京太郎「戒能さんに約束を取り付けたぞ!」

京太郎(明後日は早く仕事を終わらせないとな……)

京太郎「さて、夕方になったな。今日のご飯は薄墨さんだったような……」

初美「その通りなのですよー!」ババーン

京太郎「げぇっ!関羽!」

初美「誰が関羽ですか、誰が」

京太郎「ノリですよ、ノリ」

初美「京太郎は時々何を言ってるかわからなくなるのですよー」

京太郎「はは……それで、何か用ですか?」

初美「ご飯ができたから呼びに来たのですよー。
私の部屋で食べることになってますから行きますよー」

京太郎「わかりました。今日のご飯何ですか?」

初美「焼き魚と味噌汁ですよー。私手作りですよー!」

京太郎「そりゃあそうでしょうね……」

初美「むーっ!反応が薄い!やっぱり京太郎は胸のある女の子にしか優しくないんですねー!」

京太郎「何でそんな話に!?」

初美「だって、はるるとかにはよく構うのに私には全然じゃないですか……」グスッ

京太郎「え、ええー」

初美「おかしいですよ!扱いが違いますよ!はっちゃん、こんなに可愛いのに!」

京太郎「本当に可愛い娘は自分で可愛いなんて言わないと……あ、はいすいません」

初美「謝罪と賠償を請求するのですよー!」

京太郎(ど、どうしよう……何かしないとっ!)

初美「がーーーー!!」

京太郎(と、とりあえず……!)ダキッ

初美「ふぇ?」

京太郎「落ち着いて下さい。騒ぐと、その……服がはだけて見えるんですよ……」

初美「あっ。きょ、京太郎はエッチなのですよー!」ポコポコ

京太郎「そういう意味じゃなくて。薄墨さんは女の子なんですからもっと慎みを持ちましょう」

初美「京太郎に慎みなんて言葉を言われるなんて……」

京太郎「俺のことをどう思っているんですか」

初美「人たらし」

京太郎「ひどっ!と、ともかく、薄墨さんはちっちゃくて可愛いですよ?」ナデナデ

初美「ううっ、人を子供扱いして!私の方が年上なんですからねー」

京太郎(その体格で年上ってのは信じられんな……)

初美「私だって、大きくなりたかったよ……」ボソッ

京太郎「大きくなりますって。きっと。まだ成長途中ですよ、俺達」

初美「きょ、京太郎……?」

京太郎「だから涙目にならないで下さい。薄墨さんはいつもみたいに笑ってる方が素敵なんですから」

初美(そういう所が人たらしなのですよー……)

京太郎「きっと、良い人が見つかりますって。薄墨さんの全てを好きでいてくれる人が」

初美「本当ですかー?」

京太郎「ええ。この後、薄墨さんは急成長するかもしれませんしね。
そしたら、男もよりどりみどりですよ」

初美「えへへ……照れますねー」

京太郎(別の意味で心配だけどなぁ……何か騙されそうで)

京太郎「それよりも、夕食は大丈夫なんですか?」

初美「あ、そうでした!すっかり忘れていたのですよー!」

京太郎「皆、もう集まっているんですよね。ならまたせちゃ悪いですし早く行きましょうか」

初美「そうですねー。そ、それと……」

京太郎「ん?」

初美「いつまで私は抱きしめられてたらいいんでしょうかー?」

京太郎「ああ。すいません。抱き心地がよかったもので」

初美「私は抱き枕じゃないんですからねー」プンプン

京太郎(本人の目の前では言えないけど小柄で抱き心地がいいんだよなぁ)

京太郎(美味しかった……悔しいけど、和では薄墨さんに軍配が上がるか)

京太郎(俺も負けてはいられないな!)

京太郎(さてと、もう夜だ)



京太郎(メールでもするか……)

京太郎(こんな時間に起きてるのは……誰かいないかな?)

京太郎(染谷先輩は忙しそうだしなぁ……)

京太郎「んー、どうしよう」


京太郎(そういえば、モモがいたな……)

京太郎(懐かしいな。長野にいた時はよくメールしたっけ)

京太郎(最も、今ではそれも途切れちゃったけどな)

京太郎(俺がモモの声も姿も認識できなくなったから)

京太郎(あの日、今までの俺が壊れた日から)

京太郎(彼女の姿を見つけられなくなった)


―――


桃子(……京太郎)

桃子(あの日から、私の姿は京太郎に見えなくなった)

桃子(声をいくら張り上げても、彼には聞こえない)

桃子(何かがあったんだ、京太郎に)

桃子(そうでなきゃあんなボロボロな姿になる訳ないっすよ)

桃子(もう、私達はメールでしか通じ合えない)

桃子(それが辛くて、私は逃げた。京太郎のメールを返さなくなった)

桃子(好きなのに。傍にいたいのに。話したいのに)

桃子(どうして)

桃子(私と京太郎の間はこんなにも開いているんだろう)

桃子(メール……京太郎からか)ピピッ

桃子(私が返信しないのに。たまに、彼はメールを送ってくる。
自分がまだ大丈夫だっていう証明をする為に)

『元気にしてるか?俺は何とかやってるよ。
今は親の都合で鹿児島にいるんだ』

桃子(そっか……鹿児島にいるんだ)

桃子(私の姿が見えていたら……京太郎と盛り上がっていたんだろうな)

桃子(京太郎。私、諦められないっすよ……)

桃子(だって、京太郎のこと……まだ好きなんすもん)

桃子(離れたくないよ……もっと、一緒にいたいよ)

桃子(早く、私を見つけてよ、京太郎)


―――


京太郎(よしっと。これでオッケー)

京太郎(確かにモモとのメールは前に比べると格段に減った。
毎日のメールも途切れちまった。返信もない。
だけど、俺は一週間ごとをめどにメールをモモに送る)

京太郎(つながりはまだ消えていないって伝える為に。
俺はまだ大丈夫だよって)

京太郎(いつか、彼女の姿を見つけて……伝えたい)

京太郎(縁はまだ切れちゃあいないぜって)

京太郎(今なら……気持ちが落ち着いた今なら)

京太郎(俺は彼女の姿を捉えて、見つけることができるだろうか)



【朝】

京太郎(……あー。携帯握ったまま寝ていたのか)

京太郎(今は届きそうにないけど……絶対に見つけるから)

京太郎(見つけた時、お前はまだ……俺のことを友達だと言ってくれるか)

京太郎(否定されても、俺は諦めない。やり直せるって信じてるからさ)

京太郎(さて、起きて準備しないとな……)

京太郎(なぁ、モモ。俺は、前みたいに自然に笑えているかな?
楽しいことを心から楽しいって言えてるかな?)

