ENDを迎えたので「菫さんの安価より一つ前の安価までロードします」



【廊下】

京太郎「……ふぅ、朝から大変な目にあったぜ」

京太郎(一瞬、俺が幸せになるイメージが浮かんだけど気のせいだろう)

霞「あら、何のことかしら?」ヒョイッ

京太郎「うわああっ!?」

霞「どうしたの、そんなに驚いて?」

京太郎「後ろから声をかけられたら驚きもしますって……」

霞「そんなものかしらね……あ、それよりも京君」

京太郎「はい、何でしょう?」

霞「ちょっと倉庫の片付けがしたいから京くん手伝って?」ムネオシツケ

京太郎「……霞さん」

霞「何かしら?」

京太郎「当たってるんですけど」

霞「当ててるのよ、うふふ」

京太郎「うふふじゃないですよ!この家にいる女の人はもっと慎みを持つべきですよ!」

京太郎「いいですか、女性というものは慎みが大事です」

京太郎「そ、そういうアプローチは良くないですよ!」

京太郎「もっと、お淑やかに!」

霞「でもね、京くん」

京太郎「はい?」

霞「裸で私を襲った人がいう言葉ではないわ」

京太郎「」

京太郎「……というわけで倉庫です」

霞「ええ」

京太郎「ところで、霞さん」

霞「今度は何かしら?」

京太郎「俺達はなぜ、自然に手をつないでるんでしょうか?」

霞「んー……何となく?」テヘペロ

京太郎「……」

霞「ちょっと、苦虫を噛み潰したかのような顔はやめてくれないかしら」ギュギュッ

京太郎「ぎゃーーースっっ!手が、手が痛いっ!」

霞「全くもう……私は乙女なんだからね?」

京太郎「あっ、はい」

霞「……」

京太郎「霞さん、プリティーー!」

霞「ありがとう、京君」ニッコリ

京太郎(……そういうことにしておこう)

京太郎(そういえば、いい機会だし俺の過去についてでも話すかな?)


京太郎「そういえば……」

京太郎「まだ、話してなかったですね」

京太郎「俺の過去について」



霞「ふんふむ……それが、京君の過去」

京太郎「ええ、情けないったらありゃしないですよ」

霞「そうね。どうして、全部一人で抱え込もうとしたのかしらね」

京太郎「その、なんていうか……」

霞「遠慮、でしょう?迷惑を掛けたくないって類の」

京太郎「はい」

霞「いい?そういうことは一人で考えちゃだめ」

霞「ちゃんと、話して楽になること。君一人が背負うことじゃないのよ?」

京太郎「わかってますけど……」

霞「まったくもう……あれ、これは何かしら?」

京太郎「あっ……!」

京太郎(な、なぜ、こんなところに!)

京太郎(笹倉さなちゃん!正統派のロリオナホール!)

京太郎(や、やばい……!何か知らないけどやばい!)

霞「~~~~~~~~~~~!!!」ボンッ

京太郎「か、霞さん?」

霞「こ、ここここ」

京太郎「ちょ、落ち着いてくださいって!」

霞「だ、だって……!}

霞(え、これがここにあるってことは何?京君の下の……は、恥ずかしいわ……!
そういうのは段階を踏んでからよ!)

霞(まだ、付き合ってもいないのに速すぎるわ!そ、そりゃあ私は京君のことが好きだけど)

京太郎「えーっと、霞さん?」

霞「ひゃい!」

京太郎「と、とりあえず、それ……おろしましょう」

霞「そ、そうね……」コトッ

京太郎(それにしても、何であったんだろう、笹倉さなちゃん)

京太郎(まあ、犯人は多分あの人だろうけど)

霞「えっと、京君?」

霞「その、こういうのに興味があるの?」


京太郎「……っ」

京太郎(秘技!これぞ年上を落とす赤面顔!)

京太郎(ハギヨシさんが覚えておくと便利ですよ、って教えてくれたんだよなぁ)

京太郎(まあ、効くわけな……)


霞「……」キュン

京太郎(あるぇー?)

京太郎(おかしい……何かがおかしい!)

