衣「ということでお風呂だ!」

京太郎「何がということかはさっぱりなんですけど」

衣「何を言っている!裸の付き合いをすることで親善を深めるって本に書いてあったぞ!」

京太郎「それは同性同士だと思いますが……」

衣「そんなの関係ない!衣はきょーたろーと入りたいんだー」ガーッ

京太郎「はぁ……俺の回りの女の子はどうしてこうも我が強いんだか」ゲッソリ

衣「ともかく入るぞー。身体も洗ってもらう!」

京太郎「それは自分でやりましょう」

衣「えー」

京太郎「えーじゃないです。というか一緒にお風呂に入るってだけでも結構ヤバいです」

衣「どうしてだー」

京太郎「衣さんは一応年頃の女の子なんですから俺みたいなどこにでもいる野郎と一緒に入るなんていけません」

衣「別にきょーたろーだったら衣は構わないぞ?」キョトン

京太郎「駄目です!今回はハギヨシさんのお願いだから仕方なくですけど次は駄目ですからねっ」

衣「きょーたろーのケチー!」

京太郎「ケチでもいいです。慎みを持って下さい」

衣「……そんなのよりきょーたろとお風呂の方が大事だ」

京太郎(えー……そこまで?)

京太郎「……とりあえず、身体は自分で洗って下さい」

衣「……」シュン

京太郎「……」

衣「…………」グスグス

京太郎「頭だけですよ」ボソッ

衣「えっ?」

京太郎「頭だけなら洗いますってことですよっ!」

衣「きょーたろーっ……!」パアアッ

京太郎「あーーっ!抱きつかないでくださいよーっ!」

衣「いーやだー!もう離さないぞ、きょーたろー♪」

京太郎「離れないと頭が洗えないじゃないですかーっ!」

京太郎「あーどうですかー」ワシャワシャ

衣「うむ!悪くない!」

京太郎「よかった……こうして人の頭を洗うって経験がないもので不安だったんです」

衣「そうなのかー?」

京太郎「普通はそうですよ」

衣「じゃあ衣はきょーたろーの初めてを奪ったんだなっ!」

京太郎「ちょっと誤解されそうな言葉ですけど概ねそれであってます」

衣「んふふ~きょーたろーの初めて、奪っちゃった」クスッ

京太郎「……!?」ゾクッ

衣「ん?どうかしたか?」

京太郎「いえ、何でも」

京太郎(なんだろう、一瞬だけど……衣さんがすごく色っぽくて、怖かった)

京太郎(ちょっと足を踏み外すと襲ってしまいそうなくらい……)

京太郎(まあ、すぐに戻ったから息子の心配もしなくてすんだけど)

京太郎(ったく。俺が好きなのはロリじゃなくて巨乳なのによ……不覚っ)







カン!