京太郎「顔を洗いにウオッシュメーン」

小蒔父「はっはっは、朝から上機嫌だね」

京太郎「おはようございます。朝食作りですか?」

小蒔父「まあね。君の方は確か……友人と出かけるんだったね」

京太郎「はい。なぜか、追求がすごかったです……」

小蒔父「休みだから君と一緒にいたいんだよ、皆。
君はどうも私達にまだ壁があるからね」

京太郎「すいません……」

小蒔父「謝ることじゃない。君が何を抱えているかはわからないが、時間をかけて解決していくといい」

小蒔父「それに、困った時は大人を頼るものだよ。私が言えた立場ではないが」

京太郎「ありがとうございます。お気持ちは受け取っておきます」

小蒔父「うむ、精進し給えよ。きっと、いつかは君の中の雨も晴れるさ」

京太郎「雨は、まだ晴れそうにないですがね……」

小蒔父「そこで相談なんだが。そんな晴れない雨を晴らすのに、うちの小蒔はどうだい?」

京太郎「何度も言わせるな、俺は衣と添い遂げる」ババーン

小蒔父「なお、添い遂げられない模様」

京父「「HAHAHA!!!」」

京太郎(そもそも衣さんが了承してくれる訳ないんだよなぁ……。
あの人には感謝しきれないくらいの恩があるからそれを返さないことにはな)

小蒔父「添い遂げられないなら、無理やり奪えばいいのさ」

京太郎「いやいやいや。彼女、超お嬢様ですよ?」

小蒔父「愛に身分は関係ないからな!」

京太郎「うおっ、大人の貫禄!」

小蒔父「まあ、ジョークはともかくとして」

京太郎「ジョークだったんすか、今の……」

小蒔父「選択肢を間違えてはいけないよ。間違えたらバッドエンドだからね」

京太郎「は、はぁ……」

小蒔父「要するにだ、自分が後悔しないように行動すればいいのさ」

小蒔父「そうすれば、いつか君の中の雨も晴れるさ」

京太郎「小蒔父さん……」

小蒔父「友達と出かけるんだろ?楽しんでこいよ」

京太郎「はい!」








霞「……は、入り込めないわ。ぐぬぬ……」

初美「男の友情ですよー……ううっ」

春「私達は蚊帳の外」

巴「まあまあ。こういうのもありでしょうに」

小蒔「ごはんまだですかー」



京太郎「さてと、オフ会に行くぞ!」

京太郎(服装は……まあ、大丈夫だろ。たぶん……)

京太郎(超弩級少女さんかー。どんな人なんだろうなー)

京太郎(こういうのって始めてだからわくわくしてきたぞ!)

京太郎(よっしゃ、出発だー!)


京太郎「~~~♪」

小蒔「……」コソコソ

小蒔(ううっ、本当はこういうことはよくないんだけど……)

小蒔(どうしても気になっちゃったから付いてきちゃったよ~)

京太郎「というか、俺はどうして西郷公園を待ち合わせ場所にしてしまったのだろう)

京太郎(いや、西郷隆盛像は一度見てみたかったし、目印にもなるからいいけどさ)

京太郎(細かいことは気にしないってことでいいか)

小蒔(京太郎さん、何だかいつもより嬉しそう)

小蒔(やっぱり、家ではくつろげていないのかな……)グスン

???「ダルい……」

???「こらっ!路上でだらけちゃ駄目!}

???「まあ、付いてきただけでもすごいよ……シロ」

???「キリキリアルケ!」

???「今日はトヨネの初オフ会が成功するようにサポートする為に来たんだからね」

???「シッポリムフフ!」

???「そんな如何わしい言葉を使っちゃ駄目だよ、エイちゃん!」

???「ニホンゴ、ムズカシイネ!」

小蒔(あの人達も待ち合わせなのかな?)

京太郎(と、到着したぞ……一応十分前に来たから誰もいないと思うけど)

???「ううっ、緊張するよー」ソワソワ

京太郎(うわー、大きな女の人だなあ。それに、綺麗だ……)

京太郎(どうせどっかのイケメン彼氏とデートの待ち合わせだろ、くそっくそっ!)

京太郎(格差がひどいよ、格差が-!)

京太郎(さてと、それじゃあ超弩級少女さんを待っているかー)

小蒔(あ、止まった。待ち合わせでしょうか?友達だって言ってたから男の人だと思いますが……)

???「ダルい……もう無理」

???「ぎゃー!シロが寝だしたよ!」

???「うーん、この調子じゃサポートは無理そうかな?」

???「オカシイ!ユルサレナイ!」

???「とりあえず、シロの介護組とサポート組に別れた方がよさそうだね……」

小蒔(一人は寂しいです……やっぱり霞ちゃんとかと一緒に行けばよかったよぉ)

京太郎「~~~~♪」

『着きましたー。今どこにいますかー』

???「あわわわわっ」

『えっと、西郷隆盛像の前にいるよー』

京太郎「えっ」クルッ

???「まだかなー、まだかなー」

京太郎「……えっ」

京太郎(おいおい、落ち着け須賀京太郎。あの人が超弩級少女さんだって?
ジョークにしちゃあ笑えないぜ)

京太郎(あんな綺麗な人が来ちゃったなんていうノリでオフ会に来るのが普通なのか!?
オフ会怖っ!そして、天国だなあ!)

京太郎(現実逃避してる場合じゃない、どうする?
ファーストコンタクトはどんな切り出し方でいけばいい?)

京太郎(こうしている間にも待ち合わせ時間は迫っている……!
いつまでも待たせるわけにはいかないしなー)

京太郎(ハギヨシさんだったらさらっといい言葉が浮かぶんだろうなぁ)

京太郎(いやいや、普通に行こう。普通に)

京太郎(むしろ、奇をてらった方が変になるだろ)

京太郎(落ち着け、俺。噛むなよ、絶対に)

京太郎「あのー」

???「わっ!な、何か用かなー?」

京太郎「すみません。あなたが超弩級少女さんですか?」

???「へ?ということは、貴方が……?」

京太郎「はい、葵・トーリです」

京太郎(何となくでつけた名前だけど気に入ってるんだよなー)

???「あ、わ。私が超弩級少女ですっ」ペコリ

京太郎「いやいや、そんな深く頭を下げなくてもいいですよ。
俺の方が年下ですし」

超弩級少女「えへへ……こういうの初めてで緊張しちゃって」

京太郎(うわぁ……なんだ、この小動物的な人は……可愛過ぎないか)

京太郎(ヤバい、顔が赤くなってきた)

超弩級少女「それじゃあ、どこか行こうかー。
それとも、このまま一緒に飛行機に乗っちゃう?」

京太郎「もう、からかわないで下さいよ……」

超弩級少女「ごめんね。ちょっと、楽しみにし過ぎてて」シュン

京太郎(これは敵わないな……純真すぎるっていうかさ)

京太郎(今まで会ったことのないタイプの人だからどうもいつも通りに喋れないし)

京太郎(ここは、男の俺が頑張ってエスコートしないとな)







小蒔(…………えっ)

小蒔(女の人……?)

小蒔(京太郎さんは友達だって言ってましたけどこれって……)

小蒔(デート?)






京太郎「ということで街中まで来ましたけど」

豊音「うん、そうだねー!東北と違って熱いよー」パタパタ

京太郎(白のワンピースと麦わら帽子は反則だろおおおおおおおお!!!)

京太郎「というか、姉帯さん?」

豊音「ん、何かなー」

京太郎「その、本名とか出してもよかったんですか?」

豊音「大丈夫だよ-!須賀君は信用できるしー」

京太郎「そう言われるのは嬉しいですけど……。他のオフ会では安易にしちゃ駄目ですからね!」メッ

豊音「うん、わかったよー……」シュン

京太郎(くっそくっそ!流れに乗りきれないっ!頑張れ、俺っ!)


キャッキャウフフ



小蒔(……京太郎さん、楽しそうだな)

小蒔(思えば、私……京太郎さんのこと全然知らない)

小蒔(彼の好きな食べ物。どんなことが好きか。こ、好みの女の子とか)

小蒔(一緒に暮らしているのに、私は遠いよ)



京太郎「とりあえず、ご飯食べませんか?もうお昼も近いですし」

豊音「そうだねー。ちょーわくわくしてきたよー」

京太郎「ははは、大げさですね」

豊音「大げさじゃないよっ!私、地元を出たのが今回が初めてだから」

京太郎「そうなんですか?」

豊音「うん!だから今日は楽しもうねー」ニコッ

京太郎(や、やばい……身体と言動のギャップがすげえ)

京太郎(これが、ギャップ萌えか!!)

京太郎「は、はい!それじゃあ、食べる所は……」

京太郎「普通のファミレスにしましょうか」

豊音「そうだねー!」

京太郎「サイゼリ……」

豊音「鹿児島にはサイゼリヤはないんだよー」

豊音「岩手にもないんだよー」

豊音「……」グスン

京太郎「何か、ごめんなさい」

豊音「いいよぉ、そんなに気を使わなくてもー」

京太郎「いやいや、女の子を泣かせるのは俺としちゃあ不本意でして」

豊音「お、女の子?」

京太郎「そうでしょう、姉帯さんは女の子ですよ?」

豊音「そっかー。女の子かー」

豊音(今まで、この体格だから女の子扱いされたことがなかったのに……)

豊音(ちょーうれしいよー!須賀君はいい人だなー!)

京太郎「とりあえず、いつまでも外にいるのはなんですし、入りましょうか」









小蒔(……いいなぁ。私も出会った時みたいに京太郎さんと遊びに行きたいなぁ)

???(うーん、まさか相手が男の人だったなんて。悪い人でなければいいんだけど)

小蒔(あっ、ファミレスに入った)

???(追いかけないと!)

ゴチーン

小蒔「きゃっ」

???「す、すいません!大丈夫ですか?」

小蒔「はいっ、そちらこそお怪我はありませんか?」

???「うん、こっちは大丈夫。ああっ、早く追いかけないと!」

小蒔「そうでした!こっそり付いて行かないといけないんです!」

「「えっ」」



京太郎「普通ですねー」

豊音「その普通こそがいいんだよー!」

豊音「こうやってファミレスでご飯を食べるの初めてだから……緊張するよー」

京太郎「友達とは行かないんですか?」

豊音「田舎だからねー……」

豊音「学校の近くの坂が大変なんだよー」

豊音「通うのにも一苦労だし、途中の道には蜘蛛が多かったよー……」

豊音「でもでも!近くの道の駅のわさびソフトクリームはおいしいんだよ!」

豊音「めがね橋とかもすごいんだよー!」

京太郎(こうして話してると、姉帯さんのことが徐々にわかってくる)

京太郎(天真爛漫で明るい人だ。だけど……影があるんだ)

京太郎(まるで、捨てられるのを怖がっている子犬のように)

京太郎(……関係ない。せっかく仲良くなれた人なんだ。
そんなことで区別をつけるなんてアホらしい)



小蒔「という訳で京太郎さんはいいひとですよっ!」

塞「そっか。よかったー、神代さんが言うなら信用できるかな」

塞(こんな所であの、神代小蒔に会えるなんて。すごい偶然だな)

塞(シロ、大丈夫かなあ。胡桃達に任せてきたけど……心配だ)

塞「そしたら、後は安心かな。私がついていかなくても」

小蒔「えっ」

塞「ん?どうかしたの?」

小蒔「その、私は京太郎さんが心配で」ゴニョニョ

塞「へー。その、須賀君って子のことがよっぽど好きなんだね」

小蒔「ふえっ!!!」ボンッ

塞「ああもう!可愛いなあ!その純真さがシロ達にもあればなぁ」

小蒔「そ、そのっ、私は京太郎さんのことをそういう好きではなくて!
い、いや、好きなんですよ!でもでも!それは友達としてで!」

塞「はいはい。だけどさ、そうやって焦ってると説得力がないよ?」

小蒔「だって……!京太郎さんが最近構ってくれないんですもん」プクー

小蒔「お父さんとは仲がいいのに、私とはあまり話してくれませんっ」

小蒔「私、嫌われてるんでしょうか……」




塞(どうしようか?安易な答えは出せないしなぁ)

塞「……あのさ、神代さん」

小蒔「何でしょうか?」

塞「私は須賀君のことをよく知らないからその問いには答えられない」

塞「そもそも、それを問いかけるのは私じゃないよ」

小蒔「でもっ!もし嫌な顔をされたら怖くて……!」

塞「そうだね。だけど、神代さんはそのまま答えを聞かなくてもいいの?」

塞「前に出ないと、始まらないよ?」

塞「そんな顔しないでよ、もう……抱きしめたくなっちゃうじゃない」

小蒔「臼沢さん……京太郎さん、ちゃんと答えてくれるでしょうか」

塞「んー。見た感じそういうのには誠実そうだしちゃんと答えてくれるんじゃないかな?
神代さんが好きになった人はそういうのを茶化す人ではないでしょ」

小蒔「はい……京太郎さんはそんな人じゃありませんっ」

塞「きっと、彼は笑ってくれるよ?神代さんのことも見てくれる」

塞「だからさ、勇気を出してみようよ」

塞「相手の心を読める魔法があったら楽なんだろうけど。そういうのはズルだよね?
わずかな勇気を振り絞ることが本当の魔法だと思うんだ、私」

小蒔「私、頑張って聞いてみますっ。京太郎さんに!」

塞「その意気だよ、頑張れ」

小蒔「そ、それと……明日、私も……今日みたいなことをしたいなーって誘ってみようかと」

塞「へぇ~、デートに誘うんだ?」

小蒔「そ、そういうことじゃありません!」

塞「照れるな照れるなっ。いいねー、青春だねー」

小蒔「もうっ、臼沢さんは!それを言うなら今の京太郎さん達だって……デートじゃないですか」

塞「ないない。だって、あの二人……今日が初めて会った日だよ?
メールでのやり取りを結構してたから始めてって言うには語弊があるけど」

小蒔「そ、そうなんですか?」

塞「そうなんです。うちのトヨネは簡単には渡さないよっ」カッ

小蒔「ふふふ、臼沢さんって何だかお母さんみたい」

塞「ええっ!?」

小蒔「でも、よかったぁ……デートじゃなくて。
京太郎さんが他の人と仲良くしてると、何だかむず痒くて」

塞(……うーん、友達としてじゃなくて。
一人の女の子として須賀君のことが好きになりかけてるんじゃないかなあ)




京太郎「腹ごしらえをすましたことだし外に出ますか」

豊音「そうだねー。うー、やっぱり熱いよー」

京太郎「そりゃあ鹿児島ですしね」

京太郎(さて、どうしよう……)

京太郎「アイス食べません?熱いから冷たいものが食べたくなっちゃいますよね」

豊音「わーーーー!!ちょーいい提案だよー!」

京太郎「ちょうどいいことに、そこの公園にアイスの露天があるみたいですよ」

豊音「うん!食べるよー!」ピョンピョン

京太郎(ヤバい、可愛い……クソッ、惑わされるな!
出会ってすぐの人に恋をする程軽い男手はないぞ、俺は!)

キャクガキタデー

京太郎「アイス二つで。俺はチョコミントで。姉帯さんはどうします?」

豊音「バニラー!」

京太郎「じゃあ、バニラ一つとチョコミントで」

アイスヤデー

京太郎「ありがとうございます。それじゃあ向こうのベンチに座って食べましょうか」

豊音「うん!」





小蒔「アイス……」

塞「私達もたべよっか」

小蒔「はい!」パアア

塞(いつのまにかにトヨネのサポートから神代さんのサポートになってるような……。
まっ、いいか。何だかほっとけないし)




京太郎「んー、美味いですねぇ!」

豊音「冷たくて気持ちいいよー!」

京太郎「俺のはミント系ですからね、食べててすっきりしますよ」

豊音「いいなぁ……」

京太郎「……いや、これ食べかけですし」ペロペロ

豊音「……うー」ジーッ

京太郎「そんなに見つめないで下さいよ。姉帯さんのやつ、溶けますよ?」

豊音「だって食べたいんだから仕方ないよー!」

京太郎「はぁ……俺の食べかけで良ければいいですけど、まさか」

豊音「いるー!いただきまーす!」パクッ

京太郎「いるなんていわな……えっ」

豊音「おいしいよー!」

京太郎「あ、は、はいどうも」

京太郎(お、おいおいおいおいおい!なんだこの無防備な生き物は!!!)

豊音「須賀君も私のバニラ食べる?」

京太郎「あ、その俺は」

豊音「いらないの?」シュン

京太郎「つ、謹んでもらいましゅっ!」

京太郎(噛んだ……恥ずかしい)

豊音「はい、どうぞー」

京太郎(ええい、もう勢いで行くんだ!)アムッ

豊音「おいしいー?」

京太郎「噛んだ舌に染みていひゃい……」

豊音「須賀君はおっちょこちょいだなー」

京太郎「む、姉帯さんに言われるとは」

豊音「それは失礼だよー!私だってやる時はやるんだよ!」

京太郎「例えば?」

豊音「んー……」

京太郎「ああっ、無理に考えなくていいですよ!」





小蒔「美味しいですよ、臼沢さん!」

塞「うんうん、よかったね」

塞(もう完全に神代さんと一緒に遊んでるだけのような……)

小蒔「今度は皆で来れると嬉しいですっ」ニコニコ

塞(まっ、いいか。ファミレスの時と違って思い詰めた様子はないし)

塞(それにしても、トヨネ大胆すぎだよ!あれじゃあ……か、間接キスじゃない!)

塞(須賀君も顔が真っ赤じゃない!見ているこっちが恥ずかしいよ!)




京太郎「アイス、美味しかったですね」

豊音「そうだねー!口の中がひんやりしてるよー!」

京太郎「次はどうしましょうか?」



【路上】

豊音「うわー、これちょーかわいいよー」

京太郎「どうしたんですか?」

豊音「これだよ、これー」

京太郎「アクセサリーですか、ふむ……」

???「へえ、嬢ちゃんかわいいな!」

豊音「そ、それほどでもないですよー」テレッ

京太郎(なんだ、この紫ヘアーの眼鏡野郎は……)

???「まあまあ!見るだけでいいからさ!
お前らが始めてのお客さんなんだよー!」

京太郎「そりゃどうも。だけど、俺達は冷やかしみたいなもんですよ

???「そういうなって!今ならサービスでゲームもあるしよ!」

京太郎「……はぁ」

???「当てたら景品をやるからさ、なっ、やっていけって!」

京太郎「それじゃあちょっとだけ……」

???「決まりだな、よしじゃあよく聞いとけよ」

???「ここに七枚のトランプがある」

???「嬢ちゃんは俺にわからないよう一枚引くんだ」

???「それを俺が当てれるかどうかってゲームさ。簡単だろ?」

???「もし外れても「自閉症で貧血気味のひよこ」のぬいぐるみをやるからさ」

豊音「ちょーかわいいよー!」

京太郎(ええっ)

???「それじゃあ引いてくれ!」

豊音(うーん、どうしよう……)

豊音「これだよー!」

???「そいつでいいんだな?」

豊音「うん!」

????「じゃあ当てるぜ……!そいつはスペードの2だ!」

豊音「ハズレだよー!ダイヤのクイーン!」

???「チッ……外れたか。しゃーねー、サービスだもってけ!」

京太郎「これは……ペアペンダント?」

???「おう。可愛い彼女連れてるからよ、お似合いじゃないかってさ」

京太郎「べ、別に彼女じゃ!」

豊音「そ、そうだよー!まだそういう関係じゃないよー!」

???「はっはっは。いいからもらっとけって。いい思い出になるかもしれねーだろ」

京太郎「そこまで言うなら……」

豊音「有りがたくもらうよー!」

???「おう、デート頑張れよー!」

京太郎「そういえば、アンタ名前は?もし機会があったらまたよらせてもらうよ」

???「おう、俺か?俺は浅月香介っていうんだ。まあもう出会うこともねーだろうから覚えなくてもいいぞ」

京太郎「そ、そうっすか……」

浅月「そうそう。それじゃあデート、楽しめよー」




京太郎「うーん、もう少しで夕方だな」

豊音「もうちょっとしたら帰ろうかー」

京太郎「それじゃあ、最後に……」

京太郎「そうだ、高台に行きませんか?」

豊音「ふぇ?」

京太郎「俺、いいとこ知ってるんです。綺麗な夕焼けが見れるとこ」

豊音「それは楽しみだよー!」

京太郎「そこなら静かなので落ち着いて話せると思います」

豊音「それじゃあ、エスコートをお願いしますっ」ペッコリン

京太郎「任されましたっと:






塞「神代さん、二人共移動するよ?」

小蒔「zzz」

塞「こんな所で寝たら駄目だよ!」

小蒔「ふぁっ!ごめんなさい、私……突然意識を失うことがあって」

塞「それって大丈夫なの?」

小蒔「多分……」

塞(天然さんってレベルを通り越しているよ!)




【高台】

豊音「うわぁ……綺麗」

京太郎「すごいっすよね、ここ。何故か誰もいない穴場らしいですよ」

豊音「そうだね、ここだったら夕焼けを見ながら静かに話せるよー」

京太郎「それじゃあ、第一回『ぼっち』オフ開催を祝して」

豊京「「おつかれさまでしたー」」

京太郎「あはは……改めて考えると何をやっているんでしょうかね、俺達」

豊音「ぼっち同士でも仲良くなれば-ぼっちじゃないよー」

豊音「一人よりは二人、仲がいい友達が増えることにこしたことはないよー」

京太郎「姉帯さん……」

豊音「それに、部活仲間以外は友達いないしねー、私」

京太郎「それなら俺も負けてはいませんよ……なんて言ったって」

京太郎「なんて、言ったって……」

京太郎(最初は、傷の舐め合いだった)

京太郎(イジメにあって、部活をやめて。不登校になって。
俺はネットのチャットに逃げた)

京太郎(ぼっちが使うチャット。通称ボッチチャット)

京太郎(そこで、俺は姉帯さんと出会った)

京太郎(姉帯さんも他の人とは違う体格と、引っ込み思案な性格から誰も話す人がいなかったらしい)

京太郎(最も、部活仲間とは良好な関係を築けているそうだから俺よりはましなのかもしれないが)

京太郎(ただ、そこで姉帯さんと仲良くなって……こうしてオフ会なんてするようになったのは嬉しいかな)

京太郎(一人は、寂しいから。どんなに強がっても、誰かとつながっていたかったから)

京太郎(俺には、姉帯さん含むチャットの皆とモモぐらいしか友達がいなかった。
だから、依存してしまった。チャットをしている時はダチに裏切られたことを忘れられた)

京太郎(本当に、信頼出来る友達が……欲しかったんだ)

豊音「須賀君」

京太郎「……何ですか」

豊音「いいこいいこ」ナデナデ

豊音「ここなら誰もみてないよー」

豊音「だから、泣いていいんだよー。おねーさんが胸を貸してあげるよ!」

京太郎「あね、たいさん」

豊音「うん、大丈夫。私は離れないよー」

京太郎「すいません、少し……胸を借ります」

豊音「どんとこいー!」



塞(…………)

小蒔(…………)

塞(私、トヨネがクラスでぼっちだったなんて知らなかった……ちゃんとやっていけてるって安心してた)

塞(悔しいなあ……私、友達失格だよ。トヨネのこと、しっかりと見てなかった)

小蒔(京太郎さん……)



京太郎「ごめんなさい、姉帯さん」

豊音「大丈夫だよー。これぐらいお安い御用だよー、あわっ」ガタッ

京太郎「わあっ」

ドシーン

京太郎(いたたた……)

豊音(ううー、痛いよー)

京太郎「だ、大丈夫ですか?」

豊音「う、うん……」

京太郎(おいおい。この体制ってまるで、俺が姉帯さんを押し倒しているみたいじゃないか!)

京太郎(それに……)

豊音「その、ね……須賀君」

京太郎「あ、姉帯さん」

京太郎(ヤバい、何だかヤバい……!)

豊音「顔、近いよー」

京太郎(姉帯さんの顔がこんなにも近くに!)

京太郎(まるで、キスしてるみたいじゃねえか!)

京太郎(ここが人気のない所でよかった……誰かに見られてたら誤解されることになっちまう!)






小蒔(…………えっ?京太郎さんと姉帯さんが、き、キスしてるのですか?)

塞(え、えっ。ちょ、ちょっと待って。お、といといtkたgらえwgれさ)





霞「姫様、何処にいるのかしら」

春「朝早くから誰にも言わずに出ていって心配」

初美「何処かの変な男に絡まれてないといいのですがー」

巴「心配し過ぎですって。携帯だって持っているでしょうし。」

霞「それでも、心配なのよ。京くんも朝から何処かへ行っちゃうし」

春「友達と遊びに行った」

初美「今頃、楽しんでるんでしょうかねー」

巴「私達はその間姫様を捜すのに大変……よよよ」

春「一応、近くの高台に来てみたけど……」

霞「誰もいな…………えっ」

春「なに、これは」

初美「……」

巴「あちゃー……どっかに消えた姫様を捜してたらこんな場面に出くわすなんてね。
きょーちんもやることやってるんですねぇ」

霞「友達、だって言ってたわ……」

春「嘘、嘘、嘘」

初美「やっぱり、京太郎は噓をついていたってことですかー?
友達じゃなくて、彼女とデートだったんですか?」

霞「だ、だって……違うわよ。これは夢よ、そうに決まってるわ」

春「違う……京は私のこと迎えに来てくれるって言った」

初美「私をかわいいっていっておきながら結局は大きい人が好きなんですかー……
お世辞だったんですかー……」

巴(あ、あれっ?皆顔が怖いですよ?)

巴(って、あんな所に姫様が!顔面蒼白じゃないですか、もう!)

巴(というか、間が悪すぎですよ、私達!)




小蒔(……やっぱり、私なんかより姉帯さんの方が良かったのかな)

小蒔(私、好きになってもらえる女の子じゃなかったのかな……)

小蒔(痛い、痛いよ……胸が痛い)

小蒔(京太郎さんが幸せになることは喜ばしいことなのに……どうして)

小蒔(それに、私と京太郎さんは友達なんだからっ!友達だから応援しないとっ)

小蒔(応援、しないと……いけないのにっ)ブルブル

小蒔(涙が止まらないよぉ……何で、何で止まらないの?)

小蒔(とも、だちなのにっ!)

小蒔(何で、姉帯さんのことを妬ましいなんて思っちゃったの!?)


霞(…………嫌われていたのかしら)

霞(思えば、彼は私を避けていた)

霞(デートに誘っても、彼は断った9

霞(それからずっと、私を避けていた)

霞(彼は私と一緒に行動しようとしなかった)

霞(参ったなぁ……私、そんなことにも気づかないで)

霞(ごめんなさいごめんなさいごめんなさい)

霞(ごめんなさいごめんなさい近くによってごめんなさい)

霞(君のことを――好きになってごめんなさい)

霞(私には、彼を好きになる資格なんて、なかった)

霞(私程度が割り込める仲じゃなかった)

霞(私では彼を受け止めることが、無理なのね)

霞(……嫌な女ね。私は)

霞(彼女のことが妬ましいなんて思ってしまう)

初美(思えば、彼は私のことを最初から見ていた)

初美(我儘にも付き合ってくれて、いい人だなーって思ってました)

初美(彼と友人の関係でこれから付き合っていくんだなーって)

初美(そ、それに……私のことを可愛いって言ってくれましたし!)

初美(でも、やっぱり違ったんですねー)

初美(大きな人が一番なんですね、京太郎は)

初美(私とも最近はあんまり話しませんし)

初美(最初の時も巴だけには優しかったですよー……)

初美(小さいから、駄目なのでしょうか……)

初美(妬ましいですよ)

初美(……私だって、好きで小さい身体になったんじゃないのに)

初美(神様を宿さなければ……代価を払わなければ……!)

初美(京太郎と一緒に仲良く歩けたんですか?)


春(京は私のことをちゃんと見てくれるって言った)

春(可愛いって。私の笑う顔が好きだって)

春(でも、京の見てる方向は違っていた)

春(その方向の先には私はいなかった)

春(私は、彼の対象から外れてた)

春(いつか、振り向かせる。そう、誓ったのに)

春(挫けちゃった……京のこと、まともに見れない)

春(妬ましいよ、あの人が。京の視界に入ってるあの人が)

春(好きなのに。彼のことが)

春(嫌だよ……まだ、告白もしていないのに諦めるなんて)




京太郎「そ、その……近いっす!」

豊音「えっ、えっと、ごめんねー……」

京太郎「いや、その何というか!謝るのは俺の方でして!」

豊音「そんなことないよー。私がたおれちゃったのがいけないんだよー」

京太郎「違いますって!俺のほうが体重預けちゃったのが!」

豊音「もう、こういう時は素直におねーさんに謝らせなさいー」

豊音(……それに須賀君、あったかくてちょっとよかったし)

京太郎「……それじゃあおあいこってことで」

豊音「あはは、じゃあそうしようー」

豊音「それで、いつまでもこの体制だと恥ずかしいんだけどなー」

京太郎「ああっ!すいません!」ガバッ

豊音「須賀君は大胆なんだよー」

京太郎「もう、からかわないでくださいっ」


霞「あらぁ、もう逢引はおわったのかしらぁ」ユラリ

京太郎「わああぁぁあ!!!?」

豊音「お、お化けだよーーーーー!?」

霞「誰がお化けよ、失礼ねッ」

春「……」ガリッガリッ

初美「……」ピキピキ

巴「いやぁ、お熱い所に遭遇してしまいましたねー」

京太郎「ええっ!何でここに!」

巴「それはこっちの台詞ですよ。それにしても、きょーちんもやることやっているんですねぇ」

京太郎「へっ」

霞「見ればわかるわ……その人と京くんは付き合っているんでしょうっ!」

春「妬ましい……」

初美「私には可愛いといっておいて結局は大きな人ですかー!」

豊音「そ、その……そういうお付き合いはまだ……」テレテレ

京太郎「違う!論点違いますよ!」

京太郎(何かすごい誤解をされているぞ……!どうにか誤解を解かないと!)

京太郎「巴さん、違うんですよ!」

巴「へっ?」

京太郎「いや、姉帯さんとはそういう関係ではなくて!」

巴「でも、押し倒していたじゃないですか」

京太郎「それは俺の体重を支えきれなくて姉帯さんが倒れてしまったんです」

京太郎「第一、姉帯さんとは初対面ですよ。俺はそんなに手は早くありません」

巴「ふんふむ……」

京太郎「信じて下さいよ……」

巴(うーん、確かに冷静に考えるとそうとも感じますね)

巴(泣きながら姉帯さんを抱きしめてたのは保留として)

巴(きょーちんは変なとこはありますけど意外と純情ですしね)

巴(……言ってることが最もですね。ひとまず、場を収めますか)

京太郎「巴さん!」

巴「もう、そんな泣きそうな顔をしないで下さいよ……全く、仕方がないですね」

京太郎(ああ、巴さんから後光が!)

巴「とりあえず、落ち着きませんか?私達は外野から見ていただけですし」

巴「何が正しいか、正しくないか。自分の中でじっくりと考えましょう」

巴「それでも、納得ができないならきょーちんがちゃんと受け答えしてくれますよ。ね?」

京太郎「はい、当たり前ですよ」

京太郎(巴さん……!今なら巴さんに掘られてもいい!)

巴「どうですか、皆さん。気持ちの整理はつきましたか」

霞「確かに……」

初美「頭に血が上っていたんですよー」

霞「まだ、完全に信じた訳じゃないけれど」

初美「少しぐらいは信じてもいいかもしれませんねー」

京太郎(巴さんには後でお礼をしなくちゃならないな……)

春「……待って」

京太郎「えっ」

春「私は納得していない」

春「こんな人気のない所で男女二人きり……怪しい」

春「躓いて転んだとはいってたけど本当に?そんな偶然が私達が丁度通った時に起こる?」

春「加えて。昨日遊びに行くことを聞いた時、京……ごまかしていた」

京太郎(だって、ボッチオフ会なんて言える訳ないだろ!)

春「答えて。どうして、昨日はなあなあでごまかしてたの?」

京太郎「正直に言います、ボッチオフ会なんですよ」

春「えっ」

京太郎「…………」

春「えっ」

京太郎「二回も言うなよ!!!」

春「そ、その……ごめん」

京太郎「だから言いたくなかったんだよ!」

京太郎「お前、遊びに行くわー、えー何しにー、ボッチオフ会ー!なんてニコニコ言えるほどメンタル強くねぇよ!」

豊音「須賀君、よしよし。泣かないでー」

京太郎「あ、ありがとうございます」

霞(その立場は私のはずなのに)イラッ

春「……確かに言いづらかったのはわかった」

春「でも、抱き合ってたのは否定出来ないよ」

春「私の目を見て」

京太郎「おう」

春「……」ジーッ

京太郎「…………」

春「…………」

京太郎「…………」

春「……もう。仕方ないなあ」

京太郎「はるる!」

春「そんなにまっすぐ見つめられたら……信じるしかないよ」

春「京のこと、信じるよ。でも、浮気は駄目」

京太郎「そういう関係じゃないから!というかさらっと浮気とか何言ってるんだ!?」

春「冗談。鹿児島ジョーク」

京太郎「真顔で言うなよ……こんな時だから動揺するだろ」

豊音「よかったねー。須賀君ー」

京太郎「はい、疑いが晴れてよかったです」

豊音「それは私が彼女じゃ嫌だってことかなー?」シュン

京太郎「いえ、そういうことじゃありませんよ!姉帯さんは魅力的な女性ですし!」

豊音「そ、そうかなー。照れるよー」

春「……やっぱり、上手く丸め込まれた気がする」

霞「何だか態度が違うしね……」

初美「ぐぬぬ……」

豊音「えへへー、須賀君はいい子だねー」ダキツキー

霞春初「「「!!!!」」」

京太郎「ちょ、姉帯さん!?」

豊音「んー。どうかしたかなー?」

京太郎「その、当たってますって!」

豊音「あ、ごめんねー。いつもシロ達にやっているのと同じことしちゃって」

京太郎「……まあ、その。悪い気はしませんけど」

春(私の黒糖スペアがなくなるレベル)

巴(そういえば、戒能さんとのデートについて今話題に出したら……いやいやしませんけど)