霞「うふふ……」ジリジリ

京太郎「えっと、霞さん?」

霞「その、ね。京君の赤面顔が可愛くて思わず抱きつこうだなんて思ってないわよ?」

京太郎「じゃあ何で近寄ってくるんですか?ハアハア荒い息を吐きながら!」

霞「な、何もしないから!ちょっとだけだから!」

京太郎「それはちょっとだけの人が言うセリフじゃないですよ!」

霞「……まあ、多少はね?」ダキツキー

京太郎「ちょ、力が強すぎますって!」

京太郎(つーか胸があたって気持ちいいっていうか!)ヨンダ?

京太郎(呼んでないよ!あーもう!霞さんは初なのにスキンシップが激しすぎるんだよ)

霞「ん~、いい抱き心地ねぇ」

京太郎(だ、誰かたすけてーーー!)



【霞の部屋】

京太郎「それでなんですけど」

霞「ん?」

京太郎「俺はどうして霞さんの部屋にいるんですかねぇ」

霞「お持ち帰りしたかったから?」

京太郎「俺は物ですか!?」

霞「まあまあまあ。とりあえず、お茶でも入れてくるからちょっと待っててね」

京太郎「仕事はいいんですか……?」

霞「大丈夫よ、一応、倉庫の整理という仕事は終わったのだし」

霞「それじゃ、ちょっと行ってくるわね」ガラッピシャッ

京太郎「行ってしまった……」

京太郎(とりあえず、待っていよう)

京太郎(だけど、暇だしなあ。どうすっかな?)

京太郎「な、何だ、これは?」

京太郎(厳重に鎖で縛られてるけど……こ、怖いぞ)

京太郎(でも、読みたい。読んでみたい……)ウズウズ

霞「お待たせ、アイスティーしかなかったけどそれでいいかしら?」

京太郎「ひゃあっ!」

霞「どうかしたの?」

京太郎「いえ、なんでも!」

京太郎(とっさに懐に隠しちまった!だ、出せねぇぞ!)

京太郎(……で、でも内容は気になるしなぁ。うん、仕方ない!)

霞「あ、砂糖入れたけど大丈夫だったかしら」サー

京太郎「あ、はい。大丈夫です」

霞「うふふ……それじゃあ召し上がれ♪」

京太郎「……」ゾクッ

京太郎(何だか寒気がしたけど大丈夫か?)

※寒気がしたので飲みませんでした。




京太郎(……さてと、この日記帳を持ってきちまった)

京太郎(今は昼休みだから読めるけど)

京太郎(なんだろう、これを読んだらもう戻れない気がする……)

京太郎(気づかない方がいいっていうか。これを知ったら前みたいにいられない)

京太郎(それだけ、ヤバいものだと思うんだ)

京太郎(どうすっかな……)

京太郎「……読もう」

京太郎(俺は知らなくちゃいけない)

京太郎(これを読むことで、何かが掴めるなら――!)

京太郎(鎖は……ハギヨシさんからもらったよく切れる忍者刀でっと!)カチャン

京太郎(よし、むりくりだけどほどけた!)

京太郎(さて、読むぞ!)




京太郎「なん、だよ……!」

京太郎「ふざけるなよ、嘘だ……そんな……!」

京太郎(そうだったのかよ!おかしいと思ってたんだよ)

京太郎(それなりにここにいるのに『使用人とほとんど会わない』なんて、おかしいだろ!)

京太郎(逃げないと……!早く、ここから!)

京太郎(まさか、まさか――!)




ざしゅり。










(小蒔さんが、あぶな、い…………にえ、は……神に、代わる…………)



【DEADEND】

――――――。



クエスチョン、これは黄昏の世界。

神々の終焉をも越えた。

今なお紡がれるお伽噺の一ページ。

人は、変革の薇螺子を挿し込もうと足掻くのか

人は、仮に宿る記憶を取り戻すのか

人は、天児の凶気を取り除くことで明日を掴むのか


―――――。


変革の薇螺子を挿し込もうと足掻く


京太郎「……うあああああああああああああああっっ!!!!」

???「ひゃっ!!!」

京太郎「お、お、おおおお」

京太郎「俺が死んだぁぁあああああ!?」

???「ふぇ……死んじゃいやです京太郎さん!」ギュッ

京太郎「あ、あ……あれ?」

???「嫌ですよぉ……死んだら駄目ですよ……」グスン

京太郎「小蒔、さん?」

小蒔「はい……っ。京太郎さん、突然、倒れて……それで、部屋に運んで……」グスングスン

小蒔「とっても!とっても、心配したんですよ?」

京太郎「そう、だったんですか」

小蒔「もう、死ぬなんて言わないでください!縁起でもないですから!」メッ

京太郎「あ、はい……」

京太郎(さっきの夢は、何だったんだろう?)

