穏乃「みんなあ~。あれ、はぐれたのかな?」

京太郎「しかし、タコスを材料を買いに待ちに出るなんて……せっかく東京に来たのにさ」

優希「つべこべ言わず歩けイヌ。これも重要な仕事だじぇ」

京太郎「和が、いや、せめて咲が来てくれればこの疲れは半減したのに」トホホ

優希「いいかなとっとと歩く「和!?」……わあっ!?」

京太郎「うわ、なんて危ない格好。東京ってのはこんなんもいるのか?」

穏乃「ね、ねえ、今、和って言いました? 和ってあの原村和?」

優希「このちっさいのはイヌの知り合いか~」

京太郎「ええい、俺を巻き込むなタコス娘」

優希「のどちゃんは私ののチームメイトだじぇ」

穏乃「う、嘘。ってことは清澄?」

京太郎「確かにそうだけどお嬢さん。とりあえず場所を移動しないか?」

皆で移動中

優希「へえ、和と同級生だったんだ」

穏乃「うん!! 最高の友達だよ」

京太郎「ほら、優希、高鴨さん」

優希「おお、タコス味のペポシとはさすがわかってるじぇ」

穏乃「な、長野の人は変わったものを飲むんだね。あ、私は穏乃でいいよ。なんかその呼び方こそばゆくて」

京太郎「いや、こいつだけ特殊なだけだよ。じゃあ、俺も京太郎でいいよ」

穏乃「うん、きょうたろうっ」ニカ

京太郎「それで他の人たちとはぐれたんだって?」

穏乃「た、多分。だから、とりあえずホテルに戻ろうとしていたんだけど」

京太郎「携帯電話とか持ち歩いてないのか?」

穏乃「うっかり、忘れちゃって。困ったら、憧、友達に借りればいいかなって」

優希「しずしずもうっかりやさんだじぇ」

穏乃「えへへ」

京太郎「とりあえず、俺の携帯電話を貸すから友達に連絡しな」

穏乃「ありがとうぉぉ」ガバッ

京太郎「って、抱きついてくるな。暑苦しい」

優希「なんと、イヌが発情しないですんだじょ」

穏乃「じゃあ、あっちで連絡してくる」

京太郎「まるで俺が年がら年中スケベな妄想しているように言うな」

京太郎「なんていうか、抱きつかれても女って感じがしないんだよな。なんつーか、子犬?」

優希「なんとなく分かるな。たしかにしずしずは子犬っぽいじぇ」

京太郎「はあ、俺はたゆんたゆんな人に抱きつかれたいのになあ」

優希「…………」スカスカ

京太郎「何やっているんだ? 目の前の空気を押してるとか?」

優希「なんでもないじぇ!!」フン

穏乃「きょうたろう、優希ちゃん。繋がったよ」

京太郎「おお、良かったじゃないか。で、どこいけばいいんだ?」

穏乃「えっ、ついて来てくれるの?」

京太郎「ウチに迷子のスペシャリストがいてな。ウチでは迷子にはできるだけ誰かを付けるってルールがあるんだ」

穏乃「ぷぷ、変な子だね」

優希「しずしずはのどちゃんの友達だしほっとけないじぇ(ホントは京太郎とのデートがしたかったけど仕方ないじぇ)」

穏乃「ありがとう、二人とも!! えっと、新宿駅あたりだって」

京太郎「じゃあ、地下鉄に乗らないとなあ。さすがにその後のことは分からないけど」

優希「地下鉄は……あっちだじぇ!」

京太郎「じゃあ、行こうぜ。穏乃」

穏乃「うんっ」ギュッ

京太郎「手を握るのか?」

穏乃「?? 駄目なの?」キョトン

京太郎「はあ、いいよ別に。こっちもはぐれないようにしときたいからな」

優希「イヌ、こっちも握るじぇ!!」

京太郎「ひったくるように持つな。馬鹿タコス!!」

穏乃「行こう、きょうたろう!!」

優希「さっさと行くじぇ」

京太郎「わかった、分かったから(なんだか妹が二人いるみたいだ~。うう、大きい胸の人に甘えたい)」


全国大会と迷子って便利だよね


穏乃「お~い。あこぉぉぉ!!」

憧「あっ、しず。どこに行ってたのよ」

穏乃「ごめんごめん。迷子になってさあ」

憧「ほんと、お猿さんなんだから」

京太郎「よかったな。穏乃」

優希「しずしずよかったじぇ」

穏乃「ああ、そうだ!!」

憧「ちょ、いきなりなによ?」

