淡「喋るKちゃんゲットー!!」

菫「またお前は……どうせ変なボイス入りだろ?」

淡「ふっふっふー。今度は完全版!自分の希望したボイスが入っているんだよー!!」

誠子「本当か?すごいな」

尭深「聞いてみたい……」

淡「おっけー!」

菫「部活中だと……もういいから喋らせてみろ」

淡「えいっ!」ギュッ

Kちゃん「……御開帳?」

照「……個性的だね」

淡「これは違うー!」ギュッ

Kちゃん「飴いるか?」

菫「……のど飴でいいなら、やるぞ?」

淡「違う!タカミーもそんな可哀想な人見る目で見ないで!」ギュッ

Kちゃん「淡ちゃんだーいすきっ!」

淡「ほら!喋った!!」

誠子「おお、本当だ」

淡「どう!?私の名前も読んでくれたよ!!」

照「……ちょっと待って」ピッピッピッ

菫「……照?」

照「……もしもし京ちゃん?うん、うん、照って呼んで?いいから」スピーカーon

京太郎『……て、照?』

照「……うん、ありがとう」ピッ

照「ふふん」ドヤァ

淡「ずるい!私も京太郎に呼んでもらう!」

照「あの言い慣れてなくて微妙に照れた言い方は私にだからできる。淡相手じゃ無理」

淡「ずるいー!!」

やっぱり本物の方がよかったらしい


カンッ!!