はやり「阿知賀子供麻雀クラブのみんなー!はやりんだよ☆」

『このプロきつい……』

はやり「はい、今みんなが何を思ったかは置いといて、はやりんぬいぐるみとKちゃんぬいぐるみのプレゼントだよー☆」

はやり「Kちゃんご本人も来てるよ☆」

京太郎「あー……どうも」

『やったー!!』

ひな「でもなんでー?」

綾「なんか赤土先生からプレゼントだってー」

ギバード「Kちゃんだぁぁぁぁぁぁ!!」

はやり「は・や・り・ん、でしょ☆はい、はやりんぬいぐるみと、おまけでKちゃんね☆」

綾「な、なんかはやりんぬいぐるみの方数が多い気が……」

ひな「き、気にしたらだめだよ」

はやりん「あ、Kちゃんは本人からもらってね☆」

綾「は、はい」

綾「わ、数が多くて…」ヨロッ

京太郎「あ、危ないぞ」ガシッ

綾「え?」

京太郎「ほら、ちゃんと前見ろよー。怪我とかないな?」

綾「は、はい……」

京太郎「ん、良し。はい、ぬいぐるみ。大事にしてくれよ?あ、それと」

綾「え?」

京太郎「もらってくれて、ありがとうな」ナデナデ

綾「…………」

はやり「ちょっとー!なんでKちゃんばっかりなのよー!はやりんももらってよー!!」

京太郎「あぁ、もう。ちゃんと並んでー」

ひな「綾ちゃんいいなー、頭撫でてもらってー……綾ちゃん?」

綾「…………惚れた」

ひな「?」

綾「わ、私、初恋かも……」

ひな「!?」

その後、この子が京太郎を追って長野までやってきたとか


カンッ!!