京太郎(うーん、俺が死ぬってのは覚えてるんだけど)

京太郎(大事なことを、忘れてるような……)

京太郎「……小蒔さん」

小蒔「はい?」

京太郎「少しだけ。ほんの少しだけでいいんで」

京太郎「手を握っててもらえますか?」

小蒔「……もちろんです」

小蒔「京太郎さんが落ち着くまで、そばにいますから」

京太郎「ありがとうございます……」

小蒔「いえいえ。困った時はお互い様ですから」

京太郎(小蒔さんの手、柔らかくて、温かい)

京太郎(この手は絶対、離さないようにしないとな)

京太郎(……畜生。あったけぇ)

京太郎「……うーん、眩しい」

京太郎(日差しからして昼かなあ)

京太郎(つーことは、倒れたのは朝だったのか……)

京太郎「よいしょっと」

京太郎(そうだ、テレビでもつけるか)ピッ

『長野県……少女……交通事故……意識不明……』

京太郎「…………ニュースを見てもしゃーないか。他の番組でもいれるか」

霞「調子はどうかしら?」」ガラッ

京太郎「霞さん。どうも、迷惑かけてマジすんませんです」ペッコリン

霞「何言ってるの。困った時はこうやって助け合うの」

霞「だから、遠慮なんてしちゃ駄目。いい?」

京太郎「は、はい……」

霞「それじゃあ、おかゆ持ってきたから……その、ね?」

京太郎「自分で食べま」

霞「だーめ。手が震えてる。火傷したらどうするのかしら?大人しくお姉さんに甘えなさい」

京太郎「なら、お言葉に甘えて」

霞「はい、あーん」

京太郎「んぐんぐ……うまいっすけど。なんか、恥ずかしいっすね」

霞「慣れよ、慣れ。それに今更私達の間で恥ずかしいなんてないでしょう?」

京太郎(さなちゃんの時は恥ずかしがっていたのに……)

霞「それにこうしていると……私達……」チラッ

霞「その、わかるでしょう?」チラッ

京太郎「いえ、全くわからないんですけど」

霞「……やっぱりね。京君に期待した私が馬鹿だったわ」

京太郎「???」

霞(夫婦みたいね……なんて。全然意識されてもいないのに言える訳……)

京太郎「それにしても、何か、暖かくていいですね。こういうのって」

京太郎「なんて言うか、家族っていうか。……夫婦っていうか」ボソッ

霞「……その言葉が出るのが遅いのよ、もう」

京太郎「いや、恥ずかしいじゃないですか」

霞「あら。そんなことないわよ?」ギュッ

京太郎「!?」

霞「こうして、つながっているだけで暖かい。それはとても素晴らしいことだと思うけれど」

京太郎「幸せスパイラルですね!」ババーン

霞「……」

京太郎「いや、そんなしらけた顔しないでくださいよー!!!」

霞「い、いいと思うわ。うん、素敵ね」ニガワライ

京太郎「いや違うんですって!これはとある女の子の素敵な理論なんですって!」




京太郎「……今日はおとなしくしろって言われたぞ」

京太郎「だけど、ずっと寝てるって暇なんだよなぁ」

京太郎「やっぱりじっとしていられないな」

京太郎(居候させてもらってる身だし……よっしゃ、取りあえず動くか)

京太郎(断られたら断られたでしゃーない、拝み倒してしまおう)

ブーブー

京太郎「ったく、うるさいなあ。そういえば、最近携帯いじってないなぁ」

京太郎「っと。それよりも、仕事仕事っと」

着信。
――加治木ゆみ。



【廊下】



京太郎「という訳で手伝いに来ました☆」

初美「駄目ですよー☆」

京太郎「……やっぱり?」

初美「はい!病人はおとなしく寝ているのですよー」

京太郎「いや、何だか落ち着いていられなくて」

京太郎(別の世界線の俺が地雷を踏みまくってるような……)

京太郎(気にしたら負けだよな、うん)

