ゲームオーバーにより「良子さんと船に乗った最初の場面」よりコンテニューされました


京太郎「――はっ!」

良子「ど、どうしたんだ。顔色が悪いようだが」オロオロ

京太郎「だ、大丈夫ですよ。ちょっとめまいがしただけで」

京太郎(何だろう、この船……すごい嫌な予感がするぞ)

京太郎(まるで。実際に事件が起きたような)

良子「とりあえず、開演にはまだ時間がある」

京太郎「うーん、どうしよう」

京太郎「あれは……高遠遙一!と思ったらスーパー弁護士!」

北岡「何だい、俺をそんなに見つめて?生憎と男色の気はないんだよね」

京太郎(うわぁ、なんだこの人。すっげーナルシストみたいだぞ)

北岡「それよりも、横にいるお嬢さん。よかったら一緒にご歓談でもいかがです?」

良子「ノーセンキューです」ギュッ

京太郎「ちょ、どうして手を握ってるんですか」

良子「シャラップ」

京太郎「それって、ロシア語!?」

良子「英語に決まってるだろ……」

北岡「頭が痛くなる会話だね」

良子「ともかく。エスコート役は間に合ってるんで」

北岡「はぁ、つれないお嬢さんだなあ。それじゃあその子、彼氏ってわけ?」

良子「な。ななななな」ボンッ

京太郎「ちょ、どうしたんですか!」

北岡「どうなのさ。コブ付きじゃないなら俺にもチャンスがある訳だし」

良子「か、彼氏です!ええ、それは寸分の狂いなく彼氏です!」

京太郎「え、ええええええええええええええええ!?」

北岡「おいおい、この子びっくりしてるけど本当なの?」ニヤニヤ

京太郎「ちょ、りょ」

良子「お前は黙ってろっ!」

北岡「いや、それならいいんだけどさぁ。本当なのか証明がほしいわけよ」

良子「証明なんてある……手をつないでるし」

北岡「それぐらい、友達とだってやるでしょう」

京太郎(否定はできない)

良子「か、彼氏だから」

北岡「え~」

京太郎「無理がありますって」

良子「無理じゃない、やればできる!」

北岡「やれば、子供がうまれるよね。うわー、大胆だね。こんな所でやるのかい?」

京太郎「アンタ、それ以上煽るなよ!?つーかやんねーよ!」

京太郎「つーか、めんどくさい人だな!」

北岡「おいおい、それは言い過ぎってものよ」

京太郎「だったら、煽らないで下さいよ。この人乗せられやすいですから」

北岡「君も大変だねぇ」

良子「何を話してるんだ、全く!」

北岡「それじゃあ、彼氏さん」

京太郎「彼氏じゃないですって」

良子「彼氏だから!彼氏だから……」ギュッ

京太郎「ちょ、強く握りすぎですって!というか何で涙目なんですか!」

良子「うるさい、京太郎が悪いんだっ」

京太郎「いつもの外面クールは何処に行ったんですか」

北岡「キスぐらいしてやればいいじゃない。減るもんじゃないし」

京太郎「減りますよ!」

良子「……」グスン

北岡「キスしてみたら?それがきっかけでゴールインできるかもよ?」

京太郎「しませんって!」

良子「……京太郎」

京太郎「どうかしましたか・」

良子「私とじゃ、嫌なのか?」

京太郎「えっ」

良子「私とはしたくないのか?」

京太郎「ちょ、良子さん?」

良子「そんなに魅力がないか、私は……」

京太郎「ちょ、これはどういうことですか!?」

北岡「知らないよ、王子様らしくキスでもすればいいじゃない」

京太郎「え、えー」

良子「京太郎、答えてくれ」

京太郎「嫌じゃないですよ!」

良子「本当か」パアア

京太郎「嘘はつきませんよ、俺は」

京太郎(それが嘘だけど)

良子「よかった……」

北岡「あーあー、お熱いことで。俺は退散させてもらうよ」

京太郎「結局、何しに絡んできたんですか」

北岡「ん~、からかったら面白そうだってこと。それと一つ忠告をね」

北岡「……やっぱりいいや。それじゃあ、邪魔したね」タッタッタ

京太郎「……ろくな人じゃないなぁ」

良子「よかったぁ」

京太郎「良子さんはまだ現実に戻らないしどうしたもんかなぁ」



京太郎「さてと、後少し時間があるけどどうします?」

良子「……なぁ、京太郎」

京太郎「どうしました?」

良子「あ、あのな。すっげーどうでもいいことなんだけどさ」

良子「あの時、キス……してくれてたら――」ボソボソッ

京太郎「ちょっと聞こえませんってば」

良子「な、何でもない!」

京太郎「変な良子さんだなあ」

良子「とりあえず、船を探索しようか」

京太郎「まあ、暇つぶしになりそうですし」

良子「それにしても、この船には嫌な空気が漂っているな」

京太郎「さすが傭兵イタコですね」

良子「ノーウエイノーウエイ、あり得ないから」

京太郎「あはは……」

良子「どうかしたのか?」

京太郎「いや、何か光ってるものがあったような……」

良子「そんなものはないですねー」

京太郎「おっかしいなあ、カードの束みたいなのがあったと思ったのに」

良子「疲れてるんじゃないか?たるんでるんですよ、京太郎は」

京太郎「割と鍛えてるんですけどねぇ……」

良子「鍛えてる人は自分で鍛えてるなんていわ……うわっ」ズッテーン

京太郎「ちょ、引っ張らなおわっ!」ドッテーン

良子「いったた……大丈夫か?」

京太郎「お、俺は大丈夫です……」

良子「そ、そうか……」

京太郎「どうかしましたか?」

良子「その、だな……態勢が……」

京太郎「ん。ああ、乗っかってましたかすいません」

良子「い、嫌な訳じゃなくて!京太郎なら……って私は何を言ってるんです!?」

京太郎「……」

良子「……」

京太郎「……えっと」

良子「な、何だ?」

京太郎「ど、どきますね」

良子「なっ!?こ、ここまで迫っておいて!」

京太郎「まあ、確かに(たまたま)押し倒しちゃいましたけど」

良子「こ、こんな所ではダメだ、ダメなんだぞ!」

良子「まずはお友達から始めないといけないんですよ!」

京太郎「どうしたんですか?敬語とタメ口が混ざって変なことになってますよ?」

良子「だって……京太郎が人目を憚らず押し倒すから……」

京太郎「それは良子さんが悪いんですよ(俺を巻き込んだ的な意味で)」

良子「ええっ!そ、そんなに欲求不満だったのか!?」

京太郎「どうしてそうなるんですか!!」

京太郎(ヤバい、良子さん気が動転して変になっている……!)

京太郎(唯でさえ街中で処女宣言する人だ、ここで選択肢を間違えたら……どんなことになるのやら)



リーンゴーン

良子「京太郎、似合ってるかな?」

京太郎「ああ、そのウエディングドレスが絶妙に良子さんと合っていて……綺麗です」

良子「ふふっ……ありがとう」テレッ

京太郎「良子さん、俺……」

良子「あの時、京太郎が私を」

京太郎「わーわー!その話はストップです!当時は若かったんですから!」

良子「いーやだっ」

京太郎「……ホント、かないませんよ」



京太郎(結婚!?この年で!?いやいやいやいや、学生結婚する気ねーから!!!)

京太郎(ヤバい、良子さん、ヤバい)

京太郎(このままだったら幸せな結婚をして終了になっちまう!)

京太郎(どうにか乗り切るぞ!!)

京太郎(いや、そこまで良子さんも馬鹿ではないはずだ)

京太郎(ここはあえてプロポーズ的な言葉を冗談っぽく言ってみればいいんじゃねェか!)

京太郎(そうと決まれば……!)

京太郎「良子さん」

良子「は、はいっ!」

京太郎「すいません、押し倒しなんてしたりして……ですが、仕方がなかったんです」

京太郎「良子さんのことが気になって仕方なかったんです(心配的な意味で」

良子「そ、そんな……!」

京太郎「ふと思い浮かべると良子さんが出てきて……(処女宣言的な意味で」

良子「そ、そこまで私は京太郎を追い詰めていたのか……」

京太郎「だから、すいません。でも、この気持ちは本物ですから!(行き遅れを心配する的な意味で」

良子「……京太郎は、私でいいの?」

京太郎「ええ、良子さんが幸せをつかむまでは逃げませんよ(心配ry」

良子「私で良ければ……お願いします」

京太郎「……はい!」

良子「まさか、年下に告白されるなんて……でも、京太郎はハルの想い人で……。
これって、略奪愛?うあああああああっっ!!!」

京太郎「ど、どうしたんですか……」

良子「さ、さっきのやつやっぱりなし!保留だ、保留!」

京太郎「は、はい。俺は別にいいんですけど」

良子「そうしよう!それがお互いの為だ!」

良子「ハルに黙って京太郎と付き合うなんて不義理だし」ボソッ

京太郎(な、何だかよくわからないけどややこしくしちゃった?)

京太郎(何か、良子さんがそわそわしてるけど気のせいだよな)

良子「……♪」

京太郎(何故か、すっげー機嫌が良いし)

京太郎「怖い……」

良子「どうかしたか?」

京太郎「いえ、何でもないです。それよりも、リサイタルの開始時刻が近いですね」

良子「そうだな、それじゃあ逝くとしようか」

京太郎「はい」

京太郎(何だか、嫌な予感がするんだよ……)

ギギギ

京太郎「……!?」

京太郎(今、鏡に何か!ば、化物が映っていなかったか!?)

京太郎「き、気のせいだよな、うん!」

良子「ほら、独り言を喋ってる暇があったら早く逝くぞっ」ギュッ

京太郎(……何でだろう。良子さんの背中を見てたら。もし、ここで手を離したら――)

京太郎(もう、会えない気がしてしまったなんて)



【客船・廊下】

京太郎「時間が経つのって速いですねー」

良子「そうだな、何だかんだで開演時間だ」

京太郎「さっさと席を捜して座りましょう」

良子「それには異存はないけど……」

京太郎「どうかしましたか?」

良子「いつまでこの手を握っているつもりだ?」

京太郎「嫌ですか?」

良子「嫌じゃないけど……まだ、彼氏彼女でもないのに」ボソッ

良子「こ、こういうのはもっと節度を持ってだな」

京太郎「大丈夫ですよ、良子さんの手……柔らかくて握り心地がいいんで飽きません」

良子「そういうことを言ってるんじゃない!」

良子「その、恥ずかしくて……」

京太郎(あれは……脱獄囚の浅倉威!どうしてこんな所に!)

浅倉「……おい」

京太郎「は、はい!」

浅倉「この船に北岡秀一って野郎がいなかったか?」

京太郎(あの胡散臭い弁護士かーーーーーー!!!!)

京太郎(ど、どうしよう!ここで北岡さんを売るべきか?)

京太郎(ぶっちゃけ、あの人にはいい思い出もないしなぁ)

良子「きょ、京太郎……」

京太郎(良子さんをこれ以上怖がらせるわけにもいかないし)

京太郎「船の外に行きましたよ」

浅倉「そうか……あの野郎」ダッダッダッ

京太郎(と、とっさに嘘をついたけど大丈夫だよな?)

北岡「助かったよ、もう~」

京太郎「って、アンタどこから出てきたんですか」

北岡「隠れていたんだよ、あのストーカーから」

北岡「それよりも、礼を言うよ。いや、助かった」

京太郎「まあ、あんな脱獄犯と一緒の船は嫌ですし」

北岡「全くだよ……俺の優雅な休日が台無しになっちゃうじゃないか」

京太郎(やっぱり、正直に言った方がよかったかな)

北岡「ともかく。助けてもらったわけだし。一つ忠告というかアドバイス」

京太郎「はい?」

北岡「巫女服の女の子には近づかない方がいいよ」

北岡「あの娘、ヤバいから」

京太郎「えっ!それってどういう」

北岡「とりあえず、俺は言ったからね。それじゃ、リサイタルを楽しもうじゃないか」

京太郎「……」

京太郎(巫女服の女の子……?)

