Kちゃん本編でのインハイ終了後の夏休みくらいです

京太郎「さて、学校にも着いたし早く部室に……ん?」

咲「いや……ですから……そうじゃなくて……」

「だから……ぜひ……」

京太郎「咲とうちの担任?後もう一人誰だ?まあ先生もいるし大丈夫か。あ、こっち来た」

咲「京ちゃん、もう来てたんだ」

京太郎「おう。さっき話してた人は?」

咲「うーん……部室に行きながら話すよ」



京太郎「県外の強豪校からの勧誘!?」

咲「こ、声が大きいって!」

京太郎「おお、悪い。でも咲が勧誘って……」

咲「清澄は3年生抜けたら人数足りないし、来年はうちが全国優勝するから来ないか、って言われたよ」

京太郎「へー。まぁ、確かに団体戦で大将だったり、個人でもそこそこ勝ってたからなー」

咲「何よりこんな学校で才能を埋もれさせるのが惜しいって……」

京太郎「こんな学校で悪かったなこの野郎。どうせただの公立校だよ」

咲「うん、私もそう思った。だから断ったよ」

京太郎「……今さっきああ言っといてアレだけど、良かったのか?麻雀やるならそっちのがいいんじゃねーのか?」

咲「私は楽しく麻雀できればいいし、お姉ちゃんや部のみんな、衣ちゃんとも打てるから」

咲「それに……京ちゃんはここにいるし」ボソッ

京太郎「ん?最後聞こえなかったんだけど」

咲「……何でもないよ」



和「ああ、私もありましたよ、勧誘」

京太郎「やっぱりか」

咲「和ちゃんなら当然だよね」

和「高校に上がる時のもありましたね。断りましたけど」

京太郎「どうやって?」

和「『自分の進学先は自分で決めます。勧誘などで決めたりしません』と」

咲「うわ、ばっさり」

和「何より父が麻雀で決めるなど許しませんでしたからね」

京太郎「あー、なるほど」

和「まあ、今は何があっても清澄から転校なんて考えられませんけど」チラッ

京太郎「?」

優希「話は聞いたじぇ!」

咲「優希ちゃん、いつの間に」

優希「さっきだじょ」

京太郎「まさかお前も……」

優希「おう。勧誘されたじぇ」

和「中学の時はありませんでしたよね?」

優希「私の実力が評価されたってことだじぇ」

京太郎「東場限定だな」

咲「えっと……言ったら優希ちゃんに悪いよ?」

和「それ、ほとんど言ってますよ?」

優希「うるさいじぇ!だが、この私を勧誘など100年早いじぇ」

京太郎「……へえ?」

優希「勧誘してきた奴ら全員に言ってやったじょ……『まず学食と購買にタコスを用意しろ……話はそれからだ……』とな!」

京太郎「ほとんど思ってた通りでむしろ安心したわ」

咲「うん、優希ちゃんらしいね」

和「タコスの何が優希をここまで……」

優希「なんだー!私が断っているのにその反応はー!!」

京太郎「そりゃ、優希だしな?簡単に勧誘とかに乗らないって分かってた」

優希「……ん、分かってるならいいんだじょ」

京太郎「でも、タコスくれたからって知らない人に付いてくなよ?」

優希「…………」

京太郎「オイ」



まこ「勧誘?おいおい、現部長を勧誘で引っ張ろうなんてとこは無いじゃろ」

京太郎「確かにそうですけど、意外ですね。染谷先輩も結構活躍したのに」

まこ「2年生だしの。無理矢理部をほっぽって行ったとか思われても向こうも印象悪いじゃろうし、わし3人と違って地味じゃけぇ……」

和「自分で言ってて落ち込まないでくださいよ」

まこ「まぁ、店は確実に繁盛しとるな。バイトの希望も一気に来た」

咲「大丈夫なんですか?」

まこ「部活はちゃんと出れるから安心せぇ。むしろ常連がバイトしてねーで2連覇狙えってうるさいわ」

優希「いい人達だじぇ」

まこ「後、お前さんらをまた連れてこいってみんな言いよる」

京太郎「ああ、なるほど」

まこ「新しく来てる人なんてサインもらってきてくれって言いよるんじゃぞ?という訳で今度の部活はうちでな」

まこ「あえて制服のままで打たせて、『インターハイ準優勝校と打とう!』ってやればいい宣伝になるかなー」

京太郎「完全に広告塔扱いですね」

まこ「ああ、京太郎。お前さんもな」

京太郎「俺!?」

まこ「お前さんの希望も多くてなー。執事服と女装メイドどっちがいい?」

京太郎「女装メイドってなんですか!」

咲・和・優希(……見たい!!)

久「やっほー、来たわよー」

京太郎「部長……じゃなくて竹井先輩」

久「やーねー。久って呼んでいいのよ?」

京太郎「さすがに先輩呼び捨ては……」

和「そういえば、竹井先輩は卒業後どうするんですか?」

久「んー?まあ適当に推薦かしら」

京太郎「あっさり言いますね」

久「そりゃ一定の成績はキープしてるし、学生議会長に麻雀部で全国準優勝。さてどこの推薦がいい?うちが出せるとこならどこでもいいって先生が言ってたわ」

咲「さ、さすがですね」

久「またどこかの大学で麻雀部作って優勝狙うのもアリかしら」

京太郎「面白いですね。その時は手伝いましょうか?」

久「あら、私を追ってきてくれるの?嬉しいわねー」

まこ「お前さんもやるのぅ……」

優希「わ、私もそこ行くからタコスを!!」

咲「わ、私も……」

和「……というかまだ進学するかすら決めてませんよね?」

久「ばれちゃった」

和「だってずっとニヤニヤしてましたし」

久「でもみんなが来てくれるならまたどこかで待つのもいいわね」

京太郎「それなら悪待ちにはなりませんよ?」

久「……そうね、ありがと」



京太郎「あ、備品切れてるんで買ってきます」

バタン

咲「……もう、京ちゃんったら」

和「後でいいのに」

優希「雑用が染みついてるじぇ」

まこ「今後はあんまりさせないようにせんとな」

久「……ねぇ、勧誘とか聞こえてたけど、結局みんな清澄にいるわよね?」

まこ「まぁ、な」

咲「ええ」

和「はい」

優希「そうだじぇ」

久「……結局、須賀くんがいるからよね?」

4人「…………」コクリ

久「そうよねー……」

結論、京太郎がいる限り勧誘は成功しない


カンッ!!



おまけ

久「ねえ、須賀くんは勧誘されてないわよね?」

京太郎「えっと……阿知賀と白糸台と千里山に新道寺、姫松に宮守に永水。後、臨海と三箇牧と風越、鶴賀、龍門淵家……」

咲「…………えっ」

和「ほとんど女子高じゃないですか!!」

久「……"龍門淵"、って」

京太郎「だよなー。まぁ冗談だろ」

優希「……冗談?」

まこ「いや……本気じゃろな」

京太郎「あ、白糸台は共学だっけ?照さんが言ってた気が……」

咲「お、お姉ちゃーん!!」


カンッ!!