京太郎「オナシャス!何でもしますから!」

初美「ん?今なんでもするっていいましたよねー」

京太郎「はい!」

初美「じゃあ、寝てくださいよー。また倒れたらどうするんですかー」

京太郎「その時はその時です」

初美「えー……」

京太郎「という訳で行きましょう」

初美「はぁ……ちょっとだけですよー。後で怒られるのは私なんですからー」

京太郎「はっちゃんはっちゃん」

初美「どうしましたかー」

京太郎「どうして、はっちゃんはそんな服装なんですか?」

初美「京太郎を悩殺するためですよー」

京太郎「全然そそらないですよー」

初美「……」ガシッドスッ

京太郎「痛い!痛いですって!ちょ、洒落にならない!」

初美「乙女の心は繊細なのですよー?ちょっとでも変なことを言ったらヤンデレレーですよー」

京太郎「えー……」

初美「だから、失礼なことはめっですよー!」

京太郎「やっぱりそそらないのですよー」

初美「……」ガシッドスッガシッドスッ

京太郎「ジョークですって!ちょっとしたジョーク!」

初美「……ひどいですよー、好きでこんな身体になったわけじゃないのにー」

京太郎「それはそれで、どこかの愛好家達が好むんじゃないんですか?」

初美「ノーセンキューですよー!」ダキツキーッ

京太郎「……まな板」

初美「むうううううう!!」

初美「そこまで言うんならいいです!私の身体を全部見てからそそるそそらないを決めてくださいよー!」バッ

京太郎「ちょ、ここ廊下ですから!!!」

初美「うがーーーーーー!!!」




京太郎「結局、騒いでたら霞さん達に見つかって戻された」

京太郎「……いかんだろ」

京太郎(とりあえず、大人しく寝よう。これ以上、怒られたくはないし)

京太郎(…………ぐぅ)




