本編終了後の設定です。あるか分からない清澄高校付近の秋祭りです

京太郎「お、来たか」

和「待たせました?」

京太郎「いや、あんまり待ってないけど……」

和「けど?」

京太郎「優希がタコス屋見つけて走って行って、咲がそれを追っていった……」

和「あー」

京太郎「一応地元だし、大丈夫だと思って俺は和を待ってた」

和「1年生みんなで行く予定でしたのに……」

京太郎「ま、そのうち合流できるさ。待ってても暇だし適当にまわろうぜ」

和「はい、そうしましょう」



京太郎「俺は毎年来るけど、和は初めてだっけ?」

和「ええ。家から少し遠いですし、あまり興味がありませんでしたから」

京太郎「なるほど。だったら興味持てるように楽しんでもらわないとな。俺のエスコートじゃ役不足かもしれないけど」

和「そんなことないですよ。エスコートお願いします」

京太郎「じゃあ、たこ焼きとタコス、どっちがいい?」

和「なんでタコスが……」

京太郎「そりゃ全国で準優勝した高校にタコス好きがいたからだろ。最近ちょっとしたブームになってるらしいぜ」

和「優希がそんなに有名になってるんですか?」

京太郎「優希っつーかみんながじゃね?和とか元々有名だったけどな」

和「私は別にいいんですけどね」

京太郎「そんな有名人と二人でいて変な噂になったりしてなー」

和「……ありですね」

京太郎「何が?」

和「あ、いえ……たこ焼きがありですね」

京太郎「そか。じゃ、おっちゃーん。たこ焼き二つ」

和(危ない危ない……)

和「ええと、料金は」

京太郎「ほい二人分なー」

和「え?」

京太郎「おう、ありがとよ。ほい、和」

和「須賀くん、私の分まで出して……」

京太郎「ああ。別にいいって。熱い内に食べようぜ」

和「でも悪いですよ」

京太郎「これくらい、気にすんなって。俺はお金どうこうより、おいしそうに食べてくれる方がいいかな」

和「……ありがとうございます。いただきます」

京太郎「ああ」

和「……熱っ!」

京太郎「……意外とドジなとこあるんだな」

和「たこ焼きってあんなに美味しいものだったんですね」

京太郎「出来立てだったからな。さて次は……お、射的やってる」

和「色々な景品がありますね。本にジュース。ぬいぐるみに麻雀牌……当たるんですか?」

京太郎「無理だろ。でも、久しぶりにやってみるかな。おっちゃーん、1回頼むわ」

和「頑張ってください」

京太郎「任せろ。昔は取りすぎて屋台のおっちゃん泣かしたくらいだ」

和「……ほどほどにしてくださいね」

京太郎「仕方ないな。麻雀牌とジュースにしとくか」

和「言ってる傍から当ててる……」

京太郎「ん、腕はなまってない。おっちゃん、景品……麻雀牌は特別賞?」

和「それ……」

京太郎「Kちゃんぬいぐるみだな。浴衣仕様……これ夏の残りものじゃないか?」

和「良かったじゃないですか。少なくとも、麻雀牌1つ渡されても使い道ないですから」

京太郎「そうだなー。ほい、プレゼント」

和「え?いいんですか?」

京太郎「俺が持っててもなー。今日の記念だ」

和「……ありがとうございます」



京太郎「さて、いい加減咲達と合流したいんだけどな」

和「……須賀くん、いいですか?」

京太郎「なんだ?」

和「今日は、ありがとうございます。とても楽しかったです」

京太郎「おいおい。まだ祭り終わってないぜ?まあ、どういたしまして」

和「はい。色々気をつかってもらって、優しくしてくれて、本当に感謝してます」

京太郎「言いすぎだって。大したことしてないよ」

和「いいえ。私、本当に須賀くんに感謝しているんですよ?」

和「……それこそ、感謝以上ですよ」

京太郎「……和?」

和「……須賀くん、私」

優希「あ!のどちゃん発見!!」

咲「京ちゃん!もう、どこ行ってたの!!」

京太郎「お前ら……和も待たずにどっか行ってて言うことかこのちんちくりん共め。どこで何やってたんだよ」

優希「ふっ、モテる女は辛いじぇ」

咲「えっと、タコス屋さん行ったらいろんな人が優希ちゃんにタコスくれて、私もなんか色々聞かれて……」

京太郎「餌付けと有名人と話したかっただけか」

優希「餌付けってなんだー!!のどちゃん、こんなのといて大丈夫だったか?」

和「は、はい。むしろ、すごく良くしてくれましたよ」

咲「本当?京ちゃんが遊んでただけじゃないの?」

京太郎「昔祭りを迷子だけで終わらせてたやつが言うか?」

咲「も、もう大丈夫だもん!ほら、行こ!!」

京太郎「ったく仕方ないな。またみんなで回るか」

優希「よーし!まずはタコスだじぇ!!」

京太郎「ったく……あ、和さっきなんか言いかけてなかったか?」

和「……はい。えっとですね、ずっと須賀くんって呼ぶのもなんですから、名前で呼んでいいですか?」

京太郎「それくらい大丈夫だ」

和「じゃあ、行きましょうか……京くん」

咲「!?」

優希「!?」

京太郎「ああ。次はどこがいい?」

和「そうですね……」

咲「きょ、京くんって!」

優希「ぐぬぬ……のどちゃんも大胆になってきたじょ……」

和(本当に言いたいことは言えませんでしたけど……これくらい、許してくださいね?)


カンッ!!