県大会終了くらいの時です

憧「それじゃ……県大会優勝、そして全国出場を祝って」

全員『かんぱーい!!』

憧「ま、晴絵以外ジュースだけどね」

玄「こういうのは雰囲気が大事だよ!」

灼「そもそもお酒とか飲んだら洒落にならな……」

憧「分かってるってー。あ、宥姉のあったかいお茶」

宥「あ、ありがとう」

京太郎「しかし、いいのかー打ち上げなんかやってて。色々大変じゃないのか?」

晴絵「大丈夫よ。いきなりの優勝で今頃は周りの方が色々やってるだろうし」

京太郎「赤土先生」

晴絵「これから週末はガンガン練習していくから今日くらいいいのよー」

晴絵「という訳でビールビールっと」

京太郎「教師が生徒の前で飲むって……」

晴絵「私強いのよ。それに車じゃなくて歩いていける距離だし」

憧「そうそう。という訳で…一口頂戴?」

晴絵「まだ早い」

憧「ちょっとした好奇心だって」

晴絵「そういうので強い酒飲んでえらい目に合ったりするのよ。大体……アレ?ここに置いてたチューハイは?」

玄「え?ジュースじゃないんですか?」

晴絵「ジュースみたいだけどちゃんとアルコール入ってるわよ」

灼「確か穏乃がそこに…」

穏乃「……っぷはー!!」

晴絵「あ……」

憧「シズあんたそれチューハイ!」

穏乃「えー?ジュースだと思って飲み干しちゃった」

宥「だ、大丈夫?」

穏乃「え?何がですかー?」

京太郎「お、おい穏乃?なんか顔が赤いような……」

穏乃「京太郎?……なんで増えてるの?」

憧「はーるーえー?」

京太郎「おい、教師の前で被害者が出たぞ」

晴絵「あははー……まさかチューハイだけで酔うなんて……」

穏乃「うー……えいっ!」ギュッ

京太郎「おぉっ!?い、いきなり抱き着くなよ!」

穏乃「ふふふー。京太郎あったかーい♪」

宥「し、穏乃ちゃん落ち着いて?」

穏乃「んー?……なんか熱くなってきた」

灼「だったら早く離れて…」

穏乃「うりゃあっ!!」ヌギッ

京太郎「お、おい!!」

憧「シズ!?何脱いでんの!?」

穏乃「なんか熱くてー……熱くてー?」

京太郎「は、早く服着て離れてくれ!!」

穏乃「熱くてー……走りたい」

憧「……え?」

穏乃「……よっしゃあ!!ちょっと山行ってくるねー!!」ダッ

京太郎「いや服を着ろ、俺の手を放せ。そのまま走りだすなあぁぁぁぁぁ…………」

玄「…………いっちゃった」

宥「ど、どうするの?」

晴絵「…………ま、山ならいいか」

憧「いい訳あるかっ!!」

その後、全裸で眠った穏乃と、それをおぶって下山する京太郎は、無事麻雀部に保護された

なお、穏乃に記憶はなく、周りにもばれなかった


カンッ!!