京太郎「……ここは、」

桃子「久しぶり、っすかね」

京太郎「モモ……?」

桃子「ええ、いつでもどこでも。貴方のいる所に私あり。東横桃子っす」

京太郎「いや、いつでもは怖いだろ……」

桃子「あはは、冗談っすよ、冗談」

京太郎「わーってるよ。それにしても、何だよここ。夢にしちゃあはっきりしすぎじゃないか?」

桃子「フフーフ。それはなんと驚きの!私達は夢で話せるぐらいに深くつながってるんすよ!」ババーン

京太郎「……何いってんの?」

桃子「冷たっ!」

京太郎「そんなオカルトありえません!」

京太郎「なーんて、前までは言ってたんだろうけど」

桃子「それじゃあ……」

京太郎「信じるよ。ダチだろ、俺達」ニコッ

桃子「……変わってないっすね」

京太郎「そりゃな。あ、そういえば最近」

桃子「ストップっす。それ以上はなしっす」

京太郎「はぁ?」

桃子「全部、知ってるっすよ。京太郎が私の姿が見えなくなったことも」

桃子「……全部、知ってるんすよ」

京太郎「……そっか」

桃子「それで、今日は――お別れを言いにきたっすよ」

桃子「……京太郎は、先輩達以外で初めて出来た友達だったんすよ」

桃子「最初は何だこいつって思ってたっす」

京太郎「そりゃあ態度でわかる」

桃子「そんな私にも京太郎は丁寧にメールを送ってきて……すっごく嬉しかったっすよ」

京太郎「お前、あの時は寝不足になったからな!」

桃子「へへへ、ついつい楽しくなっちゃって……」

京太郎「ったくよ……それよりもお別れって」

桃子「せっかちな男は嫌われるんすよ?黙って聞いて欲しいっす」

京太郎「はいはい……」

桃子「……それから、京太郎が風邪を引いて、私がお見舞いして」

京太郎「俺がお前を護る、はー、今考えるときざったらしい」

桃子「いいじゃないっすか、私は……すごく嬉しかったし」

京太郎「言ってる俺が恥ずかしいんだよ!」

桃子「でも、私には響いた。誰にも見えない、聴こえない、私を護るって言ってくれて」

桃子「……京太郎は私のこと、友達だとおもってくれてるんすよね?」

京太郎「ああ!」

桃子「でも、私は違うんすよ」

桃子「私は――京太郎のこと、友人じゃなくて……」

桃子「一人の男性として、好き……なんだ」

桃子「……でも、京太郎は違うんすよね?」

京太郎「…………ああ」

桃子「~~~~~!!!わかってたっす、ええわかってたっすよ!!!」

桃子「でも、言わなくちゃ!言わなくちゃいけなかった!」

桃子「知って欲しかった、私が好きだってことを!迎えに来て欲しいって思ってたことを!」

桃子「……伝えたかったんすよ。大好きだって」

桃子「だけど!無理、なんだよね?」

京太郎「……俺は」

桃子「そういう所で気遣いはいらないっす。惨めになるだけっすよ」

京太郎「だけど、それとさよならがどう関係してるんだよ!」

桃子「……いずれ、わかるっすよ」クルッ

桃子「何で、私が京太郎と話せるのか。全部が不確かで意味わかんねーって感じだけど」

桃子「クルクルと回るコイントス。裏表を知らずに別れるのは嫌だって思った。
届くのなら、結果を見れるのなら。諦めない」

桃子「その結果が、これっす。見事、玉砕!でしたけど」

京太郎「モモ……」

桃子「行ってください、最後ぐらい、笑って、お別れしたいんすよ」

桃子「起きたら、わかると思うっす。きっと、色々と大変だろうけど」

桃子「がんばっ!っすよー」

京太郎(……俺は)

京太郎(俺は――――!)

京太郎(……やることは、簡単だよな)

京太郎「ヤダ」

桃子「へ?」

京太郎「何がお別れだよ、ふざけんな」

京太郎「そんなの知ったことかってーの。最後?縁起でもねーこと言うなよ」

京太郎「確かに、俺はモモの好意を受け取ることは出来ないけど」

京太郎「こんな形で別れるのは嫌だ」

京太郎「な?」

抱きしめる。彼女の華奢な体をぎゅっと、強く。

離さないように、最後なんて嘘にするかのように。

桃子「……無理っすよ」

京太郎「無理じゃねーって。どこまでも強く願えば必ずできる」

想いを貫けばきっと――また、笑える。

どんな形であろうとも、生きてさえいれば。

京太郎「……だから、お別れじゃねーよ。こういう時はな。
『またな』って言うもんだ」

桃子「……っ、うん」

涙でぐしゃぐしゃにしながらも、笑う。

最後ではないけれど。笑って、言いたいのだ。

桃子「また、ね……!」

京太郎「ああ、またな」

――だって、そうじゃん?

彼は心の中でそっと、呟いた。

京太郎(女の子は笑っている方が可愛いし、見てて嬉しいもんだ)

京太郎「……ふぁ」

京太郎(懐かしい、夢だったな……モモ)

京太郎「さてと、よく寝た寝たーっと」

ブルルルル

京太郎「……もしもし」

ゆみ「須賀君か?加治木だ」

京太郎「あ、これはどうも。そういえば、履歴にもあったんすけど」

ゆみ「……そのことだが。落ち着いて聞いて欲しい」

京太郎「はぁ」

ゆみ「簡潔に言おうか。モモが事故にあった」

京太郎「ええっ!それで、大丈夫なんですか!!!」

ゆみ「身体には別状はない。ただ……」

ゆみ「記憶を失ってるんだ。君との記憶をすっぽりとね」

京太郎「……そうっすか」

ゆみ「あまり、驚かないね」

京太郎「なぜなんでしょうかね……」

京太郎(あの夢……があるからかな)

京太郎「でも、よかったですよ。身体に怪我がなくて」

ゆみ「……そうだな。そういえば、今は鹿児島にいるのかい?」

京太郎「ええ」

ゆみ「そうか。それならこっちにでも帰ってきた時、うちによるといい。
一緒にお見舞いに行こう」

京太郎「わかりました」

ゆみ「……大丈夫か?いや、この質問は失礼だったな。忘れてくれ」

京太郎「……そんなに気にしないでくださいよ。俺は、大丈夫っすから」

京太郎「それに、約束しましたから」

京太郎「『またな』って」



――――

京太郎「…………」

京太郎(はぁ、口では強がりを言っておきながら結構くるな……)

