京太郎「怜さーん、借りてきましたよー」

怜「おー、こっちもポップコーンとコーラの準備はおっけーや」

京太郎「そんな準備してたんですか?」

怜「レンタルとはいえ、映画見るんやったらかかせんやろ」

京太郎「まあいいですけど」

怜「今日はうち誰もおらんから、怖なって叫んでも大丈夫やでー」

京太郎「怜さんこそ怖くて悲鳴あげるんじゃないんですか?」

怜「はっはっは。伊達に入院繰り返してへんでー?その手の話や体験は山ほどしてきたわ」

京太郎「体験ってなんですか」

怜「ちゅーわけでカーテン閉めて電気も消して……ポチっとな」

怜(ふふふ……順調や。順調に進んどるわ)

怜(本当に怖ないけど、ああ言ってて実は怖くて抱き着く……そのまま胸押し付けたりすれば……)

怜(完璧や!後はタイミングを見て抱き着けば!)

ヒッヒッヒズバー

グギャープシャー

怜「きゃああああああああああああああああああ!!!」京太郎に抱き着く

京太郎「と、怜さん?平気なんじゃ……」

ゴキッバキバキベキッ

ギャー

怜「無理無理無理!!うちホラーならええけどスプラッタは無理や!」腕に顔押し付ける

京太郎「え?だって入院とか手術とか……」

怜「やからって自分の腹掻っ捌いたりせえへんやろ!!そんなとこ見んやろ!!」

グチャッグチャッ

ギャアアアアアア

怜「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!勘弁してえええええ!!」

京太郎「……あと1時間半ですよ?」ニッコリ

怜「嫌あああああああああ!!」



怜「うう……ひっく、ぐすっ……京太郎のアホ。ドエス、鬼畜」

京太郎「ちょっとやりすぎましたね。すいません」

怜「うぅぅ……怖かったぁ……」

京太郎「大丈夫ですって。それじゃ、もうこんな時間なんで、俺帰り…」

怜「帰らんといて」

京太郎「え?」

怜「今日誰もおらんねん……一人、怖い……」

京太郎「…………え?」


カンッ!!