッ

初美「ぎゃああああああああっっっ!」

初美「一体、何が起こっているんですかぁ……」グスッ

小蒔父(京太郎くん!はっちゃんが涙目だ!)

京太郎(ええ!超かわいい!)

初美「私、何か悪いことしたんですか?それならば、謝りますっ」

京太郎(COOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOL!!!!旦那ぁ!もう俺は嬉しすぎて絶頂しちまうよ!!!)

小蒔父(ちょっと、これはやばい。やばいってひゅうううううううううう!!品格なんてなかった!!!!)

初美「だから、許して下さい……っ」グスグスッ

小蒔父「……もう我慢出来ないね。私はトイ……ゲボッッ!」

京太郎「……お、俺もトイレに行ってガハッッ!」

小蒔「何やっているんですか、お二方」

京太郎「じ、神代さん?」

小蒔母「あらあら~。一晩正座でお説教じゃ足りなかったのかしら~」

小蒔父「ち、違うんだ!出来心だったんだ!」

小蒔「言い訳はいいです。行きますよ、今度という今度はお説教だけじゃすみませんよっ」

小蒔母「さあ、行きましょうか~」

小蒔父「首はしめないで!ギブギブッ!」

京太郎「ひ、引っ張らなくても歩けますから!京ちゃん死んじゃう!」

小蒔「霞ちゃんも呼んでお仕置きですよ、京太郎さんっ」

京太郎「俺の睾丸が潰れるじゃないですか、やだーーー!!」

小蒔父「京太郎くん……君の犠牲は忘れはしないぞ!」

小蒔母「あら……貴方もその対象には入っているのよ~」

小蒔父「ま、待つんだ!このエベレストがなければ私はこれからどう生きていけばいいんだ!」

小蒔「どうもこうもありません!反省して生きて下さい!」

京太郎「ぎゃああああああ!!おっぱいお化けは嫌だあああああ!!!」

初美「……」ポカーン

初美「一体、何だったのでしょうか……」







カン!