京太郎「外の風にでも当たるか……」

【神代家・外】

初美「おややー、京太郎じゃないですかー」

京太郎「はっちゃん……」

初美「どうしたんです?しょぼくれた顔をして」

京太郎「そう見えますか」

初美「ええ、はっきりと。おねーさんでよければ話を聞きますよ?」

京太郎「それじゃあ、お願いしましょうか」




初美「……記憶がなくなったですかー」

京太郎「ええ。自分では大丈夫だって思ってたみたいなんすけど」

京太郎「……キツイ、ですね」

京太郎「情けない、また会えるって言ったのは俺なのに」

京太郎「俺が……俺が、こんな弱気でどうする!」

初美「いいじゃないですか、別に」

初美「弱気で何が悪いんです?というか、京太郎に言いましたよね?
何かあったら私に話してもいいって」

初美「愚痴でも何でもどんとこいなのですよー」

京太郎「……でも」

初美「いいですか」ズイッ

京太郎「ちょ、近いですって!」

初美「これぐらいはしないと、京太郎はわからないからいいのです。
全く、手がかかる人ですよー」

初美「泣きたい時は泣いていいんです」ダキッ

初美「というか、泣きたい時に泣かなくていつ泣くんですかー!」

初美「胸ならいつでも貸しますから、ね?」

京太郎「すいません、ちょっと借ります……!」

京太郎「……っ、ぁぁ……!」

初美「よしよし、私がいますから。京太郎は一人じゃないですからー」




京太郎「……すんません」

初美「えいっ」ペシッ

京太郎「あいたーーっ!」

初美「そういうのはいいっこなしです。謝られるためにやった訳じゃないんですよ?」

京太郎「それでも、めっちゃ泣いちまったんで服とか身体とか汚しちゃったんで……」

初美「服は洗えばいいです。身体はお風呂に入ればいいです。はい、論破ですよー」

京太郎「……はぁ、ほんと世話になりっぱなしっすよ」

初美「いいってことですよー。」ナデナデ

京太郎「ちょ、いつまでも撫でなくていいですって!」

初美「えー」

京太郎「恥ずかしいんすよ……こういうのって」

初美「木にしたら負けですよー。なでなで~」

京太郎「ああ、もう!勝手にしてください!」



京太郎「……とりあえず、働こう」

京太郎(つーか、いつまでここで働くんだ、俺……?)

小蒔父「や、京太郎君」

京太郎「あ、どうも」

小蒔父「ここでの生活も慣れてきたようで何よりだよ」

京太郎「ですね。そういえば、俺って……後どれくらいここで働くんですか?」

小蒔父「そうだな……後、10日間ぐらいかな?」

小蒔父「知っての通り、小蒔達は麻雀の全国大会に出場する」

京太郎「ええ、そうみたいですね」

小蒔父「その間は仕事も何もないし、ぶっちゃけると凄く暇な訳だ」

小蒔父「つまり、お役御免。働かなくてもいいってこと」

京太郎「そうっすか……」

小蒔父「まだ若いのに一日中働かせるなんて申し訳ないからね。小蒔達はともかく、君はやりたいことがあるだろうに」

京太郎「いえ、そんな!ここに来て俺は色々と勉強になりましたし!」

京太郎「楽しかったです……小蒔さん達とも仲良くなれましたし」

小蒔父「それはよかった……もし、気が合わないとかなったらどうしようかって私も考えていたんだが……」

小蒔父「……その必要はなさそうだ。ありがとう、京太郎君」

小蒔父「君のおかげだ。私達の閉鎖的な環境を、君が変えてくれたんだ」

小蒔父「本当に、ありがとう……っ」

京太郎「や、頭を上げてください!俺は大したことをしてないですよ!」

小蒔父「そんなことはないさ。これでもね、感謝してるんだよ」

小蒔父「……な?京太郎君。意中の女は見つかったかな?」

京太郎「え、ええっ!?」

小蒔父「……隠さずともいい。どーんと、私に言ってみなさい」

京太郎「え、ええっと……」

京太郎(俺が好きな人……)

京太郎(誰、何だ?そもそもいるのか?)

京太郎(どうも自分自身についてはわっかんねーな……)

京太郎(いるかも、しれないな)

京太郎(ここに至るまで、恋なんてしたことなかったけど)

京太郎(なんつーか、心が暖かくなるっていうか)

京太郎(まだ、誰かまでは考えつかないとはいえ)

京太郎(好きな、人かぁ……)

小蒔父「その顔はいるかもしれない、でも断定はできないといった風だね」

京太郎「よくわかりますね」

小蒔父「これでも人をよく見ているからね。観察眼なら誰にも負けないさ」

京太郎「はははっ、なんすか……それ」

小蒔父「それはともかくだ……告白するんなら早くした方がいいんじゃないか?」

小蒔父「女の子を待たせちゃいけないよ、うん」

京太郎「はい。すぐには決められませんけど……」

小蒔父「それで、いいさ。とりあえず、じっくり考えてみなさい」タッタッタッ

京太郎「うーん、行ってしまった……珍しく、真面目だったな」

京太郎(好きな人なぁ……)