穏乃「二人のことを紹介するね。私を助けてくれた人での、なんと和と同じ高校の人だって!!」

憧「う、うそ。ほ、本当なんですか。えぇと……」

優希「本当だじぇ。私の名前は片岡優希だじぇ。優希でいいよ」

京太郎「ちなみにタコスの申し子だな」

優希「イヌの癖にいいフォローをするじゃないか!!」

京太郎「あ、あれ? 貶したはずなんだが。あ。俺の名前は須賀京太郎っていうんだ。よろしくな」

憧「あ、はい。私の名前は新子憧って言います。憧でいいです」

京太郎「じゃあ、俺も京太郎でいいぜ。憧ちゃん」

憧「しずが迷惑掛けて本当にすみません!! しかも、和の高校の人なんて」

優希「大丈夫だじぇ。こっちも色々と盛り上がることができたし楽しかったじぇ」

京太郎「そうそう。ただの材料の買出しのはずが中々面白いことになったしな」

憧「材料?」

穏乃「そうそう、きょうたろうはタコスが作れるんだよ~」

憧「タ、タコス!? って、しず。馴れ馴れしすぎ。なんで手をつないでるのよ」

穏乃「ええ~? だって、なんとなくフィット感がいいんだもん」

憧「男の人とそういうのはいけないでしょ。いくらしずが男勝りでも。それに彼女さんにも迷惑でしょ」

優希「か、か、彼女!?」

京太郎「憧ちゃん。そいつは違うぜ。こいつとはなんともないんだよ」

憧「えっ、そんなんですか?」

京太郎「当たり前じゃないか」ハハッ

優希「…………フンッ」

憧「(な、なんかあの子は否定していそうな雰囲気が)」


穏乃「そういえば、玄さんとかは?」

憧「先に行っててもらったわよ」

穏乃「うわちゃ~。ホントにごめんね、憧」

憧「もう慣れましたから」

京太郎「じゃあ、このへんでおさらばかな」

優希「だじぇ」

穏乃「ええ? もう少しいようよ。きょうたろう、優希ちゃん」

憧「ほら、わがまま言わないの」

憧「あ、でも、お買い物をするんでしたら手伝いますよ。みんなとは後からも合流できるし」

京太郎「いいよ。他の人を待たせているんだろ?」

憧「しずがお世話になりましたし」

憧「あのままだとしずは本当にどっかいきそうな気がして。お猿さんみたいな体力だし」コソコソ

京太郎「は、はは。優希どうする?」

優希「貸しを作っとくのも気持ち悪いし、なによりしずしずともっと喋りたいじぇ」

京太郎「仲良くなったなあ、お前ら」

穏乃「優希ちゃああん!!」ウリウリ

優希「し、しずしず、熱いじぇ」

京太郎「じゃあ、手伝ってもらっていいですか?」

憧「そんなに下手にでなくてもいいですよ」

京太郎「なんとなくだよ、ハハッ」

憧「ふふ、とりあえずみんなに連絡してきますね」

憧「あっ、そういえばこの携帯番号」

京太郎「あ、俺のだよ。こっちも消しといたから後で消しといていいぞ」

憧「はい、色々とありがとうございます」

穏乃「お~い。憧、きょうたろう。はやくぅ!!」

優希「イヌ~、憧ちゃん、とっとと行くじぇ」

憧「全くしずは……」

京太郎「ウチのもなんかすみません」

憧「じゃあ、私たちもいきましょ……きゃっ」ドンッ

京太郎「おっと」ギュッ

憧「あ、あれ。痛くない……って、うえぇぇ」

京太郎「人が多くなって来たから早く移動したほうがいいかもな。大丈夫か、憧ちゃん?」

憧「は、はい。(お、同い年くらいのひ、人がこんなに近くに)」カアァ

京太郎「じゃあ、とっとと行こうぜ。また、見失っちまいそうだ」

京太郎「とりあえずお手を拝借してよろしいですか、お姫様」

憧「え、えっ、ええ??」

京太郎「はは、冗談だって。(咲みたいにいいリアクションするな。なんか女の子って感じだなあ)」

憧「じょ、冗談ですか……」

京太郎「あの二人もうっさくなってきたし本当に行こうか」

憧「は、はい……あ、和のことも道中教えてください」

京太郎「ああ、俺に分かる限りならいいぜ。じゃあ、行くか」

憧「はいっ!!」





続いてしまった。なんだかんだで憧が男に一番免疫がなさそう

名前:
コメント: