みさき「準決勝もついに大将戦です。この大将戦でどう動くでしょうか」

理沙「…………」

みさき「ついに無視されました」

理沙「違う!考えてた!」



咲(私の番か……ここで勝ったら決勝……お姉ちゃん……)

京太郎「咲、おい咲どした?」

咲「……京ちゃん」

京太郎「大丈夫だって。リードはあるんだ。気楽にやれよ。ほら、いつもみたく俺飛ばすくらいで」

咲「アレは京ちゃんだから飛ぶんだよ」

京太郎「なんだとこのちんちくりんは」

咲「せめて飛ばないようにしてほしいなー」

京太郎「自分の実力分かって言いやがれ。お前和優希と打つんだぞ?俺なんて飛ぶかお前に+-0にされるかだっての」

咲「……ふふっ」

京太郎「なんだよ」

咲「なんでもないよ」

咲(やっぱ京ちゃんといると安心するな)

咲「じゃ、行ってくるね」

京太郎「おう、行って来い」



ネリー「じゃー行くねー」

智葉「おう。無理するなよ」

ネリー「分かってるよー。姫松が追い上げてきてるんでしょ?」

智葉「いや……清澄だ」

ネリー「1位だから無理してこないでしょ?」

智葉「あれは多分宮永照辺りと同じだ」

ネリー「?」



恭子「い、行ってきます」カタカタ

洋榎「落ち着きや。すでにカタカタゆうてるで」

郁乃「善野さんが見てるで~?」

恭子「そ、そうやった……カタカタしてる場合じゃないわ。負けられへん!」



有珠山大将「やるだけやってくるね」

成香「が、頑張ってください!」


ネリー「ツモ!」

ネリー(んー……サトハが言うほどの感じはしないなー)

有珠山(やっぱ強いわー)

恭子(また化け物ばっかやん……)カタカタ

咲「…………」



咲「ツモ」

みさき「前半戦終了です」

理沙「……静か!」

みさき「ええ、特に大きく変わったことはありませんね」

理沙「……まだ!」

みさき「はい?」



ネリー「サトハー、清澄特に変わったとこないよー」

ダヴァン「うーん……分かりまセン」

智葉「思い違いじゃないと思うんだがな」



恭子「や、やぱっり化け物ばっかですやん!」カタカタ

郁乃「大丈夫やって~……多分」

恭子「ホンマ負けそうでメゲルわ……」

漫「あ、諦めんでください!」

由子「頑張るのよー」

恭子「くっ……やるしかないんか」



有珠山大将「アレね。ただでは帰らんって気分よ」

有珠山中堅「なんか違うんじゃない?」



咲「……ここ、どこ?」
大将後半戦
咲「カン」

有珠山大将(あ、やば)

咲「もいっこカン」

ネリー(ちょ、ちょっと何これー!?)

咲「カン」

恭子(も、もう勘弁してや……)カタカタ

咲「ツモ」



咲「ツモっ」

みさき「試合終了!!準決勝を勝ちぬけたのは清澄高校と臨海女子高校です!」

みさき「臨海を抑えて初出場の清澄が1位ですが、どうですか?」

理沙「……意外!」

みさき「はい、ありがとうございました」



咲「お疲れ様です」

ネリー「お、お疲れ様です……」

ネリー(さ、最後やばかったー……え?またこの人とやるの?)

恭子「あ、ありがとうございました……」カタカタ

恭子(……メゲるわ)

有珠山大将「お疲れ様です」

有珠山大将(後半何もやってないわー……)


