京太郎「こんちはー、って誰もいない?」

バサッ

京太郎「ん?また部長が寝てんのか?」

咲「すー……すー……」

京太郎「なんだ咲か。寝相悪いな、布団落ちてんぞ」

咲「ん……むぅ……」

京太郎「ん?Kちゃんぬいぐるみ抱いて寝てるのか。つーか学校まで持ってきたのかコイツ」

咲「んん……京ちゃん……」

京太郎「……なんだよ」

咲「……カン……りんしゃんかいほー……飛んだ」

京太郎「夢の中でもやってんのかよ。このポンコツめ」プニプニ

咲「あぅ……すー……すー」

京太郎「ほっぺ突っついてるのに起きねーな……結構やわらかいな」

咲「……京、ちゃぁん……」

咲「行か……ないで」

京太郎「うん?」

咲「置いて……かないでよぉ……一人……やだよぉ……」

京太郎「……安心しろよ」手握る

京太郎「お前は一人じゃないし、俺もお前を置いてくようなことはしねーよ」

咲「すー……すー……」

京太郎「ったく眠り姫ってか……ゆっくり寝てろよ咲。一人にはしないからな」

咲「……えへへ……京ちゃん……大好き……」

京太郎「そりゃどーも……俺もだよ」

その後、二人が同じベッドで寝ていたことによりひと波乱があったとか


カンッ!!