東京 野外

京太郎「すいません国広さん。買い出し手伝ってもらっちゃって」

一「別にいいよ、ボクも欲しいものあったし」

一「それに透華がいっぱい物頼んでたしね、さすがに一人じゃ持てないでしょ」

京太郎「まあ・・・確かに・・・」

一「あはは、ごめんね。今ハギヨシ長野に帰っちゃってて。いつもならハギヨシが済ませてくれるんだけど」

京太郎「いやそれはいいんですが・・・」

一「どうしたの?」

京太郎「・・・国広さん私服露出多すぎです」

一「そうかな?ボクこういう服好きなんだけど」

京太郎(さっきから色んな所が見えそうで見えない・・・だがそれがいい!)

一「・・・」

一「須賀君のすけべ」

京太郎「い、いや全然見てませんよ!」

一「嘘ついちゃダメだよ。女の子ってそういう目線、すぐ気付くんだから」

京太郎「うっ・・・すいません・・・」

一「そんなに気になるなら少しだけ・・・触ってみる?」
京太郎「・・・はい?」

一「須賀君ならいいよ・・・ちょっと恥ずかしいけど・・・」

京太郎(こ、これは俺の秘蔵のあの本のシチュエーションにそっくり・・・ついに俺にも春が来たか!)

一「でも・・・ただ触らせるのもあれだし・・・そうだ須賀君、告白して」

京太郎「こ、告白!?」

一「うん。愛のじゃないよ。ボクの体が触りたいって告白」

京太郎「そ、それはどーゆう・・・」

一「そうだね・・・今周りに人気ないし、ボクの体を触りたいって言えたらいいよ」


京太郎「マジで言ってますか?」

一「うん、マジだよー」

京太郎(言ったら触れるが・・・男のプライドが・・・)

一「ほら・・・言っちゃいなよ・・・こことか・・・ここ、好きに出来るよ・・・」

京太郎(ひ、表情がすごいエロい・・・我慢出来るかこんなの!)

京太郎「く、国広さんの体触りたいです!」

一「・・・なーんちゃって」ピロリーン

京太郎「・・・へ?」

一「ふふっ、須賀君が面白い反応してくれるから楽しくって、からかっちゃった」

京太郎「うわあ・・・俺情けねー・・・ってさっきの音まさか・・・」

一「あ、録音したよー。これ清澄の人に聞かせたらどーなるかなー」

京太郎「消してください消してくださいお願いしますからっ!」

一「んーそういえば今から行くお店に美味しいアイスクリーム屋さんがあるんだよなー」

京太郎「奢ります、今すぐ行きましょう」

一「ふふっ、冗談だってば、でもアイスクリーム屋さんには行こっか。お金はボクも出すからね」

京太郎(はぁ・・・俺に春はまだ来ないかぁ・・・)

一「はい」

京太郎「ん?今度は何ですか?」

一「手なら触っていいよ。お店着くまで手繋いで行こっか。エスコートしてね」

京太郎「は、はい!しっかりエスコートします!」

京太郎(これはやっぱり春が来てるかもだぜ!)

一(須賀君ってからかうと面白いなぁ・・・表情にすぐ出るから考えてること丸分かりだし・・・)

一(また今度須賀君からかおっと!)

終わり

名前:
コメント: