有珠山次鋒(……こいつの便利)

まこ(またか!)

由子(やりにくいのよー)

ハオ「ロン」

ハオ(負けるために日本に来た訳じゃない)



有珠山次鋒(……こいつ……あれ?)

由子(残念だけど、私はあんたが欲しがるようなものは持ってないのよー)

ハオ(清澄……ここまでついてることある?)

まこ「ロン!」

由子(あー……有珠山にかきまわされたのよー)



みさき「次鋒戦終了!!1位は清澄です。強豪姫松と臨海がここでは静かでしたね」

理沙「……有珠山!」

みさき「有珠山は……4位です」

理沙「そっちじゃない!」

次鋒戦結果

1位清澄523+832=1355

2位臨海555+334=889

3位姫松396+101=497

4位有珠山137+80=217

久「お疲れ様、大活躍じゃない」

まこ「あぁ……有珠山は気をつけたほうがええ」

久「へぇ……」

まこ「あいつらなんかあるぞ」

久「覚えておくわ。じゃ、もっと差を広げてこようかしら」



ハオ「悪い……まかせる」

明華「まかされました」

ネリー「大丈夫ー?」

明華「分かりません。だけど、勝ちにいきます」



由子「ごめんなのよー……清澄バカヅキしすぎなのよー」

洋榎「かまへんかまへん。いっちょ、ひっくり返してくるわ」

漫「主将、お願いします!」

洋榎「まかしとき!」

恭子「気を付けてください」

絹恵「お姉ちゃん、オカンからメールや」

洋榎「なんや?」

絹恵「愛宕洋榎が強いとこ見せてこい、やて」

洋榎「……嫌というほど見せたるわ!」

洋榎の補正が変化しました



有珠山次鋒「…………」

有珠山中堅「いや、なんか言って行きなさいよ」



みさき「中堅戦、開始です!」

久(さて……これでどうかしら……え?)

明華(うわ、面倒くさいです)

洋榎(なんやこいつ……)

有珠山中堅「ツモ」



有珠山中堅(……アレ?失敗?)

明華(ある意味失敗、ですけどね)

久「ツモ!」

洋榎(またついとるな~)



みさき「前半戦終了!清澄がいまだトップです!」

理沙「……有珠山、変わってる」

みさき「有珠山?……野依プロもだいぶ変わってる方ですよ?」

理沙「同じこと言ってる!」

みさき「野依プロもです」



久「あー……確かに面倒な相手ね」

和「そんなオカルトありえません」

優希「出た!のどちゃんの決め台詞!」

和「だからそういう訳ではありません!大体ですね…」

京太郎「まぁまぁ」

咲「お、落ち着いて。ほら、ちょっと変わった状況なだけかもしれないし…」

まこ「お前が言うんか」



明華「やりにくいんで代わってもらえませんか?」

智葉「そんなルールねーよ」

ダヴァン「諦めて頑張ってクダサイ」

明華「ちぇー」



洋榎「どやった!?点足りない!?分かった!!」

絹恵「いや自分で言うてどうすんの。ちょ、もう行くん走らんで早い早い!」

恭子「何やってるんや……」

由子「いつもの洋榎なのよー」



有珠山中堅「外したわー」

有珠山大将「最初は大当たりだったじゃん」

成香「が、頑張ってください!」



明華(つまり利用すれば……)

有珠山中堅(あ、ばれた?)

久「ロン!」

久(また調子いいわねー)

洋榎(こ、このままじゃアカン!)



有珠山中堅「……ツモ」

みさき「中堅戦終了!!順位や点差はほぼ変わらずに終わりましたね」

理沙「……接戦!!」

みさき「はい、順位の変化こそなかったものの接戦でした」



久(ふぅ……なんとか1位のままね)

洋榎(もうちょっと稼ぎたかったわー)

明華(強い、じゃなくて面倒な相手が多いですね)


中堅戦結果

1位清澄1355+504=1859

2位臨海889+455=1344

3位姫松497+460=957

4位有珠山217+377=594


久「それじゃあよろしくねー」

和「はい」

久「うん、和は普段通り打ってくれればいいわ」

久(言っても聞かないしねー。ま、和なら大丈夫でしょうけど)



ダヴァン「行ってキマス」

智葉「相手は龍門渕透華じゃないぞ?」

ダヴァン「分かってマス。でも、彼女に勝った相手デス。強敵には変わりまセン」

ダヴァン(直接リベンジできないのは残念デスガ、その分原村和にぶつけマス)



洋榎「絹ファイトや!!」

絹恵「うん!」

絹恵(相手は強そうやけど、お姉ちゃんみたいに私が頑張るんや!!)

恭子「今度はとんでもなく強い、ってより確実な感じの相手ばっかりや。教えた通りしっかりやれば大丈夫やで」

絹恵「はい!末原先輩の教えてくれたデータ、頭に叩き込んでます!」

恭子「よし、ほな頑張ってな!」

絹恵「はい!」



有珠山副将「……わ、私でいいの?」

有珠山中堅「今さらよ。精一杯やってきなさい」



みさき「副将戦、開始です!」


絹恵(やっぱ原村の打ち方は変わらんなー)

ダヴァン(ほほう……完全なデジタル……)

有珠山(な、なんか場違いな気が……)

和「ツモ」



絹恵(絶対に、絶対に追いつくんや!)

ダヴァン(これは……原村ばっかり見てたら痛い目見ますネー)

和(…………)

有珠山副将(私、いなくてもいい気が……)

絹恵「ロン!」



みさき「前半戦終了!トップは依然清澄です!」

理沙「……姫松!」

みさき「はい、姫松がその後ろを追っています。順位こそ3位ですが、この勢いで追いつくか」



和「ふぅ……このまま行けば大丈夫ですね」

京太郎「和ー、水分持ってきたぜー」

和「須賀くん、ありがとうございます」

京太郎「やっぱ和はすげーな。このまま頑張れよ」

和「はい」



ダヴァン「原村、人間味ないデス」

智葉「あそこまでデジタルだったらな」

ハオ「ミス無しだからすごい」

ダヴァン「はい。コンピュータ設定最強でネット麻雀してるみたいデス」

明華「はて、どこかで聞いたような?」

ダヴァン「でも、大丈夫デス。行ってキマス」



洋榎「絹ー!よーやったー!!」

絹恵「い、いきなり抱きつかんでって!」

恭子「でもええ感じやで。このまま頼むな」

由子「頑張るのよー」

漫「他に負けんで頑張って!」

絹恵「は、はい!」



有珠山副将「ほんっと消えたみたいな感じなんだけど」

有珠山大将「大丈夫大丈夫。もっと消える人はいるから」


ダヴァン(デジタルって言っても弱い打ち方じゃないデス。むしろ原村の場合強いデスネ)

絹恵(薄墨みたいなんがおらんと、原村が強いなぁ……)

有珠山副将(うぅ……1人沈み……)

和「ツモ」



ダヴァン(うーん……マイナスじゃないですけど、原村と姫松が持って行きましたネー)

絹恵(臨海よりは稼げたけど、追いつくには足りんかぁ……)

有珠山副将(…………)

和「ツモ」

みさき「副将戦終了!3位姫松が2位臨海に追いつこうとしています」

理沙「……臨海、危ない!」

みさき「はい。大将戦次第では姫松が2位の可能性も出てきましたね」


副将戦結果

1位清澄1859+518=2377

2位臨海1344+301=1645

3位姫松957+525=1482

4位有珠山594+87=681




名前:
コメント: