洋榎「から揚げ食べたい」

京太郎「…………」

洋榎「から揚げが食べたいなー」

京太郎「…………」

洋榎「カラっとあがって中はジューシーなから揚げ食べたいなー」

京太郎「…………」

洋榎「京太郎がこの前作ったから揚げ美味しかったなー」

京太郎「…………」

洋榎「……から揚げ……」

京太郎「…………」

洋榎「……ぐすっ」

京太郎「だから揚げてる時騒がないでくださいって言ってるじゃないですか!」

京太郎「というかなんで泣いてるんですか!?そんなにから揚げが好きですか!?」

洋榎「京太郎が突っ込んでくれへん……さみしい」

京太郎「そっち!?」

洋榎「こう、一緒に作ってるじゃないですか、とか突っ込んで欲しかったんや……」

京太郎「いや洋榎さん粉付けただけでしょう」

洋榎「あ、つ、突っ込む言うても……その、夜に……な?」

京太郎「聞いちゃいねぇ」

京太郎「とりあえず揚がったんで食べましょうか」

洋榎「よっしゃ、食べるでー!!」

京太郎「全く……食べてる時が一番可愛いですよ」


カンッ!!