純代「?……携帯電話?」

純代(こんなところに落ちてるなんて……落し物?)

ピリリリリリ

純代「わっ」ピッ

淡『もっしもーし?菫先輩?それとも親切な人ー?』

純代「も、もしもし?」

淡『あ、菫せんぱーい。見つかったんだー』

純代「え?わ、私は…」

淡『もー、いきなり携帯落としたーとか言ってどっか行くから、みんな心配してるんですよー?特にキョータローとかも慌ててたしー』

純代「だから人ちが…」

淡『それじゃ、テルー達には見つかったーって言っときまーす。早く戻ってきてねー』ピッ

ツーツーツー

純代「あ……違うのに……ん?」

待ち受けが京太郎と菫のツーショット

純代「こんなかっこいい人と……いいなぁ……」

ピリリリリリ

純代「わっ」ピッ

京太郎『もしもし!菫さん!?』

純代(あ……この人ってひょっとして待ち受けの)

純代「は、はい」

京太郎『見つかったんですね!心配しましたよー』

純代「そ、そう?」

京太郎『ええ。待ち受け見られたらこっそり付き合ってるのばれますし、焦りましたよ』

純代(やっぱり彼氏さん!)

京太郎『菫さん?どうしました?』

純代「だ、大丈夫……大丈夫」

京太郎『そうですか?』

純代(少しくらい、いいよね?かっこいい人だし……クールっぽく喋ればいいかな)

純代「それより、そっちは大丈夫か?」

京太郎『はい?大丈夫ですよ。いきなり菫さんが走り出した時は驚きましたけど……心配しましたよ。勝手にどこかに行って』

純代(結構いい声……)

京太郎『あんまり心配させないでくださいよ。普段から菫さんは色々忙しそうですし』

京太郎『その……もう少し、俺を頼ってもいいんですよ?』

純代「あ、ありがとう」

京太郎『…………』

純代「私も……その……」

京太郎『あなた、菫さんじゃないですね?』

純代「えっ!?」

京太郎『やっぱり……菫さんの携帯を拾ってくれたことは感謝しますけど、途中菫さんに成りすますなんて』

純代「あ……ごめんなさい」

純代「その……彼氏さんがかっこよくて、いい声だったから、つい」

京太郎『……まぁ、褒められて悪い気はしませんけど、やめてくださいよ?』

純代「はい……」

京太郎『それで、今どこに?』

純代「今は……」



純代「はい。そして、すいませんでした」

京太郎「いえ、携帯電話も戻ってきましたし、いいですよ」

純代「あの……ひとつ、いいですか?」

京太郎「なんですか?」

純代「あなたの前に電話してきた人がいたんだけど、その人、私を菫さんと思ったみたいで……そんなに、声似てる?」

京太郎「……正直、似てますよ。間違えても仕方ないくらい」

純代「じゃあ、なんであなたは」

京太郎「それはですね…」



京太郎「菫さーん!」

菫「京太郎!見つけてくれたか!」

京太郎「はい!ここに」

菫「おぉ……良かった。淡の奴がもう見つけたとか言うから焦ったな」

京太郎「…………」

菫「京太郎?」

京太郎「あ、いえ」

京太郎「やっぱり、好きな人の声は間違えようがないな、って思って」


カンッ!!