理沙、自宅

理沙「……おかわり!」

京太郎「良く食べますね」

みさき「結構食べる方なんですよ。でも、美味しいものだけですから、京太郎くんの料理が本当に美味しいんですね」

京太郎「光栄ですね。作り甲斐がありますよ」

みさき「それにしてもごめんなさいね。作ってもらってばっかりで」

京太郎「いえいえ、好きでやってるんですから構いませんよ」

京太郎「それに美人二人のお相手ですから喜んでやりますって」

みさき「高校生のくせに上手ですねぇ」

みさき「……ねぇ、年上とか、どう?」

京太郎「へ?」

理沙「!?こ、高校生!!」

みさき「高校生ですね……年下の学生って、とってもいいですよね?」

京太郎「い、いきなり何を言い出すんですか村吉さん」

みさき「むー……えい」ギュ

京太郎「ちょ!?そ、そんな抱き着かれると……」

みさき「当たってる?当ててるのよ?」

京太郎「む、村吉さん……酔ってます?」

みさき「京太郎くんにかな?それと、みさきって呼んで欲しいな?」

理沙「だ、駄目!!」グイ

みさき「あ。もう、邪魔しないでくださいよ」

理沙「京太郎、駄目!!」

みさき「私が欲しいんですー!」

京太郎「お、落ち着いて……」

理沙「……半分!!」

京太郎「…………はい?」

みさき「なるほど……アリですね」

京太郎「もしもし?もしもーし?何が半分ですか野依さん?」

理沙「……理沙!!」ジリッ

みさき「で、私はみさきって呼んでね?」ジリッ

京太郎「……なんにじり寄って……いや、野依さん脱がないで、村吉さんは脱がさないで!あ、理沙さんみさきさんやめて、3人って何が……」

翌日は仲良く3人とも起きれませんでした


カンッ!!