小蒔父「時間はあまり、残されていないぞ……」

小蒔父「特に、君にとっては――――」

京太郎(ぐぬぬ……好きな人、好きな人。考えても全くイメージが湧かない)

京太郎「がーーーーーー!誰なんだよおおおおおおおお!!!!!」

京太郎「考えてわかったら苦労しねーよ!ざっけんな!くっそ!」

霞「……どうしたのかしら」

京太郎「あ、どもっす」

霞「何があったかは知らないけれど、凄く変な人って思われるわよ?」

京太郎「今更ですよ」

霞「そうね」

京太郎「肯定しないでくださいよ!?」

霞「そうね」

京太郎「……投げやりになっていません?」

霞「そうね」

京太郎「霞さんは可愛いなあ!」

霞「!?!?!?!?!?!?!?!?!」

霞「か、かかか、かわ、かわ」

京太郎「何、あわあわしているんですか……」

霞「だって、仕方ないじゃない!そういうこと言われたら、その……」

霞(言えないわ……嬉しすぎて舞い上がってるなんて)

霞(京君よりもお姉さんなんだから!)

霞「……こほん。それで、どうしたのかしら?」

京太郎「修正が無理矢理過ぎません?」

霞「……ふふ」ニッコリ

京太郎「何でもないです、聞かなかったことにします」

霞「それで、さっきは何を騒いでたの?」

京太郎「ああ。それはですね……」

京太郎(どうせだから霞さんに相談しよう。霞さんなら一歩引いた所から見てくれると思うし)

京太郎(仲のいい先輩らしい冷静かつ、優しさのある提案をしてくれる!)



説明中です、しばらくお待ちください。



霞「そ、そう。好きな人ね」

京太郎「ええ、そうなんですよ。でも、恋ってよくわからなくて……」

京太郎「霞さんなら助けてくれるかなーって」

霞「…………」

霞(どうするの、私!ここで真面目に相談に乗るの!?)

霞(もしかすると、敵に塩を送ることになるのよ!)

霞(こ、恋は戦争……!ここは、誘導しないと……)

京太郎がキラキラとした視線で霞さんを見ています

霞(……無理、無理よぉ。そんな目で見ないで!)

京太郎「なるほど、一人で考えるのではなく皆のことをもっと見てみる、と」

京太郎「確かに一人で悩むよりはいいかもしれませんね」

京太郎「ありがとうございます!やっぱり霞さんは頼りになりますね」

霞「ええ……」ズーン

霞(結局、真面目に相談に乗ってしまった……あ、アプローチがたりなかったとでもいうの……)

霞(そうよね、一時期全くと言っていいほど話してなかったものね)

霞(そ、それを言ったら私だけじゃないはずよ!)

京太郎「ど、どうかしました!?何か、顔色が悪いような」

霞「そんなことないわよ……ええ、そんなことないわ!」

京太郎「なら。いいんですけど……」

霞(ま、まだ諦めないわよ!私達が全国大会に行くまで時間はあるわ!)

霞(絶対振り向かせるから……京君)




京太郎「皆のことをよく見てみるかぁ」

京太郎(いや、ね?一緒に暮らしていて見ているとこは見ているけどさ)

京太郎(今更はちょっと気恥ずかしいっていうか)

京太郎(それに、俺ってもう――)ズキン

京太郎(――何だっけ?今何かを考えようとしたけど……)

京太郎(ま、大したことじゃないだろ)

京太郎「げぇ、はっちゃん!」

初美「げぇっ、とはなんですかー」プンスカ

京太郎「だって、はっちゃんは俺のオカズとるじゃないですか
だから、食卓を一緒に囲むと疲れるんですよ」

初美「オカズ……卑猥ですよ-!」

京太郎「そう考える頭の方が卑猥だと思うんですが」

初美「むむむ」

京太郎「むむむじゃないですよ、全く……」

初美「それはともかくとして!」

京太郎「全然ともかくじゃないですけどね」

初美「一緒に御飯を食べるのですよ-」

京太郎「……俺のオカズ、とらないでくださいよ?」

初美「取りませんよー、取ったら私を好きにしても構いませんよ!」

京太郎「いりません、もっと肉体的に育ってから出直してください」キッパリ

京太郎(そういえば、俺……はっちゃんに告白されたっけ)

京太郎(一回断った訳だが、どうなるんだ?)

京太郎(まだ、俺のことを好きでいるのか?)

