京太郎「お疲れ様です」

怜「おー、須賀、やったっけ?お疲れー」膝枕中

竜華「ほら怜、そろそろどかんと。もう1年生も来るんやで」

怜「もうちょっと……うち……病弱やから」

竜華「それはええから」

京太郎(一応程度には気にかけてくれてるみたいだな)



怜「...zzz...zzz」

京太郎「あ、寝てましたか」

竜華「ん、さっきな。ちょっとしんどそうにしとったしなー」

京太郎「そこに竜華さんの膝枕ならそりゃ寝ますよ」

竜華「あはは、ありがとなー……なぁ」

京太郎「はい?」

竜華「京太郎も、膝枕されてみる?」

京太郎「……え?」

竜華「なーんてな。ちょっとドキッっとしたやろ?」クス

京太郎(かなり良くしてくれるけど、それでも膝は怜さんの場所か)



怜「……これはどういう状況や?」

京太郎「いや……俺はただ寝ててただけなんですけど」

竜華「...zzz...zzz」京太郎に膝枕中

怜「どーやったら竜華が京太郎に膝枕しながら寝とるんや?」

京太郎「さぁ?」膝枕されてる

怜「最近京太郎の話ばっかするなー、って思っとったら……一体どういう手ぇ使ったんや!」

竜華「んん……あ、起きとった?」

京太郎「りゅ、竜華さん」

竜華「どや?うちの膝枕は?」

京太郎「最高です」

竜華「そっか。良かったわ」ナデナデ

竜華「んー……もうちょいこのままでええ?」ニコッ

怜「りゅ、竜華(の膝枕)が寝取られたぁぁぁぁ!?」

京太郎(積極的に膝枕してくれるように……というか世話焼いてくれるようになった)


カンッ!!