京太郎「巫女服の女の子……?」

良子「もしかして、ハル達がここに?」

京太郎「それだったら……まずいんじゃないんですか?」

京太郎「胡散臭い北岡さんのいうことを聞くのは、ちょっと引っかかりますけど」

北岡「ちょっと」

良子「とりあえず、捜してみるか」

初美「誰を捜すんですかー」

京太郎「巫女服の女の子ですよ、ちょっとやばいらしいんです」

巴「どんな風に?」

北岡「とりあえず、ヤバいってこと。近寄りたくないねー」

初美「怖いですよー!」

巴「私達以外で巫女服なんていたかしら?」

京太郎「そうですね、巴さん達以外は……」

良子「いない……」

北岡「はずだよね……」

初美「???」

巴「???」

京太郎「げぇっ!!!!!」

北岡「どうして、いきなり遭遇するかなあ」

京太郎「ちょ、待って下さい。まさか……」

北岡「この娘達だよ……」

良子「むぅ……」

初美「何かあったんですかー」

巴「それよりも、もうすぐ始まってしまいますよ?」

京太郎「ああ、こっちの話です、こっちの」

北岡「それじゃあ、俺はこれで」

京太郎「ちょっと、待った」

北岡「何?吾郎ちゃんが待ってるから早く行かないと」

京太郎「行かせません。ここまで来たら一蓮托生です」

北岡「俺、関係ないよねぇ!?」

京太郎「浅倉をここに呼んできてもいいんですよ?」

北岡「ぐぬぬ……」

京太郎「ということで、ボディガード役をお願いします」

初美「よくわかりませんけど、どういうことなんですかー」

京太郎「はっちゃんは俺がずっと一緒にいるってことですよ」ニッコリ

初美「え、えっ!!」

初美「そ、そんな!いきなり告白なんて早すぎるのですよー」

初美「でもでもー!ちょっとだけですよ?ちょっとだけ、嬉しかったり?」

初美「えへへ……悪い気はしませんよー」

京太郎「何を言ってるんですか、はっちゃんが危ない目にあったらどうするんです?」

初美「大丈夫ですよー、私は強いですからー」

京太郎「強くても、女の子じゃないですか」

初美「そ、そういうことを言うのは禁止ですよっ!」

京太郎「いや、だって」

初美「だっても、いやもありませんー!どっちかというと京太郎の方が心配なのですよー」

京太郎「俺のことはいいんです。それよりも、はっちゃんが無茶したら嫌なんです」

初美「むむむ」

京太郎「可愛い女の子なんですから」

初美「……そ、そそそいうことをさらっと言わないで下さい!」

京太郎「本当のことじゃないですか」

初美「だーかーらー!」

京太郎「はっちゃんかわいい」

初美「ううっ」

京太郎「はっちゃん痴女可愛い」

初美「ううううううっ……ってちょっと待って下さい、今余計なのが」

京太郎「はっちゃんは可愛いなあ!」ナデナデ

初美「撫でただけでごまかせると思わ……えへへ」

京太郎(ちょろっ!)

初美「しょ、しょうがないですねー、京太郎は。ここは年上の余裕を見せますよ、存分に撫でて下さい!」

京太郎「自分が撫でられたいだけじゃないですか、それ……」

初美「違いますー、そんなことありませんー」

京太郎「という訳で」ニギッ

初美「ふぇっ!」

良子「……!」

京太郎「とりあえず、手をつなぎましょうか」

初美「な、何でですかー!」

京太郎「繋ぎたいから、じゃダメですか」

初美「ダメですよー!私はそんなに軽くはありませんよー!」

京太郎「ぎゅっぎゅっぎゅー」

初美「うきゃあああああ!誰が強く握れって言ったんですか!」

京太郎「俺」

初美「頭、おかしいんじゃないですかー!」

京太郎「いやいや、そんなことはないですよ?」

初美「疑問形!?」

良子「……」イライラ

北岡「な、何か嫌な空気じゃない?」

巴「……そーですねー」イライラ

北岡「ちょ、ちょっとどうすんのよ、これ」

良子(まさか、あんな小さな娘に寝取られるなんて!)

良子(ひどいですよ、これ!こんなに早く捨てられるのは!)

巴(なーんか、いい気分はしませんねー……)

巴(いつもは私を頼ってくるくせに)

巴(私のことを女として見てないんですよ、きょーちんは)

北岡「何が気に食わないのかな?」

巴良子「「ぜんぶ!」」

キャッハウフフ

京太郎(何か、後ろが騒がしいけど気のせいだよな)

初美「……こんな辱めにあうなんて」

京太郎「手をニギニギしただけじゃないですか」





【長野某所】

桃子(……ふぁ)

桃子「眠いっすねぇ……」

桃子(ちょー眠いっす。ずっと、布団にくるまっていたいぐらいに)

桃子(朝なんてなくなればいいっすよ。学校に行ってもつまらないし)

桃子(もっと他の人と話せって言われてるけど無理なものは無理っすよ)

桃子(どうせ見えないし……最初から見えてたのは『』だけだったし)

桃子「……あ、あれ?」

桃子(おかしいっすねぇ、何か忘れてるような)

桃子(誰の、名前だった?その人は私にとって大切な――)

桃子(とりあえず、携帯でもチェックしますか。どうせ、メールなんて先輩達以外はないでしょうけどー)

桃子(んー。今日も誰も……あれ、このメールは)

桃子(すが、きょうたろう?だれっすかねぇ)

桃子「すが、すが……すがきょうたろう?だ、れ……?)

『モモには手を出すな――』

『俺と友達になろう』

桃子「あ、あっ、ああっ……」

桃子「何で、忘れてたの?京太郎のこと……!」

桃子「大切な、大切なものなのに!私の宝物なのにっ!」

桃子「嫌、嫌ぁ!嫌っすよ!忘れるなんて!」ガシガシ

桃子「怖い、怖い……!繋がりだけじゃなくて、記憶も消えちゃうんすか?」

桃子「思い出せない、思い出せないっすよ……京太郎!」

桃子(どんな顔だったか、どんな声だったか、どんな出会いだったか)

桃子(全部、消えちゃうよぉ……持ってかないでよぉ!)

桃子(助けて、京……た、ろう?)

桃子(きょうたろう、ってだれ?だれ?大切だったっけ?)

桃子(……あ、ぁ。また、忘れてた)

桃子(きょうた、ろう……きょうたろう。きょ、う、た……ろう?)






