京太郎「家を出たぞ!」

京太郎「さてと、道中誰と話そうか」

小蒔「……」ウズウズ

京太郎「……?」

小蒔「……」ソワソワ

小蒔「……」チラチラ

京太郎「えっと」

小蒔「ひゃい!!」

京太郎「どうしたんですか、そんなにそわそわして」

小蒔「えっと、ですね……その」

京太郎「なにか、俺に至らないことでもありましたか?」

小蒔「そうじゃないんです! ただ、ちょっと緊張しちゃって」

小蒔「いつもと違う雰囲気の京太郎さんを見てたら……近寄りがたくて」

京太郎「はは、そんなことですか」

京太郎「どんな服装でも俺は俺ですよ?」

京太郎「ね?」

小蒔「本当ですか……」

京太郎「ま、保証はできませんけど」

京太郎「少なくとも、今の俺は俺です」

小蒔「……はい」

京太郎「だから、そんな悲しそうな顔しないでくださいよ」

小蒔「そ、それじゃあ……」

京太郎「俺にできることならまあ、何でも。ははっ、これは言いすぎですね」

小蒔「約束してください。いつまでも、ずっと。忘れないでください」

小蒔「私達と過ごした日々を。今の京太郎さんが浮かべてる笑顔を」

京太郎「……はい」

小蒔「ごめんなさい、こんな雰囲気嫌ですよね?」

京太郎「そんなことないっすよ。今、この瞬間。俺はすっげー楽しいんですから」

京太郎「だから、小蒔さん」

京太郎「今を楽しみましょう」

小蒔「はい!」

【永水女子高校】

京太郎「到着しましたね」

霞「ええ。用事はこの先よ」

京太郎「俺、大丈夫なんですかねぇ……」

春「私の服の中に隠れながら」ボカッ

初美「あほなこといってるんじゃないですよー!」

春「それなりに本気だったんだけど」

巴「大丈夫なのかしら、こんな調子で……」

小蒔「大丈夫ですよ!」





モブ女子1「ちょっとちょっと」

モブ女子2「暴れんなよ……暴れんな……」

モブ女子3「あら^~いいですわね~」

モブ女子4「私自身、あのお方に求婚する喜びはあった」

ザワザワ

京太郎「……すいません」

霞「……なにかしら」

京太郎「もっと、男なんて穢らわしいわ! 的な反応を予想してたんですけど」

初美「……女子高ですからねー。出会いなんて無いですからねー」

春「そんな所に颯爽と現れた執事の青年。いける」

京太郎「わけがわからないよ」

ザワザワザワ

モブ女子5「ちょ、押さないでよっ! きゃっ」トテッ

京太郎「おっと」シュタッ

モブ女子5「い、痛くない……」

京太郎「大丈夫ですか、お嬢様」

モブ女子5「は、はい!」

京太郎「それはよかった」ニコッ

モブ女子5「」キューン

京太郎「それでは、用事があるので。行きましょうか、皆さん」

霞「…………タラシだわ」

春「やっぱり連れてこないほうがよかった」

初美「余計なことをしちゃったのですよー」

巴「……はぁ」

小蒔「???」

【部室】

霞「部室よ!」ババーン

京太郎「…………汚いですね」

巴「まあ、家で掃除をしているのに学校でも掃除なんてイヤだーって皆が……」

春「めんどくさい」

初美「かったるい」

霞「小蒔ちゃんにやらせたらものを壊しちゃうかもしれないのよねー」

巴「私だけがやるのも疲れますし」

小蒔「え、えっと……」オロオロ

京太郎「思ったよりしんどそうだなあ……」



京太郎「……無理に決まってるでしょう、こんなの!」

霞「だと思ったわ……」

