良子「……では、3番がスリーサイズを公表してください」

健夜「あ、3番私……」

良子「あ、ナシで」

健夜「酷くない!?」

京太郎「……あの」

良子「なんですか?あ、代わりにスリーサイズ発表します?」

京太郎「いや、男のスリーサイズなんて誰が得するんですか!?」

良子「じゃあアレのサイズだけでも……」

京太郎「そうじゃなくて!」

京太郎「なんでプロの集まりに俺がいるんですか!?」

咏「え?いいじゃん」

理沙「大丈夫!」

はやり「おっけーおっけー☆」

京太郎「俺、藤田プロに麻雀教えてもらうって理由で来たんですけど」

健夜「靖子ちゃんちょっと用事が入っちゃったんだよ……フシギダヨネー」

京太郎「なんとなくあの人も被害者な気がしてきましたよ。で、なんで王様ゲーム?」

咏「いやぁ面白そうだから?知らんけど」

はやり「じゃー、次いこっか」

理沙「引いて!」

京太郎「うわ、なんかきつ……あ、スンマセン。続けます、はい」

咏「あ、王様私じゃん。じゃー、2番と1番がポッキーゲームで」

京太郎「あ、2番俺…」

良子「おや、私が1番ですね。さぁカモン」

理沙「わ、私が1番!!」

健夜「え?あ、私も!!」

はやり「嘘は駄目だぞ☆1番ははやりだよー」

咏「ちっ。王様と、にしとくべきだったか」

はやり「さぁ!始めようか!!」

京太郎「……あの、ポッキーゲームですよね?」

はやり「そうだよ☆」

京太郎「……なんでポッキー横に咥えてるんですか?」

はやり「気にしない気にしない☆」

京太郎「いやそのままじゃ直接……いやもうこれゲームじゃなくで罰ゲームじゃ……いや、肩掴まないでくださいなにこれすげぇ力強ちょ、ま」

その日、彼は大切なものを失った


カンッ!!