京太郎「はい、反省していまーす」

巴「全然反省の色が見られないのは気のせいでしょうか?」ホッペツネーリ

京太郎「いたっ、痛いです巴さんっ」

良子「自業自得ですよ、私というものがありながら」

京太郎「そ、そんなぁ……」

初美「えへへー」ツヤツヤ

良子「見なさい、このとろけ切った顔。うらやま……ふん。なんて、ひどいことを」

京太郎「ただ、撫でてただけなんですけどねぇ」

北岡「……もうさっさとミラーモンスター倒しちゃえばいいかなぁ」

北岡(そうしたらこいつらと別れられるし)

北岡「はぁ、頑張るか……」

京太郎「ん、どうしたんですか?」

北岡「いや、原因を解決しようかなぁって。俺も早く不安の種取り除きたいし」

北岡「あ、勘違いするなよ。お前たちの為にやるんじゃないからね!」

北岡「たまたまだよ、ちょっと気が向いて俺の利益になりうるからやるだけで」

北岡「それじゃあ!余計な真似はするなよ!ほら、さっさとリサイタル会場に行きなよ!」ダッダッダッ

京太郎「何だったんだ……?ま、まあ解決してくれるならいいのかな?」

巴「?どうしたんです」

京太郎「いや、北岡さんが頑張るって」

巴「へぇ……」

初美「京太郎-!」

京太郎「わわっ、後ろから抱きつかないで下さい!」

良子「ちょ!それは私の!」

京太郎「私の?」

良子「何でもない!」


京太郎「リサイタルですよ!」

初美「わーい!」

良子「ちょっと待て」

巴「というか、おかしいですよ!」

初美「何がですかー?」

良子「自分の席に戻るんだ!京太郎の膝の上に座るんじゃない!」

初美「えー」

京太郎「はっちゃんは尻をスリスリしないで下さい。後、暑苦しいです」

京太郎(ロリコンじゃなくてよかった……!ロリコンだったら絶頂射精だぜ!)

巴「はいはい、はっちゃんは元の席に戻ろうねー」

初美「いやですー!皆一緒に聞くんですー!」

巴「わがまま言うんじゃありません」

初美「ううっ……」ズルズル

良子「やっと、行ったか……」

京太郎「嵐みたいでしたね」




京太郎「うーん、美しい旋律でしたね」

良子「そうだな……」

京太郎「どうかしましたか?」

良子「いや、あのアイズとかいう少年がこっちを見てたような……」

京太郎「気のせいじゃないですか」

良子「そうだよな……錯覚だろう」

京太郎「そうに決まってますよ」

初美「京太郎-!」ダキッ

京太郎「うわあっ!飛びかからないで下さいよ!」

初美「フフーフ!」

京太郎「いやそんなどっかの武器商人みたいな笑い方をされても」

初美「まあまあ、こまかいことはいいっこなしですよー」

京太郎「全く、年下にしか見えないっすよ、そんなんじゃ」

初美「それは困りますね、私はお姉さんですから」

良子「……」イラライライラ

良子(何だ、何だ何だ何だ!やっぱり京太郎は小さい方がいいのか!)

良子(そりゃあ、私は京太郎よりはオールドウーマンだ!もう高校も卒業してる!)

良子(でも、まだ若いって言い張れるぐらいの年齢ではあるはずだ!)

良子(……やっぱり、小さい方が優しくしてくれるのか?)ジワッ

巴「あー、やっぱり」

京太郎「わ、巴さん」

巴「もう叱る気もなくなりましたよー」

京太郎「すいませんすいません」

巴「まあ、いいんじゃないでしょうか?ただこのことが家に残ってる三人に聞かれたらやばそうですけどね」

京太郎「ええっ!」

巴「はぁ、口止めしておきますよ。きょーちんはほったらかしにしてたら刺されて死にそうですし」

京太郎「そんなバカな」

巴「ありえるから言ってるんです。まあ、少しは自重してくださいね?」

巴(まあ、少しはモヤモヤしますけど……きょーちんですし)

巴「それよりも、リサイタルは終わりましたよ?」

京太郎「ですねー」

良子「ちょ、いつまで京太郎の背中に乗ってるんだ!」

初美「いつまでもですよー」

京太郎「すごく……重いです」

初美「女の子に重いは失礼ですよー!」

京太郎「とは言っても……」

初美「京太郎は帰るまでこのままー!」

京太郎「恥ずかしすぎるんで止めて下さい!」

良子「ええい!私のことを忘れるな!ドントフォーゲーット!」

巴「どうするんですか、この状況……」




京太郎「という訳で出ましょうか」

良子「そうだな……」

初美「うりゃーーー!」

巴「いつまで乗っかかってるんですか、はっちゃんは……」

初美「そりゃあもう――死ぬまで、ですかねー」

京太郎「それだったら、俺はずっとこのままじゃないですか!」

初美「えへへー」

巴「うーん、まとめ役が私しかいないのは大変ですね……」

良子「ナチュラルに私がハブられてる!?」

京太郎(町中で処女発言する人はまともじゃないと思う)

初美「ねー、京太郎ー」

京太郎「どうかしました?」

初美「この後、時間ありますかー」

京太郎「突然、どうしたんですか?」

初美「な・い・しょ!ですよー!」


京太郎「良子さんとデートです」

初美「そうですかー……それなら仕方ないですね」ヒョイット

京太郎「えーっと、はっちゃん?」

初美「それじゃ、デートが終わった後――近くの高台まで来て下さい」ボソッ

京太郎「……?」

初美「巴ー、帰りましょうかー」

巴「はいはい。それじゃ、きょーちん。残りのデート、楽しみなさいよ?」タッタッタ

京太郎「何だったんだ……?」

良子「でででででででで、デーーーート!」プシュー

京太郎「こっちはこっちで真っ赤だし……」

京太郎(疲れるなぁ……)



【夜道】

京太郎「落ち着きました?」

良子「う、うん」

京太郎「とりあえず、良子さんはもっと落ち着くべきです」

良子「仕方ない。すっげーびっくりするのは、やめられないとまらない」

京太郎「かっぱえびせんですか」

良子「あれ、美味いよね。私はよく食べるよ」

京太郎「色々な味が出ますけど、最終的にはノーマルに落ち着くんですよね」

良子「そうだね……」

京太郎「…………」

良子「ね、京太郎」

京太郎「なんです?」

良子「君はさ……遠くに行かないよね?」

京太郎「突然、どうしたんですか」

良子「何だかね。さっき、初美と話していた時……京太郎が遠くに行っちゃうって錯覚がしてね」

良子「だから、聞いてみたくなった。それだけ」

京太郎「……」

京太郎「いつまでも、ここにはいませんよ」

京太郎「俺は……今まで逃げていたものとケリ、つけなくちゃいけないですし」

京太郎「その結果、俺がどうなろうとも……」

京太郎「スジは通す。それに、何人か『お礼』をしなくちゃいけない奴等がいるんで」

京太郎「だから――今の環境は続かない」

京太郎「夢は覚めるんすよ。幸せであろうとも、不幸であろうとも」

京太郎「本来は、俺はココにいてはいけないっすからね」

良子「そんなことは、ない」

京太郎「あるんですよ、そんなこと」

京太郎「だから、いつかはお別れです」

良子「……っ!夢なんて覚めなくてもいいだろ!」

良子「ずっと、ずっと!幸せに浸っていればお前は救われるだろう!」

京太郎「どうしたんです、突然……」

良子「…………清澄高校だったな、京太郎が通っているのは」







「やっと、見つけたよ。京ちゃん」





咲「その先は言わなくていいですよ」

良子「お前は……?」

京太郎「…………どうして」

咲「嫌だなぁ、京ちゃんが言ってたんじゃない。鹿児島に転校するって。
だから、追いかけてきちゃった♪」

咲「心配したよ、すっごく。すっっっっごく」

京太郎「……お前が」

咲「久しぶりの京ちゃん~。ふふっ、変わらないね」

京太郎「ここにいるっ!咲ッ!」

咲「何度も言わせないでよ、もう。お・い・か・け・て!来たんだよっ!」プックリ

京太郎「んな訳、な」

咲「あるんだよ、京ちゃん♪」

咲「そうだよねっ、京ちゃんが心配で心配でね。皆で来たんだよ」



「須賀君……会いたかったです」

「来たじぇ……京太郎」

「まさか、こんな所で再会するなんてね」




京太郎「…………」

良子「京太郎……?」

京太郎「すいません、行ってください」

良子「でも……!」

京太郎「早くッッッ!」

良子「っ」ビクン

咲「あれれ、どうしたの?まるで、私達が敵みたいな反応だよ」

京太郎「……黙れ」

良子「……一体、何があったの?」

京太郎「言えません。とりあえず、行ってください。できるだけ、遠くへ」

良子「……わ、わかった」タッタッタッ

京太郎「……久しぶり、とでも言えばいいんですかね」

咲「そうだね。それよりも、敬語やめてよ」

京太郎「どの口が言いやがる……」ギリッ

咲「まあまあ、落ち着いてよ。ね?」

京太郎「……っ!」

久「須賀君とは一度こうして話しておきたいと思ってたのよ」

京太郎「そうですね、俺もケリ、つけなきゃって思っていましたよ」

優希「京太郎!違うんだじぇ!あれは!」

京太郎「何が違うってんだよ。ま、いいさ。どっちにしろケリ、つけなくちゃいけなかったんだ」

京太郎「改めて、言わせてもらいます。どんな事情があろうとも、元の関係には戻れない」

京太郎「それだけは、はっきり言っておきます」

咲「京ちゃん!」

京太郎「別に俺じゃなくてもいいじゃないですか。ほら、今となっては人気じゃないですか。麻雀部」

久「それは……」

まこ「そこまでにしときんしゃい」バッ

京太郎「染谷先輩……!」

まこ「こうして、直で会うのは久しぶりじゃな。元気そうで嬉しいぞ」ニカッ

京太郎「はい!染谷先輩こそ!」ニカッ

まこ「とりあえず、どっちも冷静になるべきじゃろ」

まこ「全く、いきなり出ていったと思ったら……お前さん達はそんなに煽りたいんか?え?」

咲「違いますよ!」

まこ「違わんじゃろっ!いきなり、会って何を話す?
京太郎がお前さん達のことをどう思ってるか知らんとは言わせんぞ?」

まこ「ったく……もっと落ち着いて行動しろって言ったじゃろ」

咲「……」

まこ「京太郎もじゃ。いきなり、喧嘩腰だと話せるもんも話せないじゃろうが。
冷静になってよく考えんしゃい」

京太郎「……すいません、熱くなりすぎました」

まこ「それでいい。まあ、いきなりじゃったから無理はないがな」グルッ

京太郎「……染谷先輩?」

まこ「ほれ、行け。ここは任せておけ」

京太郎「いいんですか?」

まこ「いいに決まっとる。落ち着いてからゆっくり話すぞ」ニカッ

京太郎「はい、ありがとうございます」ダッダッダッ

咲「あっ……!」

まこ「悪いが、ここは通せんなぁ。通りたかったらわしを倒してから行きィ」

咲「……!」

久「まこ!」

まこ「ま、これがわしの立場での。どっちも感情ばかりが優先していかんのぅ。
もっと、先を見通してから行動せい」

まこ(京太郎も、冷静になれば話し合いのテーブルにはつくじゃろ。
それまでは、わしが何とかしないといけんからなぁ)

まこ(はぁ……嫌な立ち位置じゃ)





京太郎「……」

京太郎(俺は……、俺は……どうしたいんだ?)

京太郎(仲直り、したいのか?報復したいのか?)

京太郎(わからねぇ、わからねぇよ!染谷先輩……!)

京太郎(どうしても、アイツラの顔を見ると……憎くて、憎くて)

京太郎(アイツらが憎い、でも……もっと憎いのは――自分だ)

京太郎(俺がもっと強かったら、どいつもこいつもぶっとばせる力があったら)

京太郎(こんなはずにはならなかったんだ)

京太郎(俺は……)


京太郎「……くそっ」

???「むっ、何だか困ってそうな人を発見ですっ」

京太郎「……はぁ」
???「ため息までついて……もしかしたら道に迷っているのかも」

京太郎「……」

???「助けましょう、導き手、任されました!」

京太郎「……?」

すばら「そこの貴方っ!道にでも迷っているのですか!この花田煌、助けになりますよ!」ドドーン

京太郎「……はは、道に迷っているのかもしれません」

すばら「それはいけません、私も僭越ながらお手伝いを!」

京太郎「いいっすよ、これは俺の問題なんで」

すばら「まあまあ、固いこといいっこなしで」

すばら「ちょうど、そこに公園があります。話ぐらいなら聞きますよ?」

【公園】

京太郎「……という訳なんです」

京太郎(具体的な名前は避けたけど、わかってくれるんだろうか)

すばら「そうですか……ふむむ、難しい問題ですね」

すばら「感情と理性はそう簡単には切り離せません。須賀さんは感情が抑えきれない、そうですね?」

京太郎「はい。その人達の顔を見ると、憎い、憎いって。声が囁くんです」

京太郎「全部、憎い。壊せ、壊せって」

京太郎「だけど、俺は――どんな形になろうとも決着を付けたいんです」

京太郎「仲直りか、決別か。どっちになるかはわかりませんが」

京太郎「前に進みたい、それだけは間違いじゃない。だから、話し合わないと」

すばら「……何だ、わかってるじゃないですか」

すばら「正解ですよ、それで」

京太郎「だけど!」

すばら「感情が抑えきれない?なら、私にお任せあれ!」

すばら「須賀さんとその人達の仲、私がとりもちましょう!これはすばらではないでしょうか!」

京太郎「いえ、結構です」

すばら「ええっ!?」

京太郎「今日あったばかりの人を巻き込めませんよ……」

すばら「遠慮することはないんですよ?」

京太郎「遠慮しますって……」

すばら「むゥ……仕方ないですねぇ」ピッ

京太郎「これは……?」

すばら「私のアドレスと電話番号です。私は部活の合宿でもう少しだけですがココにいます」

京太郎「はぁ……」

すばら「その間なら助けることができますっ!すばらですね!」

すばら「あ、別に用がなくてもかけてきてもいいですよ?」スバラッ

京太郎「あ、有りがたく受け取っておきます」

すばら「そうしてください!では、助けがほしいのでしたら呼んでくださいね♪」タッタッタッ

京太郎「……何だか、嵐のような人だったなあ」

京太郎「……さてと、どうしよう」

京太郎(やることと言ったらもうないけど)

京太郎(うーん、どうしよう)

京太郎「そうだ、約束……約束があったんだ」

京太郎「咲達の件もあるけど、今ははっちゃんが優先だ……」



【高台】


京太郎「……懐かしいな」

京太郎(はるるの時以来か?あれから随分と経ったよなぁ)

京太郎(ま、今回は悪霊なんていないし安全なんだけど)

京太郎「……よっ」

初美「……来てくれたんですねー」

京太郎「当然じゃないですか」

初美「すっぽかされたらどうしようかと思いましたよー」

京太郎「そんなことしませんって」

初美「そうですね、約束破られたら……死んじゃったかもしれませんねー」クスクス

京太郎「縁起でもないこと言わないで下さいよ」

初美「そうでもないですよー。うさぎは寂しくなったら死んじゃうんですよー」

京太郎「はっちゃん、うさぎじゃないでしょう」

初美「そうでしたねー。でも、人間も同じです、寂しくなったら……コロッと逝っちゃいます」

京太郎「…………」

初美「そうじゃないですか?いまこうしている間にも世界では人が死んでます。
ゴミのようにですよー、怖いですねー」

京太郎「はっちゃん……」

初美「まあ、そんなことはともかくとして。ねぇ、京太郎ー」

京太郎「なんでしょうか」

初美「もしもです、私がここで――死んだらどうします?」

京太郎「……えっ」

初美「京太郎は、私を止めますか?」

京太郎「……止めますよ」

初美「……」キョトン

京太郎「何、呆気にとられてるんですか」

京太郎「はっちゃんは俺にとって大事な人です。止めるに決まってるじゃないですか」

京太郎「はっちゃんだけじゃない、神代家、良子さん……皆、俺にとっては大切な人です」

京太郎「だから」

初美「……そうですかー」

初美「それじゃあ、京太郎」

京太郎「……!?」

初美「止めてみますか?私の、自殺?」

京太郎「いやいや、何を言ってるんですか」

京太郎「何ではっちゃんが自殺しなきゃいけないかさっぱりですよ?」

初美「さよなら、京太郎……幸せでした……」ザシュリ

京太郎「……っ」

初美「……なに、やってるんです?」

京太郎「止めるって、言ったじゃないですか」

京太郎「理由もなしにいなくなるなんて、なしですよ」

初美「……」

京太郎「理由、聞かせてください」

京太郎「何もなしに死ぬのは、嫌です」

初美「…………」

京太郎「お願いします」

初美「話して、解決することですかー?」

京太郎「話さないことには始まらないです」

京太郎「俺ができることなら……なんでもしますから」

京太郎「俺のせいで迷惑をかけた分もまだ返していませんし」

京太郎「だから!」

初美「……わかりましたよー」

京太郎「……」ホッ

初美「私のことを聞いても、京太郎は引きませんか?」

京太郎「場合によります」

初美「……でしょうねー」

京太郎「それでも、理解したいとは思います」

京太郎(その服装を見てたら慣れますよ……)

初美「それじゃあ、最初に言っておきますよー」




「京太郎のことが好きです。私と、付き合ってください」




京太郎「……えっ」

初美「どうかしましたかー?」

京太郎「いやいや待ってくださいって。おかしいですよ」

京太郎「はっちゃんが俺を好きになる理由なんて」

初美「好きになるのに理由が必要ですか?」

京太郎「……それでも。俺なんかを」

初美「私が好きになった人の悪口はやめてくださいー」

京太郎「……はい」

初美「よろしい」

京太郎「…………」

初美「…………」

京太郎「……聞いてもいいですか?」

初美「どうぞ?」

京太郎「どうして、さっきみたいな真似をやったんですか?」

初美「あれぐらいしないと京太郎は、冗談ととりそうでしたから」クスリ

初美「案の定、京太郎は否定しましたし」クスクス

初美「それとも……この体のせいですか?」

京太郎「……」

初美「こんな小さな体だから子供の冗談とでも考えましたか?」

初美「別にいいんですよー。慣れてますしねー」

初美「この体のせいで昔からそうでした。何を言っても子供の戯言だとしか思われない」

京太郎「…………」

初美「だんまりは面白くないですよー?」

京太郎「その、俺には何とも言えなくて」

初美「そうでしょうねー。でも、何か言ってくれると嬉しかったり?」

京太郎「……」

京太郎「…………」

初美「何も、言えませんか」

初美「ま、当然ですよねー」クスクス

京太郎「その、俺は」

初美「いいですよー、無理に言葉に出さなくても」

初美「素直に言えばいいじゃないですかー、ガキのくせに何言ってるんだって」

京太郎「そんなこと!」

初美「じゃあ、ないって言えますか?違うって言えますか?」

京太郎「……っ」

初美「言えませんよね?」

京太郎「……その、ごめんなさい」

初美「いいですよー。わかってることですしー」クスクスクス

京太郎(何か、怖いぞ……いつもより追い詰められてるというか)

初美「…………京太郎」

京太郎(……重い)

初美「ねー、京太郎。聞いてますかー」

京太郎(……ど、どうすればいいんだ)

京太郎(というか、おかしいだろ!俺が告白されるなんて!)