霞「ともかく、京くんのことについては解決ということでいいかしら?」

京太郎「元から解決するような問題じゃありませんよ!」

巴「あはは……」

霞「それにしても、姫様は何処に行ったのかしら……」



小蒔「…………」

塞「えっと、そのまま立ち去ってもよかったの?」

小蒔「はい、京太郎さんの言ってることが正しいってわかりましたから。
それに悪いのは信じることができなかった私です……」

塞「いやいや。重く考えすぎだって。人間誰にでも間違いはあるんだからさ」

小蒔「ですが……」

塞「神代さんは考え過ぎ。もっと楽にしないといつか壊れちゃうよ?」

塞「例えば……」

シロ「ダルい……」

胡桃「こらっ!もうたっぷり休んだでしょう!」

エイスリン「キョウイク!キョウイク!」

塞「……あそこまで楽にしなくてもいいけどさ」

塞「肩の力抜いて自然体で行こうよ?そうしたら須賀君も振り向いてくれるよ?」

小蒔「わ、私はそういうことじゃ」

塞「素直になろうよ。ねっ」

小蒔「臼沢さんっ」

塞「ごめんごめん、からかい過ぎちゃったか。でも、言ってることは私の本心だから」

塞「後悔しないように頑張って。もし、トヨネが神代さんのライバルになったら味方になれそうもないけどさ」

塞「ね?」

小蒔「はい!その、ありがとうございますっ」

塞「いいっていいって。神代さんってば見ていて危なっかしいからね」

小蒔「ええっ!」

塞「私がいなかったらどうしていたのさ」

小蒔「それは、その……」

塞「ごめん、責めるつもりじゃないんだ。ただ、無闇に突っ走ると怪我しちゃうから心配なの」

小蒔「……ふふっ。臼沢さんってお母さんみたい」

塞「おか……!まあ、おばあちゃんよりはいいけど」

小蒔「私、臼沢さんと仲良くなれてよかったです!相談にも乗ってくれて……嬉しかった」

塞「そこまで感謝されるとこっちが恥ずかしいよ……」

エイスリン「ア!サエ!」

シロ「やっと、見つけた……」

胡桃「何言ってるの!シロがだらけてたからでしょ!」

塞「それじゃあ、私はここで。最後にもう一つ」

小蒔「……?」

塞「須賀君を狙うなら早めにした方がいいよ」ニヤッ

小蒔「もう!臼沢さんったら!」




京太郎「それじゃあ、俺は姉帯さんを送ってきます」

霞「私達も一緒に行くわ」

京太郎「いえ、俺一人で十分ですよ。ただ送るだけですし」

豊音「全員分のサインももらったよー!ちょーうれしいよー!」

春「送り狼」ボソッ

霞「縁起の悪いこと言わないで頂戴!」

初美「最後までしまらないですねー」

巴「私が収めなかったら酷いことになっていたじゃないですか、もう」

京太郎「その件については後でお礼をするとして……」

豊音「それじゃあ、お世話になりましたー」ペッコリン

霞「何だかいい子過ぎて眩しいわね……」

春「汚れてる証拠。ヨゴレメーター待ったなし」

初美「私は純粋ですけどねー」ドヤッ

巴「はいはい、一度家に戻りますよー。姫様が帰っているかもしれませんし」



ゾロゾロ

京太郎「さてと、それじゃあ送っていきますね」

豊音「うん!」

京太郎「今日はすいませんでした。色々と俺のせいで迷惑をかけて」

豊音「そんなことないよー。須賀君のおかげで楽しかったもん」

京太郎「そう言ってもらえて光栄です」

豊音「ふふっ。ねえ、須賀君」

京太郎「なんでしょうか?」

豊音「須賀君は八尺様って知ってるかなー」

京太郎「八尺様……?それはどういった意味でしょうか」

豊音「説明するとねー。とある村に封じられていた妖怪……まあ呪われた子供みたいなものかなー」

豊音「八尺様は成人前の若い男の人を狙って近づくんだよー」

京太郎「そ、それと俺に関係があるんですか」

豊音「まあまあ。最後まで聞いてよー。その八尺様はね、若い男の人を食べちゃうんだ」

豊音「全部、心も。身体も」

京太郎(な、なんだろう……なぜだか悪寒が)

豊音「ねえ、須賀君」

京太郎「は、はい」

豊音「その八尺様の外見は知ってるかなー。知らないよねー」

京太郎「え、ええ。八尺様自体初耳ですし」

豊音「外見はねー」

京太郎(なんでだろう……寒気がする。鹿児島なのに、いつもだったら半袖でも熱いくらいなのに!)

京太郎(怖い。今の姉帯さんは、どこか怖い)

京太郎(まるで――獲物を狙う、狩人みたいで)








豊音「白のワンピースと帽子をかぶった長身の女性なんだよー」
京太郎「あっ」










ざしゅり。











豊音「――なーんてね」

京太郎「えっ」

豊音「冗談だよー。須賀君、顔真っ青だよー」

豊音「ざしゅり、なんて自分で言っちゃったけど似合わないなー」

豊音「もー、須賀君ったら震えちゃって可愛いなー」

京太郎「は、はは……驚かさないで下さいよ。架空の妖怪なんですよね、八尺様って?」

豊音「その答えは須賀君にお任せするよー」

京太郎「全く、肝が冷えましたよ……」

豊音「ちょっと驚かせてみたかっただけだよー、もう!」プックリ

京太郎「マジで勘弁して下さいよ!本気で怖かったんですからね!!」

豊音「あははっ。それでさ、もう一ついいかなー」

京太郎「はい?」

豊音「もし、八尺様が。呪われた子供が。本当にいたとするよ?」

豊音「才能を妬まれて、暗い暗い中に閉じ込められて」

豊音「人肌が何よりも恋しい子供。いずれは破滅が決まっている子供」

豊音「ねっ、須賀君はどうするかな?」

豊音「その子と出会った時、君はどうする?」

京太郎「俺は……」

京太郎「その子と友達になりますよ。一人ぼっちは寂しいですからね…」

豊音「そっか……」

京太郎「えっと、姉帯さん?」

豊音「トヨネ」

京太郎「えっ」

豊音「トヨネって呼んでほしいなー」

豊音「ひらがな3つでと・よ・ね」

京太郎「いや、それはわかりますけど」

豊音「だめかなー」シュン

京太郎(その顔は卑怯でしょう、もう!)

京太郎「わかりました。その、トヨネさん」

豊音「うん、京太郎君!」

京太郎(うーん、トヨネさんが喜んでいるから言わないけど……一瞬、本気で怖かった)

京太郎(まるで、悪霊を相手にしているような)

京太郎(気のせいだよな……)

豊音「これで京太郎君ともっと仲良くなれるよー」

京太郎(まっ、いいか……この笑顔が見れるならば安いもんだ)

京太郎(それにしても、呪われた子供、八尺様、か)

京太郎(もし、本当にいたとしたら……俺は迷わず手を差し伸べることができるだろうか)





【神代家】

京太郎「只今帰りましたー」

初美「おかえりですよー。ご飯はできてますよー」

京太郎「そうですか。小蒔さんは見つかりましたか?」

初美「心配ご無用ですよー!家に帰っていました!」

京太郎「よかった。もし迷子になって夜の街をさまよっていたらと思うと……」

初美「ぞっとするようなこと言わないで下さいよー」

京太郎「すいません……」

初美「もう、京太郎はデリカシーが無いのですよー」

京太郎「デリカシー関係ありますか!?」

初美「細かいことはノーウエイノーウエイ」

京太郎「何で戒能さんの口癖が!?」

初美「ノリですよー」

京太郎「ノリなら仕方ないですね」

初美「それじゃあ、ご飯はできてるんできてくださいー。今日は姫様も一緒ですよー」

【はっちゃんの部屋!】

「「「「「「いただきます!」」」」」」

初美「今日は特製はっちゃん印の炒飯ですよー」

春「んまい」

小蒔「お腹が空きましたー」

霞「あらあら。小蒔ちゃんは食欲旺盛ね、うふふっ」

巴「さすが、はっちゃん」

京太郎「うん、おいしいです」

初美「料理に関しては京太郎と毎回勝負してますからねー」

京太郎「薄墨さんが突っかかってくるだけだと思うが……」

初美「そういう減らず口をする京太郎にはお仕置きですよー」

京太郎「えっ」

初美「はい、あーん」

霞「なっなななっ」

京太郎「え、えっと」

初美「罰ゲームなのですよー」

京太郎(そんなことよりも見えてるよぉ!!!)

初美「どうしました?早く食べないと冷めちゃいますよー」ニヤニヤ

春「思わぬ伏兵……!」

初美「あーん」

京太郎(ええい、もうなるようになれっ!)

京太郎「じゃあ、頂きます!」ングング

初美「どうですかー」

京太郎「そりゃあ美味しいですけど何で突然」

初美「乙女の秘密ですよー」

京太郎「なんなんすか、それって」

初美「詮索は身を滅ぼしますよー?」

霞「きょ、京くん!あ、ああああ」

初美「もう一度、あーん!」

霞「ううっ」グスン

巴(はぁ……何だかんだでかすみん、初心ですからねぇ……照れが出てるんでしょうけど)

京太郎「美味しいですよ」

初美「当然ですよー!」

春「割り込めない」

小蒔「春ちゃん、春ちゃん!」

春「あーん」

小蒔「これで京太郎さん達とお揃いですよ!」

春「うん。並んだ」

巴「何がですか!?」

ワイワイガヤガヤ

京太郎(楽しいなぁ……すっげー楽しい)

京太郎(長野にいた頃では考えられないくらい、楽しい)

京太郎(こんな時間がずっと、永遠に続けばいいのに)



「「「「「「ごちそうさまでした!」」」」」」

京太郎「ふぅ……食べた食べた」

初美「完売ですよー」

巴「皆疲れていたからか、たくさん食べてましたね」

霞「結局できなかったわ……」

春「ヘタレ」ボソッ

霞「あら、なにか言ったかしら」ゴゴゴ

春「霞は裏表のない素敵な人です」

霞「よろしい」

小蒔「……」ウズウズ

京太郎「そういえば、小蒔さん」

小蒔「ひゃ、はい!」

京太郎「どうしたんですか?何だか、そわそわしているみたいですけど」

小蒔「そ、そのですね」

小蒔(落ち着く、落ち着くのです!)

小蒔「京太郎さん!」

京太郎「は、はい!」

小蒔「明日、仕事が終わったら私に付き合って下さい!」

京太郎「ええっ!!」

巴(ほほー。姫様もといこまきんも大胆になりましたねー)

小蒔「そ、その……駄目ですか?」

京太郎「お、おう……」

京太郎「明日じゃないと駄目なんですか?」

小蒔「えっ」

京太郎「えっと……明日はそのちょっと駄目でして」

春「それってデ」

巴「はいはい、これ以上話をややこしくしない」

霞「あら、明日は何か用事でもあったのかしら?」

初美「連日私達を放っていくんですかー……」

京太郎(ど、どうしよう……?小蒔さんは何だかウルウルしてるし……)

京太郎(どうする、俺ぇ!)

京太郎「明日だけはダメなんです!許してください!何でもしますから!」

霞「ん?」

春「今何でもするって」

初美「言いましたよねー」

京太郎「小蒔さんだけですよ?」

巴「巫女なのに欲望には忠実ですねー……」オチャズズー

春「それが自慢」ニコッ

巴「自慢になりませんからね」

小蒔「えっと、その……なんでもしてくれるって本当ですか?」

京太郎「ええ。常識の範囲内であれば。はっはっは、俺が嘘を着いたことがありますか」

巴(あるでしょうに……しかも聞かれないと何も言わないし)

小蒔「じゃあ、そのですね……」

京太郎「どうぞ、いくらでもかかってきて下さい!」

小蒔「皆ともっと仲良くしてほしいのですよ!」

京太郎「へっ」

小蒔「京太郎さん、やっぱりどこか私達に対して遠慮している部分があるように思えるんです」

小蒔「一緒に暮らすのは夏の間だけかもしれませんけど……」

小蒔「それでも、友達ですからっ」

京太郎「とも、だち……?」

小蒔「はいっ!」

京太郎(友達……友達か)

京太郎(どうしても、友達っていう言葉に拒否感が生まれてたのをバレてたのかな)

京太郎(昔から仲が良かった友達は友達じゃなかった)

京太郎(そう、思っていたのは俺だけだった)

京太郎(だから怖かった。仲良くなるのが。一歩先に踏み込むのが)

京太郎(今でも怖い。裏切られたらなんて思ってしまう)

京太郎(そんなことあるわけないってわかっているのに)

京太郎(……トラウマになっているんだろうな)

京太郎「……ははっ」

京太郎「俺達はもう仲がいいじゃないですか」ニコッ

京太郎「小蒔さんに言われなくても仲良くするつもりです」ニコッ

京太郎(嘘だ)

京太郎「そもそも、こんな風に一緒に食卓を囲んでる時点でオッケーといいますか」

京太郎(怖い)

京太郎「小蒔さんが心配するようなことではありませんよ」

京太郎(痛い)

京太郎「小蒔さんは自分のことをしっかりと考えて下さい」ニコッ

京太郎「俺なんかに構ってると悪い虫に引っかかっちゃいますよ?」

小蒔「それに関しては大丈夫ですっ!京太郎さんがいますから!」

京太郎「いや、ですから……」

巴「諦めた方がいいですよー。こうなった姫様は頑固ですから」

京太郎「みたいですね……」

小蒔「嫌なんですか?」ウルウル

京太郎「わ、わかりました……できるだけ努力してみます」

小蒔「はいっ!」

霞(小蒔ちゃん……立派になって)ホロリ

春(さすが姫様)

京太郎(はぁ……ここまで言われたら断れる訳ないだろ)

京太郎(まともに見ていられない……余りにも真っ直ぐすぎて)

京太郎(思わず逸らしてしまうくらいに)




【自部屋】

京太郎「……さてと。どうするか」

京太郎(明日はデートだし早めに寝るかな)

京太郎(でも、少しぐらいは大丈夫だよな?)



京太郎(咲からメールがきてる…)

『京ちゃん返事をしてよ京ちゃん京ちゃん京ちゃん京ちゃん!
私は別に京ちゃんを馬鹿にした訳じゃないんだよ。
京ちゃん返事をしてよ京ちゃん京ちゃん京ちゃん京ちゃん
きょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃん
京ちゃん京ちゃん京ちゃん京ちゃん京ちゃん!
私待ってるから京ちゃんのこと。信じてるから京ちゃん京ちゃん京ちゃん!!!
きょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃん。
だって、京ちゃんのことを嫌いになるわけないよ!
ずっと昔から京ちゃんを見てきたんだからっ。えへへ……ずっと昔は言いすぎかな?
でも、京ちゃんのことを見ていたのは本当だよ?だって京ちゃんはいつも私に優しくしてくれたからね。
今でも京ちゃんの籍は麻雀部に残ってるんだよ?まだ戻れるし一緒に麻雀を打てるからっ!
今度は私が麻雀を教えてあげるね、絶対に京ちゃんを強くしてあげるから!
だから返事をしてよ、京ちゃん!京ちゃん京ちゃん京ちゃん京ちゃん京ちゃん
京ちゃんと一緒にまた登校したいな、京ちゃんのお部屋で本とか読みたいな
お願い返事をしてください、きょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃん
きょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃん
きょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃん
きょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃんきょうちゃん』

京太郎「……そうかよ」

京太郎「まだお前は友達面してんのかよ……!」

京太郎「畜生っ、舐めてんじゃねぇぞッ!!!」

京太郎(絶対に、許すもんか)

京太郎(俺は一生許してなんかやらねーからなっ!)

京太郎(むかつくったらありゃあしないぜ)

京太郎(最後に、送るか)

『二度と送ってくるな』チャクシンキョヒッ

京太郎(チッ、嫌な気分だぜ……)

京太郎(なぁ、神代さん)

京太郎(俺は長年仲が良かった友達に手ひどく裏切られた)

京太郎(それでも、俺に――友達になれというのですか?)

京太郎(俺は、貴方達と仲良く出来るんでしょうか?)

京太郎(本当に――――信じてもいいんでしょうか?)

京太郎(わかんないっすよ……怖いっすよ……!)

京太郎(畜生……信じたいけど、素直に信じられないんだよ!!!)