試合結果

1位清澄2377+552=2929

2位臨海1645+351=1996

3位姫松1482+454=1936

4位有珠山681+150=831




京太郎「明日のミーティングと最後の練習っていうし、なんか買ってこないとな」

京太郎「それにしても、全国の決勝か……まさかここまでくるなんてな」

京太郎「……俺、何にもしてねーのにな」

京太郎「……やっぱ、俺も麻雀上手くなりてーな」

京太郎「……ん?あそこにいるのは」


京太郎「あのジャージとポニテは……」



穏乃「明日か……」

京太郎「おい、何やってるんだ?」

穏乃「うわぁっ!?す、須賀くん?」

京太郎「高鴨、だったよな。何やってるんだ?」

穏乃「んー、夜風に当たろうと思って」

京太郎「こんな時間に?」

穏乃「……ちょっと、落ち着かなくてさ」

京太郎「……隣、いいか?」

穏乃「うん……明日さ、決勝じゃん?」

京太郎「あぁ」

穏乃「私達さ、優勝じゃなくて和とまた遊びたい!って目的できたんだ」

京太郎「和と遊ぶ、か。それで決勝まで来るんだから大したもんじゃねぇか」

穏乃「ありがとう。でそれが叶って、今なんか落ち着かないんだ」

穏乃「アレだね。遠足の前の夜って感じ」

京太郎「お前……全国の決勝と遠足を同じにするなよ」

穏乃「あはは」

京太郎「……高鴨は不安とか無いのか?」

穏乃「え?」

京太郎「明日、途中で飛んだり、自分がすっげえ失点したり、そういう不安」

穏乃「無いね!」

京太郎「……即答?」

穏乃「うん!だって、そういうのも込みで楽しいし!」

穏乃「だから決勝も不安とかじゃなくて、どんな麻雀ができるかの楽しみしかない!」

京太郎「……高鴨は強いな」

穏乃「そんなことないよ?宥さんとかが点は稼いでるし…」

京太郎「そういうのじゃねぇって……楽しむか、そうだよな」

京太郎(大会が終わったら、改めて麻雀しよ。楽しむために)

穏乃「ねぇ、同い年だしさ、私のことは穏乃でいいよ」

京太郎「じゃ、俺も京太郎でいいぜ」

穏乃「うん!明日、楽しみだね京太郎!」

京太郎「そうだな。俺は打てないけど、楽しみだ!」



コンビニ店員「ありがとうございましたー」

京太郎「さて、お菓子もタコスの材料も買ったし、帰るか」

京太郎「ん?あの人は……」


京太郎「……あいつ、何やってんだ?」



淡「……むー」

京太郎「よう、何やってんだ?」

淡「あ、キョータロー」

京太郎「こんな時間にこんなとこで……明日あるのにいいのか?」

淡「明日……ねーキョータロー」

京太郎「なんだ?」

淡「咲って強い?」

京太郎「なんだいきなり……まぁ、強いよ。麻雀は」

淡「そっかー……」

京太郎「なんだ?何が言いたい?」

淡「明日さー……大丈夫かなって」

京太郎「おいおい、あんなに強気だったじゃねーか」

淡「でもさー、高鴨穏乃とか、テルーの妹の咲とか、そんなんいるじゃん?」

淡「本当に今までみたいに勝てるのかなーって思って……どうしよ」

京太郎「…………」

京太郎「…………」なでなで

淡「え?ちょ、何すんの?」

京太郎「いや、なんとなく?」

淡「なんとなくで女の子の髪に触るのー?」

京太郎「昔、咲や照さん相手によくこうしたんだよ」

淡「テルーに?」

京太郎「迷子になった後だったり、喧嘩して泣いた後だったり、何か不安がった時だったり」

京太郎「あ、咲は今もか」

淡「……子供扱い?」

京太郎「んー、俺が麻雀に関してお前らに言えるようなことはないんだよなー」

京太郎「だから、こうして不安が和らぐようにするしかできない」

淡「……駄目じゃん」

京太郎「お前が信じるお前を信じろ」

淡「……なんのアニメ」

京太郎「熱いアニメなんだけど、外したか?」

淡「こういう時にアニメのセリフー?もうちょっと気のきいたこと言わないとモテないよ?」

京太郎「くっ……返す言葉もねぇ」

淡「でも……少しは元気出た。ありがとね」

京太郎「ん、まあ元気になったんならいいさ」

淡「でもさー、敵を元気にしてどうすんのー?清澄としては私がへこんでた方がいいんじゃない?」

京太郎「はぁ?何言ってんだ。そんなの関係ないだろ?これくらいやって当然だ」

淡「……キョータローってさ、結構凄いこと言うよね」

京太郎「うん?」

淡「あははっ、ありがとね!そして明日清澄負かしたらごめんね!」

京太郎「簡単には負けねーよ」

淡「じゃないと困るしー。じゃ、まったねー!」

京太郎「なんだ?……ま、元気になったしいいか。帰るか」



朝、大会会場

久「……いよいよね」

まこ「なんじゃ、緊張しとるんか?」

久「そりゃね。ずっと待って、そして部員が揃って、大会に出て、ここまで来た」

久「今日、決まるのよね……全国優勝するのが、どこか」

和(私は転校してしまうかが、ですね)

咲(お姉ちゃん……)

久「……みんな、今さらどうこう言うことは無いわ」

久「ただ、全力を尽くしましょう」

久「そして、全国優勝するわよ!」

咲、和、優希、まこ「おぉーっ!!」



久「……今さらだけど、わざとじゃないわよね?」

和「さすがにそんな人ではありませんよ……」

まこ「なんというか……今日ぐらいビシッとしたかったわ」

優希「もう、仕方ないことだじぇ」

久「そうね……と言う訳で須賀くん」

京太郎「はい」

久「咲、探してきてね?」



咲「ここ……どこ?」



京太郎「すぐに見つけてきます」

まこ「どうやったらあんな風に一致団結した後に迷子になれるんじゃろな」

優希「咲ちゃんの特殊能力か?」

和「そんなオカルト……ありそうで怖いです」

咲「どこだろ……あ!」

照「……咲?」

咲「……お姉ちゃん」

照「……ここまで来たんだね」

咲「うん……」

照「団体戦で直接当たることは無いけど……負けないから」

咲「……私だって負けないよ!」

照「うん……じゃ、会場で」

咲「うん!」

京太郎「って待てい!!」

照「あ、京ちゃん」

咲「もう!ここはかっこよく去るとこだよ!」

京太郎「お前な……会場と反対の方向に去ってどうするんだ」

咲「う……」

照「……私はちゃんと会場の方向だから」

京太郎「照さんは応援席でしたけど」

照「…………」

京太郎「2人とも連れて行くんで、手離さないでくださいね」ギュッ

咲「……またそういうことする」

照「私達は迷子じゃない」

京太郎「どの口が言いますか……」

咲「あ、私こっちから来た…」

京太郎「そっちは遠回りになるからな」

照「お菓子のにおいが……」

京太郎「控え室にあるでしょう。菫さんが買ったって言ってましたよ」

京太郎「はぁ……全国決勝前なのに、締まらないなこの姉妹」

咲・照「ねぇ京ちゃん」

京太郎「ええい静かに引っ張られてろ!」


白糸台控室

菫「本当にありがとう……毎回毎回探しに行くから助かった」

京太郎「いやいや、慣れてますから」

照「そんな毎回じゃ…」

菫「じゃあ迷子にならなかった試合言ってみろ」

照「…………」

放送「各校先鋒の方は…」

照「じゃ、行ってくるから」

菫「おいこら」

誠子「逃げた?」小声

尭深「逃げたね」小声

淡「テルー、頑張ってねー!」

照「うん」

京太郎「途中まで同じなんで、行きましょうか?」

菫「頼む。色々終わったら改めてお礼をする」

照「そこまでしなくても…」

淡「ここって決勝だけしか使われない会場だったよね。テルー分かるの?」

照「……京ちゃん、行こ」

京太郎「照さん、だからそっちじゃないですって」

菫「……チームメイトだが、アレが全国1位だと思うと複雑だ」



晴絵「さて、玄。行ってきな」

穏乃「玄さん頑張ってください!」

玄「う、うん!また宮永さんが相手だけど、頑張るよ!」

宥「が、頑張ってね」

灼「応援してる」

憧「まかせたわよ!」

智葉「さて、行くか」

ネリー「なんかいつもより気合入ってるー?」

明華「決勝だからでしょう?」

ダヴァン「いや、また宮永照が相手だからデスヨネ?」

智葉「あぁ……真向勝負だ。今度は負けん」

ハオ「頑張れ」



優希「タコスよし、マントよし。準備万端だじぇ!」

和「普通麻雀打つ前に気にしないものですが……」

まこ「今さらじゃな」

優希「京太郎はまだか」

咲「うん。お姉ちゃんを送っていくって言ってたし」

久「試合前に相手校の選手を送るって……いや、この場合送られる方が問題か」

咲「あはは……優希ちゃん、頑張ってね」

優希「まかせるじぇ!相手が高校最強だろうとなんだろうと、私は勝つ!」

和「油断は禁物ですよ」

まこ「ま。無理せずいつも通りやりゃええわ」

久「そうね。優希、いつも通りのあなたで、頑張りなさい」

優希「おう!片岡優希、行ってくるじぇ!!」





名前:
コメント: