竜華「……はぁ」

怜「どないしたん?」

竜華「うち……京太郎に嫌われとらんかなて思って……」

セーラ「いや、京太郎が竜華嫌う訳ないやん」

怜「せやで。どうやったら嫌われるんよ」

竜華「だって……痴女って思われてそうやし……」

セーラ「……あー」

怜「えっと、膝枕したり、顔に胸押し付けたり、下着自分から見せたり、一緒にお風呂入ったり、胸揉まれたり、下着どころか大事なとこも…もが」

竜華「それ以上言わんといてー!!」

セーラ「むしろそこまでやったら京太郎しかおらんのやない?」

怜「むぐ、せやね。今更京太郎以外考えられへんー、とか言うてみたら?」

竜華「そんなん……怖いし恥ずかしいやん」

怜「ぬいぐるみには言えるくせに……」

竜華「寝る時言うだけや!Kちゃんぬいぐるみ抱いて寝るとよく眠れるし……」

セーラ「いっそ京太郎抱いて寝たらええんちゃう?」

怜「よし、やってみよか」

怜「という訳で呼んできたでー」

京太郎「えっと……大丈夫ですか?」

竜華「大丈夫な訳あるかー!!」

セーラ「ほら、落ち着き」

竜華「だ、だっていきなり京太郎がうちの部屋におるんよ!?緊張するやん!!」小声

セーラ「何のために呼んだんよ……」小声

怜「ほな、後は二人でなー」

セーラ「じゃ、またなー」

バタン

竜華「ほ、ホンマに帰った……」

京太郎「えっと……竜華さん?」

竜華「は、はい!?」

京太郎「なんか竜華さんが大変で俺が必要だからって呼ばれたんですけど……なんかあったんですか?俺にできることなら、なんでもやりますよ?」

竜華「なんでも……いや、別に……」

セーラ『むしろそこまでやったら京太郎しかおらんのやない?』

竜華「……じゃあ、お願いしてええ?」

京太郎「はい」

竜華「まずベッドに座って」

京太郎「はぁ……座りましたけど」

竜華「……えい!」

京太郎「わっ!……いきなり押し倒されるとは思いませんでしたよ」

竜華「あはは、ゴメンゴメン」

京太郎「後……いろいろあたってますけど……」

竜華「…………」

京太郎「竜華さん?」

竜華「……今まで、いろいろあったやん?」

京太郎「いろいろって……」

竜華「その……恥ずかしいこととか……」

京太郎「……すいません忘れるのは難しいです」

竜華「忘れんでええよ……うち、京太郎が好きやから」

京太郎「……え?」

竜華「えと、いろいろ触られたり、その、見られたりしたけど、好きな人やったからええし……あそこまでされたら京太郎しかおらんし……」

竜華「う、うちと付き合ってください!!」

京太郎「…………俺でよければ、喜んで」

竜華「……ホンマ?」

京太郎「俺も竜華さんのこと、好きです」

竜華「……うん、うん」

京太郎「泣いてるんですか?」

竜華「アレ……嬉しいのに……なんで……」

京太郎「……泣き止むまで、いや、すっと一緒にいます」

竜華「京太郎……ありがとう……」

竜華「すー……すー……」

京太郎「抱き着いたまま寝たのか……ところで、ずっとドアの前に居ますよね?」

怜・セーラ「!?」

京太郎「いや、いいんですけど……せめて竜華さんが起きないようにお願いしますよ?」

怜「邪魔なんてせーへんよ?」

セーラ「せやな。俺らが言いたいのはアレや」

怜「竜華、嬉し泣き以外で泣かしたらあかんで?」

京太郎「当然です」

セーラ「よーし、浩子に言ったろー」

京太郎「アレ、それって明日には麻雀部には広まってますよね?」

怜「さて、自分の知らんとこでばれてたら竜華泣くかなー」

京太郎「いきなりピンチ!?」

セーラ「じゃーなー」

京太郎「……ま、いっか」

カンッ!!