京太郎「……お二人は、どこまでやりました?」

姫子「……はい?」

哩「京太郎、なんば言いよっか分からんとやけど」

京太郎「いや、この前友達にSM物にAV借りまして」

姫子「サラッっとなんちゅうことカミングアウトしよっと」

京太郎「で、お二人はどこまでSMやったのかなーって思って」

姫子「そ、そんなことしとらん!」

哩「そげん。少し縛るだけやね」

京太郎「いや、そもそも普通は縛りませんよ?」

哩姫「えっ」

京太郎「……オイ」



京太郎「という訳でどこまでできるか試してみましょう」

哩「全く仕方なかね、京太郎は」

姫子「……ぶちょー、なんかうれしそうやないですか?」

哩「そがんこつなか!じゃ、どげんすっと?」

京太郎「そりゃ縛ったり」

哩「ふんふんそれで?」

京太郎「叩いたり」

哩姫「えっ」

京太郎「えっ」

京太郎「いや、そうじゃなくて。なんで『えっ』?」

姫子「叩いたりって……」

京太郎「まぁ後は蝋燭たらしたりですね」

哩「そんなん痛かだけやろ!」

京太郎「え?そういうのがいいんじゃないんですか?」

姫子「痛かとはちょっと……」

京太郎「縛られるのは?」

哩「締め付けが気持ちよくなか?」

姫子「ですね」

京太郎「……じゃあお二人はドМとかじゃないんですか?」

哩「そんな変態じゃなか!!」

姫子「そげん!京太郎にいじめられっとは、好きやけど……」

哩「そうたい。今日だって一体どんな風に縛られるか期待しとったとけ……」

京太郎「……じゃあもう二人とも縛りますね」

哩姫「はい、ご主人様!!」

京太郎(……縛られるのが好きなのは変態じゃないんだろうか)

その後、3人で楽しんだとか


カンッ!!