春「それでも頑張った方。前よりは格段に綺麗になった」

初美「これでまた汚せますよー!」

京太郎「」ギロッ

初美「はうっ」

巴「ともかく。ご飯を食べてたら終わりません。引き続き、掃除と片づけを行えば終わるでしょう」

小蒔「頑張りますっ」フンス

京太郎「俺は頑張りたくないんですけどねぇ」


京太郎「お、終わったー!」

霞「……もうへとへとね」

初美「普段から掃除をしていればこんなことにはならなかったんですよー!」

巴「全く……もう」

春「黒糖美味しい」ボリボリ

京太郎「うーん、このゴーイングマイウェイっぷり」

小蒔「お疲れ様です、京太郎さん」

京太郎「明日は筋肉痛になるんじゃないんでしょうか……」

霞「そうねぇ。明日の仕事はなしにしたいくらい」

春「それができたら苦労はしない」

京太郎「とりあえず、帰りましょう。お腹が空いて……」

春「早く帰って寝たい」

霞「お疲れ様、京君」

京太郎「本当に、ですよ。すっごく大変だったんですから」

霞「……」プイッ

京太郎「目をそらさないでください」

霞「うふふ」

京太郎「笑ってごまかしても駄目ですよ?」

霞「ごめんなさいね。仕事とはいえ、京君には負担でしょう?」

京太郎「もう、そんなこと言われたら……」

霞「あら、この言い方は卑怯だったかしら?」

京太郎「はい」キッパリ

霞「……今度埋め合わせをするから、ね?」

京太郎「約束ですよ?」

霞「ええ。今度、美味しい茶屋にでも行きましょう。ごちそうするわ」

霞(自然な感じでデートに誘う! 鉄則ね!)

京太郎「それは楽しみっすねぇ! 霞さんおすすめのところなら期待できそうです!」

霞(やったわ!)





京太郎「ははっ……楽しいなぁ」

京太郎「こんな風に、笑い合って。時々、ばかみたいなことやって」

京太郎「俺、鹿児島に来てよかった。理由はどうであれ、ここに来なければ知り合えなかった」

霞「それは何よりだわ。私達としても、京君と知りあえてよかったって思ってるし」

京太郎「……ええ」

霞「ね、京君」

京太郎「はい」

霞「今、君は幸せ?」

京太郎「……わかんないです」

京太郎「前なら、そう言ってたと思います」

京太郎「でも、今ならハッキリ言えます」

京太郎「俺は――幸せです!」


――――ハッピーエンドは訪れない。

「しあわせって、なんだっけ」

「まーじゃんって、なんだっけ」

「いきるって、なんだっけ」

「あのとき、かわしたやくそくはなんだっけ」

「くらい、さむい、いたい、しにそうだ」

「ともだちも、かぞくも、」

「なにも、ない」

最終章――――籠の島で光子さん。

「だぁれも、いきのこれない」

「たすけて、たすけて」

「かすみさんはしんだ。ともえさんはばらばらになった。はっちゃんはつぶされた。はるるはえぐられた」

「こまきさんは、にえになった」

「あ、あぁ」

「おれは、きっと、まちがえた」

「もう、もどれないくらいに」



【朝・自室】

京太郎「……うーん、だるい」

京太郎「まあ、身体は動くし大丈夫だと思うけど」

京太郎(それにしても、早く起きすぎたな……)

京太郎(携帯は……迷惑だろうしやめとこう)

京太郎(きばらしに外にでも出るか)



京太郎「……高台に行ってみるか」


【高台】


京太郎(ここからだと街の景色が一望できるなー。今まで夜しか来なかったから新鮮新鮮)

京太郎「……ふぅ。何だか眠くなってくる暖かさだぜ」

京太郎「お前もそう思わないか?」

???「…………」

京太郎「なぁ、咲」

咲「……京ちゃん」

京太郎「こうして二人きりなのは久しぶりか? 
    ははっ、鹿児島で二人きりだなんてもんになるとは思ってなかったけど」

京太郎「それで、せっかく出会えたんだ。色々と話そうじゃねぇか」

京太郎「何でか、前よりも頭がすっきりしていてな。今なら落ち着いて話せる気がするんだよ」

咲「……わかった」

咲「あのね、京ちゃん」

咲「京ちゃん!デートだよデート! 」

京太郎「……は?」

咲「…………」

京太郎「………………」

咲「…………えっと」

京太郎「そんな満面の笑みでデートって言われても困るんだけどなぁ」

京太郎「それ以前に、俺とお前はデートする間柄じゃねーから!」

咲「……その、ね。デートをするのと並行して誤解をとこうと」

京太郎「じゃあ、何でそれを先に言わねーんだよ」

咲「ひ、久しぶりにあったから?」

京太郎「質問に質問で返すなよ……まぁ、いいよ。とりあえずそこ座れ」

咲「う、うん」

京太郎「それで、誤解を解くって何のだよ? あんだけのことやっといてよ」

咲「ち、違うんだよ、京ちゃん!」


~少女、説明中~


京太郎「つまりだ、あの手加減は俺を気遣った為にやったこと?
    その後のボコられについては関与してねーってか?」

咲「そ、そうだよ……?」

京太郎「あのなぁ……」

京太郎「ざけてんじゃねぇぞ、咲」

京太郎「俺がいつそんな事頼んだんだよ> つーか言ったよな、本気でやってほしいって」

京太郎「正直言ってすっげーむかつくってレベルじゃねーよ。
    つまりさ、手加減して喜ばせておけばいいやーって思われてたってことじゃん?」

京太郎「そら、ブチ切れるだろうが。今までの練習全否定じゃねーかよ」

京太郎「もう一度、言うぞ。咲」

京太郎「ざけてんじゃねぇぞ、マジで」

京太郎「お前等才能がある奴等の掌くるくる~って遊んでおいて」

咲「遊んでなんていないよ!」

京太郎「だから言ったじゃねーか、本気でやってくれって。遠慮無くぶちのめしてくれって。
    ぶちのめされる本人様がいいって言ってるんだ、何をためらう必要があるんだよ」

京太郎「……で、優希をたらしこんで八百長やって。
    最終的には悪かったです、仲直りしましょうなんてさ。虫が良すぎるだろ」

京太郎「……まあ、根本的な問題は、俺が弱いから悪いんだろうけど」

咲「ち、ちが」

京太郎「違わねぇよ。確かに、ボコられにお前等が関与してるって疑ったのは悪かった。
    それについては謝る」

京太郎「だが、手加減については別問題だ。そうだろ?」

咲「……うん」

京太郎「…………はー、強くなりてぇわ。こんな思いをしなくてもいいぐらいに」

京太郎「どいつもこいつも才能持ちやがってよ……」

京太郎「うぜー嫉妬みてーなもんだけどさ、腹立つわ」

咲「……」

京太郎「おいおい、何黙ってんだよ。ふんぞり返っていろよ、魔王様。それが強者の義務ってもんじゃね?」

京太郎「天江衣を倒した時みたいに楽しめよ、麻雀。全員蹴散らしてよ」

京太郎「俺のことなんざ振り返ってんじゃねぇ。前だけ向いてやがれ、バーカ」

咲「嫌、だよ……だって京ちゃんは」

京太郎「大切な仲間ってか? 仲間なら手加減オッケーってか?」

京太郎「今から言うのは雑魚の戯言だ。適当に聞いとけよ」

京太郎「人間っつーか……うーんしっくりこねーな……えっとさ」

京太郎「お前等才能が有る奴は見えてねーんだよ。負け続ける辛さっつ-のが」

京太郎「だから、俺は願った。誰よりも強くなりたいって。負けるのが嫌だからな」

京太郎「……それでも、勝てなかった」

京太郎「雑魚は雑魚だ。本物には勝てねーだな、これが」

京太郎「あっはっは、ウケるだろ? 努力なんざ意味をなさねえ。必要なのは一握りの才能、ってな」

京太郎「……住んでる次元がちがうんだよ。俺も、咲も」

京太郎「それを言ってしまうと、この前の巫女さん達もそうだな」

京太郎「本当に強い奴は、何もしなくたって強いんだよ。俺は当然、強くない側な。

京太郎「最初から強い奴には、ちまちました練習なんて必要ない。
    ちょいちょいーって頑張ったらあっという間にトップさ」

咲「……違うよ、京ちゃんだってやれば」

京太郎「それは強者の理論だ、弱者には届かねーよ。ほ武道がいい例だ。
    礼に始まり礼に終われって言葉があるよな?
    礼を重視することで精神的な強さに逃げんだよ」

京太郎「ようはさ、強くないと心の底から笑えねーってことだ」

京太郎「それに、意地ってもんがあるの。野郎には」

咲「そんな、意地だなんて……」

京太郎「まあ、わかんねーよな。きっと、お前だけじゃねえ。巫女さん達も咲達も衣さん達も」

京太郎(恥ずかしくて言えねーけどな。青臭いったらありゃしねーよ)

京太郎(女の影でコソコソと雑用やって頑張ってる咲達の解説しとけってか?
    はっ、そんなもん願い下げだ。んな、野郎は死んでいいだろうが)

京太郎(……勝手なもんだ、俺も)

京太郎(だけど、これが……俺なんだ)

京太郎(みみっちくても、笑われても、屑野郎って言われても)

京太郎)(俺は…………俺だ。弱いままなんて、嫌なんだ。男として、お前達よりも前に出て……は言いすぎか)

京太郎(せめて、横に並び立つぐらいまで距離縮めねーと、みっともなくて歩けやしねぇ
    それも、もう無理かもしれねーけど……)

京太郎(いつまでも、俺のことを気にしてんじゃねぇよ。だから――)

京太郎「ハッキリ言っておくぜ、咲」

京太郎「俺は――」




京太郎「お前とは仲良く出来ない」

京太郎(今の俺に――そんな資格はないんだ、咲)

咲「…………」

咲「いや、だよ」

京太郎「俺のことなんて忘れちまえ。どっかの馬鹿野郎が一人消えるだけなんだからさ」

咲「……やだ」ギュッ

咲「やだ。離れたくない、京ちゃんは」

京太郎「それ以上言うなっ!!!」

京太郎「言わないでくれ……頼むから」

咲「あっ……」

京太郎「しょぼくれた顔してんじゃねーよ……バーカ」

京太郎「最後くらい、笑って別れようぜ?」

咲「そんなのできるわけないじゃん! 京ちゃんのバカっ!」

咲「私、嫌だからね。そんなの!」ダダダッ

京太郎「おい、咲……っ!」

京太郎(……そんなのいや、か)

京太郎(どこでこじれちまったんだろうな、俺達)

京太郎「……」

京太郎「はぁ」

京太郎「性急過ぎたかなあ」

京太郎「逆に意地になってるし……失敗したのか、俺」

京太郎「ぐぬぬ……」

京太郎「……」

小蒔「ぐぅ」

京太郎「どうして、玄関で寝てるんですかねぇ」

京太郎「あーもう、服もはだけてるし……」

京太郎(……ちょっと待てよ、俺)

京太郎(小蒔さんはいつもの服の上だけを着ている状態……! 凄くはだけてはっちゃん状態!)

京太郎(見える……見えるぞ! 下も、上も!)

京太郎(このことから導き出されるのは一つ!)

京太郎(小蒔さんは寝る時、下着を付けない!)パンパカパーン

京太郎「……っ」

京太郎「いやーこのままにしておくのはいけないなー」ボウ

京太郎「どこか落ち着いて寝れる場所に移動させないとー」ボウ

京太郎「そうだ、ここからだと俺の部屋が近いなー」ボウ

京太郎「よーし連れてくぞ~」ボウ

京太郎「…………連れてきたけどどうしよう」アセタラーリ

小蒔「にゅぅ……」

京太郎(落ち着け、落ち着くんだ須賀京太郎。お父様の了解は得ているんだ、やっちまえ!)

京太郎(駄目だ、須賀京太郎! そんな不義理なことは出来ないよ!)

京太郎「ぐおおおおおおおおっ」ゴロンゴロン

小蒔「うるさいです~」ギュッ

京太郎「」

京太郎(だ、だだだだだだだー!)

京太郎(足絡ませてきたーーー! 腕を回してきたーー! 胸が俺の腕にダーーーイブ!)

京太郎(超幸せ、ありがとう! ありがとう! 本当に有難うございます!)

小蒔「きょーたろーさん……ずーっと、いっしょですー」ギュギュウ

京太郎「」チーン

京太郎(幸せすぎて死ぬわ、これ)

京太郎(もうこのまま、小蒔さんと――)

カーナーシミーノー

京太郎「うわああ!!!!!!」

小蒔「ひゃわわわっ!」

京太郎「……って、メールかよ!」バンッ

小蒔「メールだったんですか?」

京太郎「ええ、メールだったんです」

小蒔「そうなんですかー」

京太郎「そうなんですよ~」

小蒔「って、どうして私、京太郎さんの部屋にいるんですか-!」

京太郎「突っ込む所そこなの!? もっと、ありますよね、他にも!」

小蒔「へ? 京太郎さんが近いですね……ちょっと恥ずかしいです」ポヤポヤ

京太郎「え、えー……」

京太郎(抱きついてるとか下着つけてないとかはいいの?)

京太郎「……疲れた」

小蒔「どうかしましたか?」

京太郎「いえ、何でもないです」

小蒔「そうですか。疲れてたらいつでも言ってくださいね」ニッコー

京太郎(いやあ、癒されるなあ……おもちもあってすばらだし)

京太郎(無防備すぎるから目の毒だけど。というか、勢いで押し倒したくなっちゃうんだよ!)

京太郎(このままだったら持たねえぞ、俺!)

小蒔「それでは、京太郎さん。私はここで」

京太郎「ああ、小蒔さんの部屋はそこでしたね」

小蒔「はい。ちょっと寄っていきますか?」

小蒔「……私としては寄っていって欲しいんですけど」ボソッボソボソッ

京太郎(丸聞こえなんだけどなあ)

京太郎(どうしよう、俺の忍耐力持つかなあ?)



【小蒔の部屋】

京太郎「それじゃあ、おじゃましま~す」

小蒔「どうぞ、ごゆるりとお過ごしください」ニコッ

京太郎「しかし、不思議な気分ですね。一回も入ったことなかったんで」

小蒔「そういえば……そうでしたね」

京太郎「ですです。あ、それは……」

小蒔「わー、わーーー!」

京太郎「俺が一番最初にあった時、貸した服じゃないですか」

小蒔「ううっ……バレバレでしたか?」

京太郎「そりゃあまあ。もしかして……まだ使ってたりとか?」

小蒔「……はい」

京太郎「前にも確か言ってましたけど、安物ですよ?」

小蒔「違うんです! そういうのは重要ではありません!」

小蒔「京太郎さんとの初めての思い出なんです、これは」

小蒔「だから、その……大切にしておきたいといいますか」

小蒔「コレを着ていると、暖かくていいなーって」

京太郎「ぷっ、くく」

小蒔「笑わないでくださいよ!」

京太郎「そんなにも大事にしてもらえるなんて思ってもいなかったんで」

小蒔「う~」

京太郎「そんな恨めしそうな目で見ないでくださいよ……。
    というかそんなに強く握りしめなくても取りbませんって」

小蒔「本当ですか?」パアアッ

京太郎「う・そ♪」

小蒔「嘘なんですか!?」

京太郎「冗談ですよ、冗談。というか、そこまで気に入ってるなら上げますよ」

京太郎「俺はここで働いてる金がありますし。小蒔さんにはお世話になってるのも含めて」

小蒔「嬉しいです、ありがとうございます!!」ダキツキー

京太郎「ちょ、いきなり抱きつかうわあっ!」ドテン

小蒔「わっ、大丈夫ですか!」

京太郎「だ、大丈夫ですけど……」

京太郎(おいおい、この構図、俺が小蒔さんに押し倒されてるじゃねーかよ!)

京太郎(押し倒す側じゃないの、俺!?)

京太郎「あわわ……」

小蒔「……その、京太郎さん」

京太郎(ど、どうするの! 俺いっちゃう、行っちゃうの!)

小蒔「……あ、あれー」グニュッ

京太郎「ファ!?」

小蒔「力が抜けて京太郎さんの胸に飛び込んじゃいました、えへへ」

京太郎「あ、ああのですねねね」

小蒔「し、仕方ないですよね。たまたま、下に京太郎さんがいたんですから」フンモッフッ

京太郎「いや、俺どきますんで!」

小蒔「京太郎さんは、私にのしかかられるの……嫌ですか?」

京太郎「嫌じゃないです!」

小蒔「それじゃあ、このままでいいですねっ」

京太郎(よくなーーーーい! 俺の息子が立っちゃうだろおおおおお!)

京太郎(落ち着け、クールになれ……ここで息子を立てたらろくな事にならない!)

京太郎(こういう時こそ、小蒔父さんの裸を思い出す!)

京太郎(ふふふ、こんなに硬くして……僕にしゃぶってほしいのかい?)

京太郎(ああ、止めてください……! そんな乱暴な……!)

京太郎(そうは言ってもここは、正直だぞ?)

京太郎(…………ああっ!)

小蒔「京太郎さん? どうかしましたか? 顔色がちょっと悪いようですが……」

京太郎「な、何でもないですよ。アハハ……」

京太郎(……それで幸せならちょっといいかもって思ってしまった俺がいるぞ! うああああああああああっっ!?)

京太郎(俺は幸せに飢え過ぎなのではないか……うぐぐぐ)

フニョン

小蒔「京太郎さんの身体はあったかいですね……気持ちのいい体温です」

京太郎「だから、くっつきすぎですって!」

小蒔「駄目でしたか……?」

京太郎「いや、駄目じゃないですけど! ほら、一応体裁がありますし!」

小蒔「京太郎さんは私にとっては大切な人ですよ?」

京太郎「そういう事さらっと言わないでくださいよ……勘違いしちゃったらどうするんです?」

小蒔「???」

京太郎「いや、そんなきょとんとされても」

小蒔「大切な人なら大丈夫ですよね。だから、京太郎さんもぎゅーってしてもいいんですよ」ニコッ

京太郎「……え、遠慮しておきます!」

小蒔「そうですか……」シュン

京太郎(ほんと、純粋だなあ。煩悩にまみれた俺とは大違いだ)

小蒔(京太郎さんの方から抱きしめてほしいのになぁ……)

京太郎「全く。そういうことは年頃の野郎に言ったら駄目なんですよ」メッ

小蒔「……京太郎さんは鈍感すぎます」

京太郎「そんなまさか!」

小蒔「知らないなら知らないでいいです」ツーン



小蒔(京太郎さんを見ていると胸の奥がポカポカするんです)

小蒔(彼が私に差し伸べてくれた手の暖かさが、私には何よりも嬉しくて)

小蒔(……これが、恋なのでしょうか?)

小蒔(もっと。もっと、貴方と触れ合っていたい)

小蒔(私は……京太郎さんのことが、好きなのかもしれません)

【廊下】

京太郎「……ふぅ、朝から大変な目にあったぜ」

霞「あら、何のことかしら?」ヒョイッ

京太郎「うわああっ!?」

霞「どうしたの、そんなに驚いて?」

京太郎「後ろから声をかけられたら驚きもしますって……」

霞「そんなものかしらね……あ、それよりも京君」

京太郎「はい、何でしょう?」

霞「弘世菫さんを口説きにいって来なさい」

京太郎「は? え、えっ、は?」

霞「言葉の通りよ、白糸台の弘世菫さんを口説くのが今日の仕事よ」

京太郎「そんな仕事があるんですかねぇ……」

霞「知らないわよ! 私だって納得してないわ! 突然、私もそう伝えるようにって言われただけだから!」

霞「これ以上、京君を狙う人が増えたらどうするのよ……」ブツブツ

京太郎「え、えーっと……」

霞「いい、京君! 必要以上に口説くのはやめるのよ!」

霞「適当で! できる限り適当でお願いね!」

京太郎「それは逆に失礼な気が……」

霞「……」プルプル

京太郎「だ、大丈夫ですって! きっと見向きもされませんって!」

京太郎「弘世さんが俺に好意を抱くなんてそりゃあり得ませんよ!」

京太郎「だから、安心して待っていてください」ニコッ

霞「わ、わかったわ……」

京太郎「何なら賭けてもいいですよ。もし、弘世さんがちょっとでも靡いたら高台まで全裸で走ります!」

霞「期待してるわよ?」

京太郎「任せてください!」






京太郎(というわけで口説くことになったんだけど)

京太郎(照さんに見られるのはまずい。何だか知らないけどまずい)

京太郎(まあ、やるからにはそれなりにやらないとなぁ……)

京太郎(適当にナンパってのは失礼だし)

京太郎(弘世さん綺麗だったしこういうのには慣れてるだろ!)

京太郎(余裕余裕、断られることがわかってる勝負だし気軽に行くかー)

京太郎(高台まで全裸で走るのは嫌だしな!)

京太郎「……チャンスは照さん達と離れた時」

京太郎(バレたら、死……! コークスクリューブローで俺は死ぬ!)

菫「……全く、照達には困ったものだ」

菫「真面目に練習をしないでお菓子ばかり食べて……」ブツブツ

京太郎(チャンス……! 今こそ、俺は! ナンパの鬼になる!)

