京太郎(インハイでうちの麻雀部はかなりの活躍をした)

京太郎(それを見て俺は、今まで以上に麻雀をうまくなりたいと思った)

京太郎(そして色々あって和に教わることになったが)

和「須賀くん、それはこの前教えましたよ。ちゃんと覚えていれば振り込みませんよ」

和「そこはそうじゃなくてこっちです。昨日教えてさっき復習したばかりですよね?」

和「ですからそうじゃないと言っているじゃないですか。ちゃんと計算していれば……」

京太郎(かなりスパルタでした)

久「あーあ。和もそこまで言わなくていいんじゃない?」

和「いえ、厳しくと言ってきたのは須賀くんです。私はちゃんとやってるだけです」

まこ「それはそうじゃが……いきなりお前さんと同じようなやり方は無理じゃぞ?」

優希「うむ。昔のどちゃんに本気で勉強教わった時はしんどかったじぇ……」

咲「京ちゃん大丈夫?なんか、煙が出てるように見えるけど……」

京太郎「だ、大丈夫だ。これくらいでへばってられねーって」

和「そうですよ。ほら、ここはどうします?」

京太郎「えーっと……これ?」

和「…………全然違います」

京太郎「……はい、すいません」



和「それじゃ、私達は残っていきますから」

まこ「おう、戸締り頼んだぞ。後、ほどほどにな」

優希「のどちゃんも京太郎に襲われないうちに……おーい京太郎、大丈夫か?」

咲「じゃあ、お先に。それと、無理は駄目だよ」

久「それじゃーねー」

京太郎「お、お疲れ様です」

バタン

優希「それにしても毎日よくやるじぇー」

まこ「ちぃと厳しすぎる気もするんじゃが……京太郎の実力も前と段違いじゃからのう」

咲「それに和ちゃんも、前より上手くなってますよね」

久「そうねー。毎日残ったり、休日も一緒に練習したり、みっちりよねー」

久「実はあの二人、付き合ってるとか?」

和「……はい、それで正解です」

京太郎「ふー、やーっとか。まだまだだな、俺」

和「そうですね、全然です」

京太郎「うわぁまたドストレートに言うな」

和「まだまだ覚えないといけないことや、気を付けないといけないところがありますからね」

京太郎「はいはい。でもありがとな和」

和「はい……その、"京太郎くん"……」

京太郎「おや。須賀くんじゃなかったのか?」

和「それはみんなの前と、麻雀の練習中だけです!……その」

京太郎「おう。どうしてほしい?」

和「……ギュッって、してほしいです」

京太郎「はいよ」ギュッ

和「ん……あったかくて、安心できます」

京太郎「そりゃ良かった」

和「……やっぱり、少し厳しすぎでしょうか」

京太郎「え?」

和「みんなからも言われますし。その、呼び方まで変えてますし」

和「京太郎くんが告白してくれたのも、麻雀を私に教えて欲しいって言ってくれたのも嬉しいです」

和「だけど……やっぱり私は、、ん!?」

京太郎「……ん、ふぅ」

和「い、いきなりは…」

京太郎「和」

和「は、はい」

京太郎「こうしてくれって言ったのは俺だし、今みたいなやり方で俺もいいって思ってる」

京太郎「それに、少しでも上手くなって、和やみんなに近付きたいんだ」

京太郎「だから、これからもよろしく頼む」

和「……は、はい!!」

京太郎「ところで、わざわざ毎日残ってこうやって抱き合ったりとかするのは…」

和「それがないと私が耐えられないです」

京太郎(和は教える時は厳しい師匠だが、二人っきりだと可愛い自慢の彼女だ)

京太郎(少し厳しすぎることもあるが……それでも俺は幸せ者だよな)


カンッ!!