京太郎(俺好かれるようなこと、やってないよ!?)

初美「それにしても」

京太郎「えっ」

初美「さっきからこっちを見ている視線が気になるのですよー」

初美「出てきてくださいー」

初美「だんまりだったらこっちにも考えがあるんですよー?」

???「……」

京太郎「何でこんな所に……?」

???「なんとなく、かな」

咲「ここには京ちゃんがいると思ったから」ニッコリ

京太郎「咲……!染谷先輩はどうした!」

咲「何にもしてないよぉ、染谷先輩は大事な仲間だもんね」

京太郎「……」ギリッ

初美「さっきから何話してるんですかー?京太郎は私と話してるんですー」

咲「ごめんなさい、気づかなかったなぁ」テヘペロ

初美「……部外者はちょっと退場願えますかー?」

咲「それは困るなぁ。私も京ちゃんに話があるし」

初美「こっちは一大事なんですよー」

咲「こっちだって一大事なんだよ?」

初美「さっきから何なんですかー、京太郎に馴れ馴れしくして」

咲「それはこっちのセリフかな。京ちゃんに近づきすぎ」

初美「いいんですよーだ。京太郎が許してくれてますからー」ダキッ

京太郎「ちょ……!」

咲「京ちゃんから離れろっ!」ゴッ

初美「そっちこそ離れてくださいよー!」カッ

京太郎「ちょ、二人共落ち着けって!」

京太郎(だ、誰か助けてくれよー!何でいつの間に修羅場なんだよー!!)

巴「はっちゃーん、どこですかー」

霞「どこに行ったのかしらねぇ……」

春「晩御飯……食べれない……お腹すいた」

小蒔「家の近くでしたらここしか行く所がないと思いますが……」

巴「あっ、いました……よ」

京太郎「……ど、どうも」

巴「どうもじゃないですよ、どうなってるんです、これ?」

京太郎「色々ありまして……」

巴「色々ってなんですか、色々って」

春「それよりも、そっちの人は誰?」

咲「はじめまして、いつも京ちゃんがお世話になっています!
京ちゃんの幼馴染の宮永咲です!」

初美「幼馴染って……貴方があの」

咲「聞いてるんですか、なら話は早いです。京ちゃんを返してください」

初美「……嫌です」

咲「……?」

初美「嫌です、って言ったんですよー」

咲「どうしてかな?」

初美「京太郎から話を聞く限り、京太郎のこと……体の良い雑用扱いだったそうじゃないですかー」

初美「そんな扱いをする所に京太郎を居させたくないですー」

初美「京太郎-。いっそのこと、こっちに転校すればいいんですよー」

霞「えっと、話が掴めないけれど……はっちゃんの言うことが本当だったら」

春「京は渡さない」

小蒔「ふぇ?」

巴「姫様はそのままの姫様でいてくださいね。えっと、面倒な事になりましたね……」

巴「ともかく、ここは大人しく引いてくれませんか?」

咲「嫌です……やっと、会えたのに……!」

初美「往生際が悪いですよー」

咲「そっちこそ!こっちの事情を何も知らないで!」

初美「私は聞いてるんですよ!京太郎から!」

咲「それは誤解なんです!」

初美「誤解でも京太郎を傷つけたことは変わらないですよー!」

京太郎「……二人共、落ち着けって!!!!!!!」

初咲「「……!!」」

京太郎「あーもう!二人を見てたら冷静になれたわ……」

京太郎「とりあえず、冷静に話さないと始まらないだろうが!」

京太郎(染谷先輩にも言われたしな……落ち着かないと……)