京太郎「うわったああ!」ドテッ

菫「ん? 確か、君は……」

京太郎「ああ、これはお見苦しい所をお見せしました」

菫「いや、別にそこまでは思っていない……」

京太郎「そうそう。この前は自己紹介も出来ずに申し訳ありません。
    私、須賀京太郎と申します。弘世菫さんでしたか?」

菫「そ、そうだが……」

京太郎「それはよかった。女性の名前を間違えるなど紳士の風上にも置けませんので。
    加えて、貴方のような麗しき方の名を間違えるなど言語道断」

京太郎(よし、この胡散臭い口説き方……! さすがに怪しむだろう!)

京太郎「貴方を一目見た瞬間、私の心はシャープにシュートされました。
    ははは、言い過ぎとは思わないでくださいね? 
    弘世さんほど素敵な人にあったことありません故にこのような言葉を使ってしまうのです」

京太郎(これは嫌われる! こんな軽い言葉、ナンパ慣れの弘世さんなら華麗にスルー!
    高台まで全裸は回避いいいいいい!)

京太郎「その艶やかな黒髪、キリッとした目が素敵です。
    麗しきお姫様。願うことならば、貴方を私の色に染め上げたいくらいに」

京太郎(どうだ、これで! 完璧過ぎて笑いが止まらないぜ!)

菫「……そ、そのだな。と、突然そんなことを言われても困る」カアアッ

菫「私が綺麗とか、お姫様とか……だな。そこまで言われる程、じゃないんだ」プルプル

菫「……こんな言葉、今までかけられたことなかったから……う、嬉しいことは嬉しいんだ」

菫「周りの者は皆、私のことを怖がってるから……」カアアアアッ

京太郎(あるぇー? 何だか、おかしな展開だぞ?)

京太郎(や、ヤバい……凄くヤバいぞ……! この人、ナンパ慣れ全然してねえ!)

京太郎(このままだと、高台まで全裸で疾走するはめに!)

京太郎(起死回生の一手を!)

京太郎(……ど、どうにかして嫌われないと!)

京太郎(本当は、使いたくなかったけど……やるしかない)

京太郎(まさか、俺の初めてがこんな形で消えるなんて)

京太郎(グッバイファーストキス。フォーエバーマイ・ピュア・ハーーーーートッ!)

京太郎「お姫様、少々の失礼を」クイッ

菫「あ……ん……」

京太郎「……っ」

京太郎(弘世さんの唇やわらけー……あ、これはヤバいね)

菫「…ぁ……ぅ……っ」

京太郎「…………ふぅ」

菫「え、えっと……」

京太郎「誓いましょう」

菫「あっ……」

京太郎「お姫様に、永久の愛を。願わくば、この身を愛に焦がさせてください」

菫「」ボンッボンッボンッ

京太郎(弘世さんの顔がすげー真っ赤だ……か、可愛いなあ)

京太郎(でも! これだけやれば! 嫌うはず!)

京太郎(グッバイ全裸!)

菫「は、はい……こ、こちらこそ」コクン

京太郎(あ、あるぇーーーーーーーーーーー!!!!)

菫「その、私みたいな無愛想な女でよければ……」

京太郎(アウトアウトオオオオオオオ!!)

京太郎(おかしい……まさかこんなことになるなんて!)

京太郎(う、初すぎるぞ……!)

菫「こ、こ。これから、よろしく。きょ、京太郎っ」

京太郎「あ、はい……」

京太郎(ひええええええええええ!!!!)

京太郎(だ、誰か助けてくれええええええええ!)

咲「……京ちゃん?」

咲「なに、やってるの?」

京太郎「咲か……」

菫「えっと、何だ。京太郎の知り合いか?」

京太郎「ええ。ちょっとした腐れ縁というやつです」

菫「そうか……よかった」

京太郎「何がです?」

菫「その、だな……ほ、他にも……」

菫「彼女がいるんじゃないかって心配で……」ゴニョゴニョ

京太郎「???」

菫「……~~~~~~っ! そ、そんな目で見るな!」ポコポコ

京太郎「いたっ! 痛いです、菫さん!」

咲「……」イライラ

京太郎「えっと、だな。この人は――」

京太郎「俺の彼女だ!!!!」

咲「……嘘、じゃないよね」

京太郎「本気だ。マジのマジだ」ギュッ

菫「ちょ、や……」

京太郎「お姫様の為の王子様ってやつかな。会った時間? 関係ないね、俺は――!」

京太郎「弘世菫を愛している!」

京太郎(可愛いし、綺麗だし。面倒見が良くて甘えられるというか)

京太郎(ともかく! 男京太郎! 自分のやったことに責任は持つ!)