京太郎(そのことを俺から――聞ける訳ねーーーだろ!!!)

京太郎(それはデリカシーってもんが無さすぎ!)

初美「ん??」

京太郎(この、無邪気な笑み……ロリコンだったら一撃必殺なんだけどなぁ)

京太郎(いかんいかん!)

京太郎(ロリコンじゃないんだぞ、俺!?何馬鹿なこと考えてるんだ!!)

初美「…………ヘタレ」ボソッ

京太郎「誰がヘタレですか、誰が!」グニグニグニー

初美「いひゃい、いひゃいですよーー!ほっぺが取れますーーー!」

京太郎「変なことを言うからです」

初美「年長者ですよー、私……」

京太郎「年長者の気分が……いえ、何でもないです」

初美「ううううう!!京太郎はいじわるばっかりですよーー!」

初美「私が成長した時に後悔しても遅いんですからねーーーっだ!」

京太郎「はいはい。いい子いい子」ナデナデ

初美「えへへ……って!ごまかさないでください!」

京太郎「ごまかしたつもりはないんですけどねぇ……」

初美「でも、そのナデナデは気持ちいいので継続してください」

京太郎「…………えー」

京太郎「そういえば、はっちゃん」

初美「はい?」

京太郎「なんて言いますか、最近どうも変な夢をみるんですよ」

初美「それは大変ですね-、私が添い寝を」

京太郎「いらないです」

初美「……」ションボリ

京太郎「はいはい、俺のオカズ一個あげるんで泣かないでくださいね~」

初美「わーーーい!さすが京太郎ですよー!」

京太郎(単純だなあ……)

初美「それで、夢見が悪い京太郎は何を聞きたいんですかー」

京太郎「……うーん」

京太郎「何か、小蒔さん達が死ぬ夢をですね」

初美「縁起が悪いにも程がありますよーーー!?」

京太郎「夢にしてははっきりしすぎて……それで、相談した訳です」

初美「悪趣味ですねー……それで、死に方はどうなんです?」

京太郎「その辺りはぼんやりとしていて……ともかく、正夢になったらどうしようかって」

初美「ふんふむー。ぶっちゃけ、そういうことは私より巴や霞、姫様のお父上の方が詳しいですよー」

初美「私はなんちゃって巫女みたいなものですからー」

京太郎「服装からして、そうですもんね…あ、はいすいません、謝るんで服を脱ぐのはやめてください」

初美「人を露出癖があるみたいに言わないでください……ともかく、私達から目を離さなければいいと思いますよ?」

京太郎「それしか、ありませんか……」

初美「放ってたら、消えているかもしれませんよー、怖いです-」

京太郎「抱きつかないでください!もう、はっちゃんは真面目な時は真面目なのに……」

京太郎(消えてしまう、か……怖いな、それって)

京太郎「そういえば、はっちゃん」

初美「はい?」

京太郎「はっちゃんってはっちゃんなのか?」

初美「……頭がおかしくなったんですかー」

京太郎「…………あれ?いや、なんつーか」

京太郎「ふと、思ったっていうか……自分でもよくわかんないっす」

初美「良くもわからないのに尋ねないでくださいー。それよりも」

初美「午後は誰と一緒にお仕事なんですかー」

初美「それとも用事があったりってやつなんです?」

京太郎「小蒔さんと夕飯の買い物に行く予定です」

初美「へー、ほー」

京太郎「なんですか、その目は……」

初美「べっつになんでもありませんよー」

初美「デートなんですかー、羨ましい身分ですね-」プックリ

京太郎「そんな、ふくれっ面にならないでくださいよ」

初美「だっておかしいじゃないですかー、こんなにも可愛い私をデートに誘わないなんて!」

京太郎「腹パン」

初美「ひっ!」

京太郎「……冗談です」

初美「冗談にしては笑えませんよ-!?」

京太郎「いやいや、俺が女性に暴力を振るうなんてありえませんよ」

初美「そうですねー(棒)」

京太郎「俺って純情少年でキャラが通ってますから」

初美「……へー」

京太郎「なんですか、その意味ありげな視線は!」

初美「……鈍感ですー」ボソッ

京太郎「は?」

初美「いいですよー!勝手に姫様とイチャイチャしてきてくださいー!」

初美「京太郎のお菓子は全部食べちゃいますからね-だっ!」

京太郎「…………何なんだ、一体」