京太郎「……咲」

咲「何かな?」

京太郎「…………あの時のアレが誤解ってどういうことか。後で聞かせてもらうから」

咲「う、うん」

京太郎「はっちゃん」

初美「何ですかー?」

京太郎「さっきの答えについてはちょっと待ってください」

初美「……」

京太郎「お願いします」

初美「……分かりましたよー」

京太郎「とりあえず、ここから降りましょう」

咲「うん……」

小蒔「あの、京太郎さん」

京太郎「すいません、皆さん。このことについては後で必ず話します」

霞「まあ、そういうことなら……」

春「文句はない」

京太郎「ありがとうございます」

咲「……京ちゃん」

京太郎「どんな誤解があったかは知らないけど」

咲「……っ」

京太郎「俺、もう麻雀部には戻らないから」

咲「京ちゃん!」

京太郎「一度壊れちまったもんはもう直らねーよ」

京太郎「それに……俺がいた所で何もない」

京太郎「きっと、邪魔になるだけだ」

京太郎「誤解?そうだな、誤解があってお前に全くの悪意がないとしてもだ」

京太郎「もう、さよならだ」

京太郎「終わってしまったんだよ、咲。あのひだまりみてーな空間はよ」

咲「嫌だよ……嫌だよぉ!」

京太郎「……戻った所で意味なんてないだろうが」

京太郎「今更どのツラ下げて戻るってんだ!雑魚一人入れてどうする!」

咲「……ゃ」

京太郎「また、仲良くはできるかもしれない。だけど、麻雀部には戻らない」

京太郎「誤解なんて関係なく、俺が決めたから」

京太郎「だから――さよならなんだよ」

咲「………ぁぁっ」

咲「あああああああああああああああぁぁぁあああああああぁぁあああああっ!!!」






京太郎「…………」

初美「…………よかったんですか?」

京太郎「俺が決めたことなんで。誰にも否定なんてさせません」

霞「なら、いいのだけれど」

春「これからどうするの……」

京太郎「どうしようかな。あんな啖呵きったんだ。もう清澄には戻れない」

小蒔「でも、また仲直りしたら!」

京太郎「無理ですよ。咲の手前ではできるって言いました」

京太郎「だけど、俺と咲達は溝が深すぎる」

京太郎「仲立ちをする人がいないんですよ」

京太郎「それに戻った所で……」

巴「…………」

???「済まない、ちょっといいだろうか」

???「ちょっと道に迷ってしまってね」

???「菫が悪い」

菫「あのなぁ……お前がお菓子が食べたいっていうからコンビニ探してるんだよ!」グリグリ

???「いひゃいいひゃい」

巴「えっと……」

菫「ああ、すまない。この近くにコンビニはないだろうか」

霞「それでしたら……」

京太郎「あ……」

???「ん?」

京太郎「照さん……?」

照「須賀君……?」

京太郎「どうしてここに?」

照「私は合宿。須賀君、鹿児島にいるって聞いたから」

照「暗い顔してるけど、どうかした?」

京太郎「……照さん、結局俺も無理でしたよ」

照「………………そう」

菫「何だ、照の知り合いか?」

照「うん、私の彼氏」

京太郎「ええ、彼女です」

菫「はぁ!?」

照「というのは冗談」

菫「……お前でも冗談を言うんだな」

照「菫は一体私のことをなんだと思ってるの?」

菫「麻雀マシーン」

照「……須賀君、菫がいじめる」シュン

京太郎「はいはい、照さんはいい子ですよ」ナデナデ

菫「君も照を甘やかさないでくれ……」

霞「……そういえば、あなた達。よく見ると」

菫「ん?そういうお前たちこそ……永水女子だな?」

巴「白糸台の二大エース……」

菫「ははっ、照はともかく……私は違うよ。そんな器ではない」

照「菫、お菓子」

菫「わかったわかった。それじゃあ私達はこれで」

照「それじゃあ、全国大会で」

霞「戦える日を楽しみにしてるわ」

菫「こちらこそ」

照「……須賀君」

京太郎「なんです?」

照「私が言える立場ではないけど」

京太郎「……わかってます。ちゃんと後で話は聞きます。誤解だったらそれも謝ります」

京太郎「だけど、もう前みたいな関係は無理です。麻雀部にも戻りません」

京太郎「それに、戻った所でどんな顔すればいいかわかんないです。
今の清澄に俺の居場所、ありませんしね」

照「……うん」

京太郎「それと、咲は今……鹿児島にいます」

照「…………そう」

京太郎「俺は今度ちゃんとした話し合いをして、完全にケリを付けます」

京太郎「照さんはどうしますか?」

照「私も……一緒に行く」

照「私自身も決着をつける」

照「きっと、決別だろうけどね」

京太郎「そうですか……」

照「その時は私にも連絡して」

京太郎「わかりました」

照「それじゃあ」

京太郎「最後まで、ままならないですね」

照「そんなもの。ちょっとしたことでもう取り返しはつかない」

京太郎「…………はい」

照「だから、選択はよく考えて選ばないと」

京太郎「俺は、間違えたんでしょうか?」

照「それは君自身が知ってるはず」

京太郎「…………」

照「それじゃ」タッタッタッ

京太郎(間違ったとしても、もう遅いんだ)






京太郎「……さてと、家に帰ってきた訳だが」

京太郎(これからどうしよう?過去については明日話すってことになったけど)

京太郎(今、俺がやるべきこと。まずは、はっちゃんに返事、返しにいかないとな)

京太郎(俺は……はっちゃんに対して…………)



【はっちゃんルーム】

京太郎「すいません、今大丈夫ですか?」

初美「大丈夫ですよー」

京太郎「それじゃあ、失礼します」

初美「いらっしゃーいなのですよー」

京太郎「……えっと、ですね」

初美「もしかして。もしかしなくても返事ですかー」

京太郎「はい、こういうのは早く答えた方がいいと思いまして」

初美「そうですかー」

京太郎「…………」

初美「…………」

京太郎「すいません……」

初美「そうですかー……何となくですが、想像はしていました」

京太郎「はっちゃんのことは好きです。俺のことをよく来にかけてくれて嬉しいです」

京太郎「でも、それは友人としてです」

初美「…………っ」

京太郎「だから、ごめんなさい」

初美「…………ぁ」

京太郎「俺は、はっちゃんの告白を受けることはできません」

京太郎「…………罵っても構いません。ですけど、これだけは……嘘はつけないです」

初美「そう、ですかー…………」

初美「えへへ……ごめんなさい。私、京太郎に迷惑かけちゃいましたねー」

京太郎「そんなことないです!その、嬉しかったですし」

初美「無理しなくても」

京太郎「無理じゃないです!俺は!」

京太郎「…………断った俺が慰めても意味が無いですよね」

初美「…………」

京太郎「唯一つ、これだけは言えます」

京太郎「はっちゃんは、俺にとって――大切ですから」

初美「私も、大切な人だと思ってます……」

初美「でも、違うんですよー……京太郎の大切とは」

初美「……ごめんなさい。一人にしてください」

京太郎「…………はい」ガラガラッピシャッ




初美「…………あはは」

初美「振られちゃいましたねー」

初美「……完全に脈なしですよー」

初美「うっ……ぁぁ……」

初美「ぁぁあああああっ!ぁぁっ!あああああああああっ!」


京太郎「…………」

京太郎「…………あそこで告白を受けてたら」

京太郎「泣かせずにすんだのか?」

京太郎「何、あほなこと考えてんだ」

京太郎「それだけはやっちゃいけねーだろうが!」

京太郎「はっちゃんだって真剣に来たんだ」

京太郎「俺がここでごまかすなんて……ダメだろうが!」

京太郎「……」

京太郎「何か、しよう」

京太郎「本当に、苦しいのははっちゃんなのに……」



京太郎「……麻雀、やるか」

京太郎「気晴らしにはなるだろ……」

京太郎「……」

京太郎(集中できない)

京太郎(はっちゃんの泣き顔が、頭にちらついて)

京太郎「はぁ……」

京太郎「何が可愛い子とイチャイチャしたいだ」

京太郎「何が鹿児島で巫女さんだ!」

京太郎「畜生、畜生っ!」

京太郎「俺がこれまで思ってたことは、こんなにも辛いことだったのかよ!」

京太郎「人、好きになるって……これだけ、重いのかよ」

京太郎「馬鹿だ……俺」

京太郎「あわよくばハーレムだなんて!」

京太郎「クソッ……!」

チュンチュン

京太郎「……うーん」

京太郎(あのまま、寝てしまったのか)

京太郎「ちゃんと布団で寝とけって、俺……」

京太郎「ご飯、食べに行くか」タッタッタッ