咲「そうなんだ……」

咲(京ちゃんの横に立つのは、私じゃないんだね)

京太郎「咲。信じてくれるか?」

咲「……そこまでいわれたら、信じるしかないよ」

菫「えっと、だな……」

咲「変に気を使わないでください……! 大丈夫ですから!」

咲「京ちゃん……」

京太郎「……なんだ」

咲「幸せに、なってね」ダッ

菫「……いいのか」

京太郎「いいんです。今、一番見るべき人は菫さんなんで」ギュッ

菫「ぁっ」

京太郎「ありふれた言葉かもしれないっすけど。俺、菫さんのことを幸せにしますから」

京太郎「一目惚れみたいなもんで申し訳ないんですけどね」タハハ

菫「そんなことないぞ! わ、私も……嬉しかったし」カアア

京太郎「……菫さん」

菫「何だ?」

京太郎「もう一度、キスしていいですか」

菫「……そういうことを聞くな。馬鹿」

京太郎「……っ」

菫「…………」

京太郎「少しでも、貴方の本当をわかってやれる男でいられるよう、俺頑張りますから」

菫「ああ。だったら、私も京太郎のことこれから、理解していくようにするよ」

京太郎「会って数分だっていうのに、なんつーか……」

菫「そ、それを言うなっ! 全く……私がこうも惚れっぽいとは……照になんて言われるやら」

京太郎「あはは……まあ、照さんなら大丈夫でしょう」

菫「だといいんだが……」

京太郎「しかし、長野と東京か……頑張って東京の大学にいけるようにしないとな」

菫「……勉学には自信がないのか?」ジトー

京太郎「恥ずかしながら……」

菫「なら。私が教えてやる。長期休暇の時はそっちに行けばいい。
  どのみち、私は今年で引退だ。冬はお前の所にいけるさ」

京太郎「大丈夫なんですか? 菫さんも」

菫「いいんだ。少しでも、京太郎と一緒にいたい……それに、もっとお前のことを知りたい」

京太郎「……はい」

菫「こんな惚れっぽい女だけど……お前はいいの……んっ」

京太郎「……そういうことを言う口は塞がないと、ですよね?」

菫「~~~~~~~!」

京太郎「愛しています、お姫様……なんてね」




【HAPPY END !】

その後、婆ちゃんの体調が良くなって。俺も長野に戻ることになった。

だけど、清澄にはもう戻れる気がしない。あんなことがあったらなぁ……。

親にも相談した結果、俺は――。

「お久しぶりです……菫さん」

「ああ、よくきたな」

なぜか、東京に転校することになっていた。

男京太郎、単身の上京だ。

家は適当な安い所、学校はその……白糸台である。

菫さんの熱心な教育と、俺自身の努力の結果、編入試験に何とか合格したのだ。

「しかし、お前は本当に出来が悪かった。教える側としては大変だったんだぞ?」

「はは……勉強は苦手でして」

いやマジで。勉強はしばらくやりたくない。

そういえば、小蒔さん達から手紙が来たな。

「京太郎さん、げんきでいますか?
母のお仕事を手つだったりしていると、
やけに時間がたつのが早く思えます。
くるしいこともあるけど、
たいせつな思い出をかてに、なんとか
すごしています。
ケガや病気に気をつけて、幸せ
になれるよう、がんばってください。
きっと、いつの日か、またあなたと
であえる日をしんじて。
たくさんのことをありがとうございます、
菫さんとお幸せに。
けど、少しでいいので私達のことを思い出して欲しいなって……。
て、京太郎さんは忘れてたりしませんよね? では、また手紙を出します。」

うーん、小蒔さん達も頑張ってるんだな。

やっぱり……サボってばかりじゃいられないなあ。

「それじゃあ、行くか。お前の家に」

「ええ。エスコートさせて頂きます。お姫様」

「……この、馬鹿」

俺は今――すっごく幸せだ。



【HAPPYEND!(ただし、鹿児島の巫女さん除く)】