穏乃「京太郎ー!!こっちこっちー!!」

京太郎「待てって!!ったく早すぎるぞ」

穏乃「ごめんごめん。でもほら!見てよ!!」

京太郎「ん?おぉ……綺麗なもんだな」

穏乃「でしょー?誰も来ないからこの時期おすすめだよ!!」

京太郎「そりゃ山の中じゃなー。でも、いいなここ」

京太郎「ありがとな、こんないい場所教えてくれて」

穏乃「……ううん、京太郎こそありがと」

京太郎「?」

穏乃「中学上がってからさ、誰かとここに来たことなかったんだ」

穏乃「まぁ、憧も和も山に行く感じじゃないし、仕方なかったんだけどね」

京太郎(そういえば……一時期一人で山に登ってたって言ってたよな)

穏乃「だからさ、一緒に来てくれてありがと。今、すっごく嬉しいんだ」

京太郎(……結構寂しかったりしたのかな)

京太郎「なぁ、他にもいい景色の場所とかあるか?」

穏乃「え?そりゃあるにはあるけど……」

京太郎「じゃあ行こうぜ。トコトン付き合ってやるよ」

穏乃「……いいの?」

京太郎「おう。一緒に行こうぜ」

穏乃「……うん、うん!行こ!!」

穏乃「じゃあまずはここよりもっと見晴がよくて……」

憧「で、そのまま勢いで行ってこうなったと」

京太郎「なんであいつ俺より体力と脚力あるんだよ……俺、全身湿布はりまくりだよ」

憧「ちょっと近づかないでよ。湿布のにおいきつい」

京太郎「ひでぇ。今日学校に来るのも一苦労だったのに」

憧「シズに付き合うとこうなるから行かないのよ」

京太郎「だけどなぁ……あそこまで楽しそうにしてるのを断れねーよ」

憧「まぁそれも分かるけどねー」

憧「……今度、みんなでピクニックでも行こっか」

京太郎「お、それもいいな」

憧(シズばっかり京太郎と二人っきりってのもずるいしね)


カンッ!!