恒子『中堅戦終了!!最後は渋谷尭深選手の役満が飛び出しました!!』

京太郎「すごいな……役満なんて上がったことないなー」

淡「そりゃタカミーだからねー。タカミーは…むぐ」

誠子「だから言うなって。それじゃ、行ってきます」



自販機前

京太郎「……ふぅ、さすがにあの状況は居づらいな」

京太郎「なんか聞いてほしくない話っぽかったし……やっぱりそろそろ出るべきかな」

憩「なんや?試合最後まで見ない気なん?」

京太郎「そうじゃなくて……憩さん?」

憩「久しぶりーぃ」

京太郎「それほどですかね」

憩「もうちょっと連絡してくれてもええのに、冷たいわーぁ」

京太郎「色々忙しかったんですよ。試合は出ませんけど」

憩「その試合やけど、どうなると思う?」

京太郎「試合ですか?……順当にいけば白糸台と千里山でしょうね。けど」

憩「けど?」

京太郎「そう簡単にはいかない、ですよ。うちがそうですから」

京太郎(長野の決勝……あんなことが起きるのが麻雀だよな)

憩「そのとおり。うちとしては阿知賀を応援しとるけどね」

京太郎「阿知賀を?」

憩「昨日、特訓したんよ。さすがにそこまで変わるとは思わへんけど……」

京太郎「変わるかもしれない、と」

憩「最後まで、ちゃんと見てないといかんよーぉ?ほななー」

京太郎「憩さん……ナース服じゃなかったか」

京太郎(そういや、ナース服の色って、何種類あるんだろう)


観客席

京太郎「……副将戦終わったか」

京太郎「さすがに戻りづらいし、これ以上いる訳にもいかないかな」

京太郎「照さんにメールだけでも送っておこう」



誠子「す、すいませんでした!あんなに失点して……」

照「…………」

尭深「何も言わないんですか?」小声

菫「私もマイナスだったんだぞ?ここは何か言えるのは照だけだ」小声

照「……亦野」

誠子「は、はい!……交代、ですよね?」

照「お疲れ様、次頑張ろうね」

誠子「……え?」

照「ん?あ、食べる?」お菓子

誠子「いや、そうじゃなくて、あれだけ失点したのに次?」

照「?……淡が負けたりしなければだけど、決勝のことだよ?」

誠子「いや、そうじゃなくて……私でいいんですか?交代だと思ってましたけど」

照「最終的に勝てばいい。点差がどうとかは気にしないし、私は亦野以外に副将やれる人はいないと思ってるから」

誠子「宮永先輩……」

照「菫と尭深も、いいよね?」

菫「……いいも何も、お前が決めたんだ。何も言わないさ。それに、私だって亦野を信じてるからな」

尭深「私も、です」

誠子「……弘世先輩、尭深」

照「大将戦始まるけど……京ちゃんどうしたのかな」

菫「そりゃ居づらかったんだろうな」小声

誠子「すいません」小声

照「あ、京ちゃんからメール……そっか」

尭深「何だったんですか?」

照「さすがにそろそろ別のとこで見るって」

誠子「なんかすいません……」

菫「いや、本来他校の生徒が居ていいとこじゃないからな」

照「でも応援してるって」

菫「まぁ、淡だから大丈夫だろ」



廊下

京太郎「ふぅ、大将戦は見逃せないし、今のうちトイレ行っとかないとな」

玄「うぅ~……ドラが~……」

京太郎「……玄さん?」

玄「京太郎くん!……うわーん!」

京太郎「あぁ……先鋒戦お疲れ様です。大変だったでしょう?」

玄「うん……2回戦でも敵わなかった園城寺さんいるし、宮永さん強いし……」

京太郎「はい……大変でしたね」

玄「何より……何より……」

京太郎「?」

玄「おもちが足りない!!」

京太郎「なん……だと……!?」

玄「準決勝なのに、それ以降は私の対戦相手おもちがないんだよ!!強くておもち無いとか、相性最悪だったよ!!」

京太郎「あの状況でそこを見ているとは……見事です」

玄「うぅ……帰ってお姉ちゃんに抱きつこう……」

京太郎「お疲れ様です!……あ、うちが当たる姫松の先鋒はおもちありましたよ」

玄「私、姫松を応援するね!!」

京太郎「和はどうしたんですか」

玄は後でしっかり怒られました



売店付近

京太郎「しっかし淡の奴すごかったんだな……アホっぽいのに」

京太郎「一応あいつの他の試合は見たけど……あんなにカンしてたかな」

京太郎「カンか……咲もカンするけど、そんな簡単にできるもんじゃねーだろ」

京太郎「ほんと同じ麻雀なのかね……ん?」

照「……ここ、どこだろ」

京太郎「……何やってるんですかチャンピオン」

照「あ、京ちゃん」

京太郎「トイレはあっちで売店はそっちです。控え室までなら送ります」

照「……控え室までだけど、慣れてるね」

京太郎「方向音痴が似るってどんな姉妹ですか」

照「好きで方向音痴じゃない……ところで、チャンピオンって呼ぶのは止めて」

京太郎「分かってますよ、照さん」

照「ん」

京太郎「そういえば、淡の奴ってすごかったんですね。アホっぽいのに」

照「淡も強いからね。普段で決めちゃダメ」

京太郎「咲も普段あんななのに強いですし、人は見かけによらないってここ最近で実感しましたよ」

照「うん、見かけ以上に強かったりすることって結構ある。でも、大将戦はもしかしたら……」

京太郎「もしかしたら?」

照「……なんでもない。淡なら、大丈夫」

京太郎「はぁ……ところで照さん」

照「何?」

京太郎「曲がる方向逆です」



恒子『試合終了!!1位は阿知賀女子、2位は白糸台です!!』

京太郎「……どーやったらああいう風に打てるんだ?」

京太郎「いや、それより白糸台が2位か……阿知賀も強敵ってことだよな」

京太郎「……確かにあの姉妹のおもちは……いや、白糸台も菫さん達はなかなか……」

優希「……何不審者やってるんだじぇ」

和「さすがに口に出していいことじゃないと思いますよ?」

京太郎「ん、2人とも取材は終わったのか?」

和「ええ。試合を見ながら、という形でしたので」

京太郎「阿知賀、すごいな」

和「ええ……私も負けられませんね」

優希「よーし!帰って打つじぇ!!」

京太郎「明日早いんだからほどほどにしとけよ」

和「ふふ、私も打ちたいですね。須賀くんもどうです?」

京太郎「また俺を飛ばそうというのか……」

京太郎(しかし、千里山の人達や新道寺の人達はどうしてるかな……怜さんとか、一度お見舞い行かないとな)



淡「ゴメン!!2位になっちゃった!!」

照「明日勝てばいい。それだけだから」

菫「そうだな。私も決勝までに癖を直して逆手にとってやる」

誠子「私も、決勝こそやってやる!」

尭深「私も」

照「……決勝、必ず勝とう」

菫・尭深・誠子・淡「おおっ!!」

照「じゃあ早く帰って……」

菫「どうした?冷蔵庫開けて固まって」

照「……試合前に入れておいて食べなかったプリンがない。誰?」ゴゴゴゴゴ

淡「あ!先鋒戦で菫先輩がトイレ行った時に……もが」

誠子「しーっ!」

尭深「それは内緒にしとかないと…」

照「……後輩達、明日の為にちょっと帰って打とうか」ゴゴゴゴゴ

東風戦だけで許しました




京太郎「あいつら……本当に飛ばしやがって」

京太郎「最下位がコンビニに行くってのは、なんとしても変えよう。俺で確定だし」

京太郎「ん?公園にいるのは……」

京太郎「なんか国際色豊かな集団が……」



ダヴァン「助かりマシタ!これで大丈夫デス!!」

智葉「あのな……そりゃ友人として頼まれたなら断ったりはしない」

ダヴァン「さすがサトハ!」

ネリー「サトハ優しいからねー」

明華「この間も助けてもらいました」

ハオ「うん、助かる」

智葉「だがな……カップラーメンの特売でレギュラー呼び出したりするんじゃねぇよ!!何回目だよこれ!!」

ダヴァン「ですが、お1人様3個までで…」

智葉「味別々で15個もいらねーだろ!!業者かどっかからダースで頼めってこないだ教えただろうが!!」

ダヴァン「味が同じになります!!」

智葉「てめぇあんだけ食ってて味がどうこうぬかすんじゃねぇ!!緊急だっつって夜中に呼ぶ理由じゃねーんだよ!!」

ネリー「ほら、その分明日頑張るって意思表示だよー」

ハオ「日本人で言う誠意ね」

明華「これが……誠意」

智葉「微妙に違うわ。ったく、監督呼ぶか」

ネリー「サトハ職権乱用ー」

智葉「やかましい。帰りくらい監督も使ってやる」

ハオ「ナナツアタリ?」

明華「いえ、ココノツアタリ」

智葉「八つ当たりだ……もしもし……はい、はい……それじゃ」

智葉「少しかかるらしい。よし、待ってる間にこのラーメン食うか」

ダヴァン「ホワッツ!?酷い!!」

智葉「うるさいこれくらい当然だ」

ネリー「じゃーネリーこれー」

明華「私はこの定価が一番高いのを」

ハオ「じゃ、坦々麺」

ダヴァン「みんな容赦ないデスネ!!」

京太郎「アレって明日の相手の臨海だよな?公園でラーメンって……」

智葉「ま、お湯が無いし夜だから食べるのは無理だがな」

ダヴァン「ホッ」

智葉「つーわけでテイクアウトだ」

ネリー「はーい」

明華「夜食にします」

ハオ「日本のレベル……期待してる」

ダヴァン「結局減るんデスネ……もう諦めマス」

智葉「で、そこで見てるのは誰だ?覗き見とは感心しないがな」

京太郎「あー……別に覗いてた訳じゃないですよ。たまたまです」

智葉「ん?お前……清澄の人間か?」

京太郎「分かるんですか?」

智葉「対戦校のデータくらい頭に入れるさ」

ネリー「あ、Kちゃん!」

ダヴァン「おお!あの時はお世話になりマシタ!」

明華「あ、お礼がまだです」

ハオ「知り合い?」





名前:
コメント: