京太郎(やっぱ和の胸でけー……動くたびに揺れてる)ジー

和「……須賀くん」

京太郎「へ?」

和「視線、気づいてます。最低です」

京太郎「あ……悪い」

和「そんなことしている暇があったら少しでも練習したらどうですか?初心者なんですから……」キッ

京太郎(これでもかってくらい冷たいし厳しいぜ)



和「……ふぅ」プルンッ

京太郎(やっぱあの揺れる胸には目がいっちまうな……)ジー

和「……須賀くん。また見てますよ」

京太郎「はっ!?す、すまん」

和「全く……ある程度は仕方ないって思うようにしても気になるんですからね?」ジトー

京太郎「はい……返す言葉もありません」

和「もう……前より嫌じゃないですけど」ボソッ

京太郎「ん?何か言ったか?」

和「なんでもないです……次から見てたら何か罰でもつけましょうか」

京太郎「勘弁してくれよ……帰りにアイスでもおごるから」

和「……いっそ見るたびにそうします?」

京太郎(かなり対応は柔らかくなった。でも時々赤くなってるような……)



和「…………」ジー

京太郎「……和?なんで俺を見ているんだ?」

和「えっ!?」

京太郎「がっつり見てたぞ」

和「そ、それは……最近あんまり私の胸見てこないから……」

京太郎「いや、和に悪いし……最近ようやく麻雀の腕も上達してきたし、しっかり練習しないといけないしなー」

和「……もう、私の胸に興味がないんですか?」

京太郎「いやそれはありえないけど」

和「じゃ、じゃあもっと見たらいいじゃないですか!!」

京太郎「落ち着け!」

和「須賀くんなら……私……」カオマッカ

京太郎(なにこれ可愛い。ギャップ激しすぎだろ)


カンッ!!