朝、インターハイ会場

和「少し早すぎましたか?」

京太郎「試合前だし、遅くなるよりいいだろ」

優希「でも咲ちゃんほっといてよかったのか?」

和「ええ。起きてすぐだったんで後で来て下さいって言いはしましたが」

京太郎「あいつなら今頃2度寝してるって」



咲「...zzz...zzz」



優希「さて、まずは花田先輩のとこだじぇ!タコスを差し入れれば先輩も大活躍!!」

京太郎「おまえ、照さん相手で大活躍できるのか?」

優希「……行くじぇ!」

京太郎「無視しやがった……」

和「須賀くんはどうします?花田先輩とも知り合いみたいですし、一緒に行きますか?」

京太郎「あー……俺は知り合いって言ってもつい最近知り合ったから遠慮しとく。2人はつもる話もあるだろうし、席でも取っとくよ」

和「そうですか。では、お願いしますね」

京太郎「おう、まかせとけ」

優希「じゃ、行ってくるじぇ!」

京太郎「さて、席取りもいいがまだ時間あるし、少し会場見とくか」

人気のない廊下

京太郎「ここはほとんど人がいないな」

京太郎「なんか咲や照さんが迷ってそうなとこだな」

誠子「あのーちょっといいですか?」

京太郎「はい?」

誠子「この辺りに、宮永照さんいませんでしたか?」

京太郎「照さん?見ませんでしたけど」

尭深「そうですか。ありがとうございます」

京太郎「……また、迷子ですか?」

誠子「え!?なんで分かって…」

京太郎「白糸台の人ですよね?照さんの幼馴染の須賀京太郎です」

尭深「幼馴染……ひょっとして、最近よく宮永先輩と電話してる?」

京太郎「電話が夜なら多分俺ですね」

誠子「あー、清澄かどっかの1年生って言うのは君か!」

京太郎「照さん、どこかに行くって言って消えました?それとも何も言わずに消えました?」

尭深「何も言わずに、だね」

誠子「もうすぐ試合なのに」

京太郎「だったら、売店かどこかの近くにいますよ?

尭深「そ、そうなの?」

京太郎「そういう消え方したら、なぜかお菓子とかある場所の近くをふらふらしているんです」

誠子「なるほど。よく分かるね?」

京太郎「昔からですから……」

尭深(疲れた弘世先輩と同じ目を)

誠子「とりあえずその付近を」プルルルル

誠子「あ、ゴメンちょっと出る。淡?え?見つかった!?……売店の周りをぐるぐる回ってた……ああ、分かった」ピッ

誠子「言った通りだった……」

京太郎「あの人も変わらないなぁ」

尭深「ありがとうね、須賀くん」

誠子「改めてお礼を言うよ」

京太郎「いやいや。何もしてませんって」

誠子「遅くなったけど、一応自己紹介しとこうか。私は亦野誠子。白糸台の2年生で副将やってる」

尭深「私は渋谷尭深。私も2年生で、私は中堅」

京太郎「ああ、2人とも照さんが電話で話してましたよ。いい後輩がいるって」

誠子「うれしいね、そう言ってもらえると」

京太郎「安心して後ろを任せられる、とか楽しそうに言ってましたよ」

尭深「宮永先輩がそんなことを……」

誠子「普段、麻雀に関しては的確なこと言ってくれるけど、そういうことは言わない人だしね」

京太郎「口には出さないだけで、結構色々考えてますからね」

尭深「うん、よく分かる。先輩のためにも、頑張らないと」

誠子「ああ。試合、頑張ろう」

京太郎「応援してますね」



自販機前

京太郎「ふぅ。やっぱり照さんすごいんだな、あんなに活躍して、後輩にも慕われてて」

京太郎「あーあ。俺もいきなり麻雀が強くなって活躍できたりしないかな」

京太郎「いや、無理か」

怜「いやいや、そんなことあらへんよ?」

京太郎「できねーって。いきなりトンデモオカルト能力にでも目覚めたりとかあるってか?」

怜「それがあったりするんよー。やってみる?やり方教えよか?」

京太郎「マジ!?頼むわ!」

怜「ええでー。まず死にかけます」

京太郎「無理だ」

怜「ですよねー」

京太郎「……いや誰だあんた!」

怜「失礼やなー。人に名前聞く時はまず自分からって言うやろ?」

京太郎「ああ、そうだったな。俺は…」

怜「ウチは園城寺怜って言うわー」

京太郎「先言ってるじゃねーか!」

怜「いやー、あんたおもろいわー」

京太郎「そりゃどーも。俺は須賀京太郎。清澄高校の1年生だ」

怜「あ、ウチは千里山高校の3年生や」

京太郎「年上!?」

怜「ウチ、病弱やから……」

京太郎「いや、関係なくね?あ、無いですよね?」

怜「……ばれたか」

京太郎「そういう問題?……千里山の園城寺怜って確か……」

怜「なんやー?千里山のエースとでも言うんか?」

京太郎「2回戦で阿知賀の松実玄さんをハァハァ言いながら泣かしてた……」

怜「うん、謝るからその言い方やめて?結構間違ってないんやけどすっごい誤解が生まれそうやから」

京太郎「それで、その園城寺さんがなんでこんなとこに。もうすぐ試合じゃないんですか?」

怜「ちょい気分転換しよ思ってな。後は飲み物でも買って…」

竜華「怜ー。浩子が呼んでたでー」

怜「あ、竜華」

京太郎「確か千里山の大将の……」

怜「清水谷竜華やで。大将であり部長でありベスト膝枕でもある」

京太郎「ほほう、それはおもちと合わせて興味深いですね」

怜「試してみる?」

京太郎「是非」

怜「3000万やで?」

京太郎「一生かかってでも払う!」

怜「それが聞きたかった!」

竜華「いや、何ゆうてるん」

怜「そういうノリや」

竜華「ごめんな。怜、少し緊張してるみたいで」

京太郎「あ、いえいえ」

怜「ま、緊張はほぐれたわ。ありがとなー、須賀くん。いや、Kちゃん」

竜華「ええっ!!そうなん!?」

京太郎「そうですよ?気付いてたんですか?」

怜「なんか似てるなーくらいやけど」

竜華「ど、どないしよう……サイン?」

京太郎「いや、そんなん無いですから」

竜華「えーっと……ツイッターにKちゃんなうって……」

怜「つぶやいてどないするん」

竜華「じゃ、じゃあ……」

京太郎「とりあえず落ち着きましょう?」

竜華「せやな……よし、大丈夫や」

竜華「……Kちゃん買いました!」

京太郎「あ、はい」

竜華「…………」

怜「え、終わり?」

竜華「なんも思い付かへん……」

京太郎「と、とりあえず試合頑張って下さいね?」

竜華「は、はい!頑張ります!」

怜「あっちが年下やでー?」

竜華「な、なんか緊張して……」

京太郎「……天然?」

怜「分かる?」



控え室近くの廊下

京太郎「さて、そろそろ2人も戻ってくるだろうし、席取りに行かないとな……ん?」

煌「……遅いですね」

姫子「花田ー、もう戻らん?そろそろミーティングやし」

煌「せっかく後輩が来てくれるんですから、もう少し、もう少しだけお願いします」

姫子「仕方なかね……」

京太郎「花田さん?鶴田さん?」

煌「おや、京太郎くん」

姫子「京太郎くん!?来てくれたと!?」

煌(すっごい嬉しそう……)

京太郎「試合見に来て、始まる前に少し会場見ておこうと思いまして」

姫子「そ、そう。見とるんやね……」

姫子(絶対絶対負けられん……!!)

京太郎「ところで、和と優希が来てないって本当ですか?」

煌「ええ。優希は連絡までくれたんですけど、なかなか来なくて」

京太郎「ここに来た時に行くって言って別れたんですけどね……せっかくタコス持たせたのに」

姫子「ひょっとして、手作り!?」

京太郎「はい。色々やってる内に得意料理になりまして。先輩に差し入れするんだーって言ってましてよ」

姫子「花田……いい後輩持ったんやね!」

煌「ど、どうも。でも、まだ来ないんですよね」

京太郎「なんかあったんですかね。優希が途中でタコス食ったとか」

煌「…………」

京太郎「……すいませんでした」

煌「いやいやいや。まだ決まってませんよ?優希だって……うん……でも優希ですからね……」

姫子「どんだけタコス好きなんよ……」

哩「2人とも、そろそろ時間……」

姫子「あ、部長」

煌「すいません部長、なかなか後輩が来なくて」

哩「姫子、ちょっと」ガシッ

姫子「はい?ちょ、引っ張らんで下さいよ!」

煌「?」

京太郎「?」


哩「なんでおると!」小声

姫子「偶然会っただけですって。部長、会ってみたいとか言ってましたし、話さないんですか?」小声

哩「……なん話してよかか分らん」小声

姫子「えー」小声

哩「いきなりやけん仕方なかろ!」小声

姫子「ほら、行きますよ」グイッ

哩「ちょ、待っ」

姫子「京太郎くん、こん人がうちの部長、頼りになるんよ」

京太郎「新道寺の部長って、確か3年間エースっていう?」

姫子「部長、言わんと」

哩「あー、白水哩です。ど、どうも」

京太郎「はじめまして、須賀京太郎です」

煌「部長?緊張してます?」

哩「そ、そがんこつ……」

京太郎「やっぱり強い人でも試合前は緊張するんですね」

哩「へ?」

京太郎「試合出たことない俺には分からないですけど、気楽に行きましょう?」

京太郎「俺の幼馴染が言ってたんですけど、麻雀を楽しめばいいんですよ」

哩(違うのに、気使ってくれてるんやろか……でも、良い人やね)

哩「……ふふっ、そうやね。ありがとう、須賀くん」

京太郎「そんな大したこと言ってませんよ。幼馴染のそのままですし」

哩「実際楽になったけんね。姫子や花田も良くしてもらっとるみたいやし」

京太郎「良くしてるって、そんなことしてないですよ?」

哩「無意識でやってるんか……」

京太郎「言いすぎですって」

姫子「あ、そろそろ時間じゃないですか?」

煌「優希達は結局来ませんでしたか……」

京太郎「後で2人に伝えておきましょうか?その後俺から連絡でも」

煌「それじゃあお願いします」

哩「あー、今は携帯しまっとるけど、後で姫子と花田から連絡先聞いてよか?」

京太郎「大丈夫ですよ。こんな美人の連絡先知れるならそれくらい」

哩「美人て……全く、世辞はいらんよ」

京太郎「見たままを言ってるだけですよ。それじゃあ、また」

姫子「試合、見とってねー」

哩「…………」

姫子「部長?」

哩「……縛り、きつめに行くか!」

姫子「は、はい!」






名前:
コメント: